2017年05月14日

さようならの挨拶

P1120137.jpg
ドイツから1か月本校に滞在していた留学生のヘダさんは、今日の体育大会で最終日となり、閉会式の際にお別れの言葉を語ってもらいました。
授業だけでなく、体育大会、さらに柔道部と、本校の生活を満喫していました。この思い出を大切にして、これからもがんばってください。

2017年05月10日

Reading Marathon Plus

This year, we've started a new program called "Reading Marathon Plus" with the first year junior high school students. At the moment, the students are teamed up into two groups, "Group Rainbow" and "Group Diamond", and are reading selected books from the Oxford Bookworm Series.
IMG_6267.jpg
Today, W. and R. read O. Henry's "The Christmas Present" with me. We went through the story, discussing how Della and Jim tried their best to prepare Christmas presents for each other. Although the couple cannot use their wonderful presents right away, they leave the scene with smiles on their faces, leaving us with equally warm smiles. Yes, this is a love story.
IMG_3337.jpg IMG_3209.jpg
So, what's going to be on our plate in our next session!?

2017年05月09日

留学生の一コマ

 ドイツから来日している留学生の体験授業の一コマを紹介します。
 三味線の授業です。
 「さくら」を教わり、上手に奏でられるようになっていました。
 姿勢も音も見事でした。
 そして「楽しい」と言っていることが何よりも嬉しく感じられました。

 CIMG0033s.jpg

2017年05月06日

ニュージーランド研修説明会

本校では、高1・2の有志で、夏休み3週間、ホームステイしながら語学研修を行う「ニュージーランド研修」を行っており、今年は、7月22日~8月13日に予定しております。
 本日、説明会を実施し、多数の生徒の皆さん、保護者の皆様にお越し頂きました。
 昨年度参加した高2のお2人が話してくれた体験談を参考に、どのように夏を過ごすのか、ご家庭でご検討頂けたらと思います。
 言葉の運用力に加え、現地での様々な出会いが、私たちを大きく育ててくれるものと信じています。是非積極的に活動し、様々な経験を積んで頂きたいと思っています。
 
 CIMG0045s.jpg

2017年04月27日

New English Teacher Introduction

Me%20and%20Tea.jpg


Dear Students and Parents,

First, my name is Stephen Swann. From April 2017, I am an English teacher at Hibarigaoka. I come from England, so from next time I want to use this blog to share some things about England with you.  Finally, I have a big favour. If you see me, please talk to me! Using English is the most important thing to improve your skills, so let’s chat.

See you soon!

生徒と保護者の皆様へ

私はスワン・スティーブンと申します。2017年4月から英語教師として雲雀丘学園で勤めています。私はイングランドから来ましたので、次回のブログからイングランドに関して書きたいと思います。最後に、大きなお願いがあります。私を見かけたら、是非声かけて下さい。英語を上手になる為に、最も重要なことは使うことですので、喋りましょう。

すぐ会いましょう!

2017年04月24日

ドイツ人留学生

4月から一人のドイツ人留学生が本校に来ています。
彼女は昨年、十数名のドイツ人留学生を受け入れた際に、来てくれた生徒です。
その時に興味を持ってくれ、再び本校に来てくれました。
彼女からのメッセージです。


Hello!

My name is Heather and I am staying for 6 weeks in Japan.
I visited Hibarigaoka half a year ago with my Japanese class and my Japanese teacher. We only stayed for 3 days in the school and we did not had the time to experience the real school life and because of that I wanted to come again to Hibarigaoka, for a little bit longer. My teacher arranged all of it for me and now here I am! I am really happy that I have this opportunity, that I can experience the Japanese lifestyle through my really friendly family and that I can also experience the Japanese High School life.

My days at the School are amazing. Everyone is really nice and everyone wants to talk to me, so I do not feel like an outsider or like an unwanted person. My Japanese is not perfect and sometimes it is hard to articulate myself but everyone is understanding, we all do our best to understand each other and the use of body language makes everything rather funny than serious. This is also one of the best attributes of all the people here that we can laugh together, even when we do not understand every little word the other said, we have fun and the feelings matter more than the words. Because of that I am not afraid to talk to somebody or to stay in this country alone, without any German teachers or friends. I made very dear friends in this time in Japan and I hope that we all can grow a friendship that lasts a lifetime.
Of course not everything is flawless, for instance the cultural differences are in some cases really hard to understand for me or I do not see the reason why the people are doing it because it just does not make any sense to me. But overall I am also happy that I also have the chance to get to know the negative sides, because that is also a part of the lifestyle and every country on the world has its bad sites and the good ones in Japan are definitely outweighing all of the negative aspects.
Apart from that I know that all my memories will last a lifetime and I am really grateful that I could make these experiences. In my opinion it is the best way to learn a lot about a country, the language and the people in such a short time and everyone, who is really interested in a country should do this because it is a life event you will never forget.

2017年04月20日

"Hello Everyone!"

EZ20170420.jpg EZ201704201.jpg

We hope that you had a fun spring break! This year we will continue to have the English Zone everyday during lunch and after school. Please check the schedule to see the times. Feel free to come to the English Zone to talk about anything that interests you. You may also come to ask us any English questions you have. Don't worry if your English isn't perfect, we can still practice together!

Thank you and let's have a fun year!
Amanda and Kyle

2017年04月16日

明日からイングリッシュゾーン開始

2019.2.8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%90%86%E8%A7%A3001.jpg 2019.2.8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%90%86%E8%A7%A3002.jpg
昨年11月から、イングリッシュゾーンを食堂につくりました。
これは、2名のALT(アメリカ人教員)が昼休みと放課後常駐し、英会話を行おうというスペースです。
今年度は、明日から開始します。
写真は、昨年の様子です。
どうぞお越しください。積極的に話しかけて、語学力を伸ばしてきましょう。お待ちしています。

2017年02月21日

中3 国連壁新聞

P1110674.jpg P1110676.jpg
P1110673.jpg
10月に中3社会科公民の授業の中で、国連壁新聞制作に取り組みました。2~3名のグループで、国際社会の問題について1枚の紙にまとめるもので、昨年が国連加盟60周年を記念して外務省が募集したものです。締め切りまでに中3全員の作品が提出され、応募しました。
残念ながら入賞は逃しました。しかし、先日、外務省から、学校を挙げて応募したことにお礼の手紙と広報グッズが届いたので、制作した中3の生徒全員に渡し、作品の一部を中3の廊下に掲示しました。

外務省から、以下のメッセージが届いたので、ここで紹介します。
「今回の作成をきっかけに、国連の取り組みや日本の国際貢献などについて、一層、ご関心を持っていただければ幸いです。将来、参加者の皆様が、国際社会を舞台に活躍されることを期待しております。」
学園歌3番の歌詞に「小鳩小鳩の目は輝いて はばたくはばたく雲越えて 翼は巡る 世界をめぐる」というフレーズがあります。皆さんが、この作品をきっかけとして、国際社会について考えるきっかけになってくれれば、ありがたいです。

2017年02月14日

イングリッシュゾーン 近況

2019.2.8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%90%86%E8%A7%A3001.jpg 2019.2.8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%90%86%E8%A7%A3002.jpg
写真は、食堂にあるイングリッシュゾーンの様子です。
11月から始まったこの取り組み、2名のALTが昼休みと放課後常駐し、英会話を行おうというスペースです。
月ごとの誕生会や、英検2次対策の個別指導を行っています。
どうぞお越しください。お待ちしています。
P1110677.jpg

訪問者数

2006/7/21から