2018年04月18日

「知識」に加えて、「問題解決能力」を身につける

ー全国学力・学習状況調査を行いました

17日、中学校3年生を対象に「全国学力・学習状況調査」を行いました。 同調査は、全国で一斉に実施され、国語、数学、理科の3教科の調査と生活習慣や学習環境に関するアンケートが行われました。 このうち、国語と数学については、「主として知識に関する問題」(A問題)と「主として活用に関する問題」(B問題)とに分かれています。

問題を見ると、B問題では普段の定期考査や小テストなどとは出題方法が大きく異なり、戸惑った生徒も多くいたことと思います。 主に知識の量を問う従来の試験ではなく、活用能力を問う「新しい試験」。 現高校1年生から導入予定のセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」にもつながりものです。 本校では、各教科で問題を分析し、日々の授業にいかしていく方針です。

2018年04月11日

髙1保護者の皆様へ 高等学校等就学支援金について

高校1年生を対象に高等学校等就学支援金申請書類を全員に配布しております。
内容をご確認いただき、(受給資格の有無に関係なく)全員必ず、必要書類を担任の先生に提出してください。
提出期限は4/23(月)です

2018年04月10日

新学期スタート

ー教科書を配布しましたー

新しい学年のスタートに、新しい教科書を渡しました。 始業式が終わり、クラス写真を撮影したあと、一人一人に新しい学年で使う教科書を渡しました。

(昔とはちがって)今の教科書は大きくてカラフル。写真や図が多く、説明も丁寧です。 「明日の授業はどんな内容だろうか?」 そう考えながら、自宅で教科書をゆっくり読んでみてはどうでしょうか。 学習の習慣づくりの第一歩がこの教科書から始まればと思っています。

2018年03月21日

未来の仕事コンテスト(ナレッジイノベーションアワード)表彰式に出席

IMG_5139.jpg
本日、梅田のグランフロントにあるナレッジキャピタルにて開催された第5回ナレッジイノベーションアワードに、中3と髙2の生徒各1名が参加しました。
これは、未来の仕事を考える中学生・高校生のアイデアコンテストと、ナレッジキャピタルで研究している方々のプレゼンと表彰を行うイベントです。
本校では、授業や冬季課題として取り組んだ結果、2名が佳作を受賞しました。
中学生部門は3258名、高校生部門は1753名の応募者の中、本校生徒はベスト17に選ばれました。2名は舞台の上で、入賞した喜びと自分の考えた仕事を立派に発表していました。入賞おめでとうございます。
入賞しなかった皆さんも、これからも、いろいろなことに関心を持ち、新たな発想で、これからの仕事・社会について、考えていきましょう。

2018年03月17日

市長から中3へお礼状届く

DSCN6607.jpg
昨年の秋、中3の社会科の授業で「まちづくりを考える」と題した授業を宝塚市の協力の下行いました。
各クラスで2回、市職員がレクチャーを行い、2回グループ討論を行い、11月には市の課長に来ていただき発表会を行いました。
まとめとして、市長への提言を提出したところ、1月31日、中川智子宝塚市長が来校し、中3の生徒全員に、提言への返事をお話ししてくださいました。
そのお話への感想を中3全員が書いて、市長へ提出したところ、市長からお礼状が届きました。
お礼状のコピーを中3各クラスの教室、原本は中央棟前掲示板に掲示しておきますので、ご覧ください。

2018年02月22日

未来の仕事を考えるコンテストで2名佳作

DSCN6529.jpg  
大阪・梅田のグランフロントにある知的エンターテインメント空間ナレッジキャピタルが主催するナレッジイノベーションアワード(未来の仕事を考えるアイデアコンテスト)に応募したところ、中3が1名、高2が1名、それぞれ佳作を受賞しました。
中3の生徒は、3200あまりの応募の中から、上位17作品に選ばれました。社会科の授業で、図書室にていろんな本を読みながらアイデアをまとめ、応募した作品が入賞しました。
結果は、3/21にナレッジシアターで開催される公開パフォーマンスで発表されます。
このイベントでは、さらに上位の中学・高校各7名の公開パフォーマンスやゲーム音楽家のトークとパフォーマンスもあります。参加希望の方は、こちらからお申し込みください。
DSCN6530.jpg

2018年02月21日

本校社会科教員 川西で講演

%E7%9F%B3%E5%99%A8%E5%B1%95.jpg
雲雀丘学園の近くには、約2千年前の弥生時代中期に大規模集落として発展した加茂遺跡があり、1975年頃から、川西市教育委員会が発掘調査を進めてきました。
そこで、以下の2つのイベントが開催され、本校の教員が講演を行います。
〇加茂遺跡 大石器展 1/13~3/25(月曜休館)川西市文化財資料館 無料
加茂遺跡の発掘調査で出土した石器約2千点を、ほぼすべて展示します。
〇講演会「石器文化の開花」~石器からみた加茂遺跡の弥生社会
3/3 13:30~16:30 川西市中央公民館 
講師 
大下明(本校教諭)「摂津加茂遺跡と石器研究」
森岡秀人(関西大非常勤講師)「近畿弥生社会の石器開花段階と加茂遺跡」
参加費250円 定員200人
申し込みは川西市教育委員会社会教育・文化財課(072-740-1244)まで
詳しくは川西市文化財資料館のサイトをご覧ください。

2018年02月20日

「金融と経済を考える」高校生小論文コンクールで全国ベスト5

DSCN6522.jpg DSCN6523.jpg
DSCN6525.jpg DSCN6526.jpg
「金融と経済を考える」高校生小論文コンクール表彰式を、本日の昼休み、応接室にて開催し、高2の生徒が特選・全国公民科社会科教育研究会長賞を受賞しました。全国から2900あまりの作品が応募され、この賞は全国で上位5位にあたるものです。
あわせて、雲雀丘学園高校が学校賞を受賞しました。
高2の生徒は表彰式に参加し、学校賞は、校長が受領しました。
生徒の作品の題名は「もやし18円」です。スーパーで安売り賞品として販売されているもやしをとりあげ、安売り競争の結果、生産者が廃業に追い込まれている現状を分析し、行き過ぎた価格競争を戒め、適正な価格で販売されることの必要性を主張した内容でした。
なお、作品は、金融広報中央委員会のサイトに掲載されています。

社会科では、中3から高2まで、人権・税などさまざまなコンクールの中でどれか一つ作文を書くという夏休みの課題があり、その一つとして書いた作品が入賞しました。
皆さんの日頃の努力が、このような表彰につながりました。これからも、がんばりましょう。

2018年02月11日

「JICAエッセイコンテスト」で入賞

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2017関西ブロック表彰式が、神戸市のJICA関西で開催され、高1の生徒がJICA関西国際センター所長賞、高2の生徒が青年海外協力隊兵庫県OB会会長賞、雲雀丘学園高校が学校賞を受賞しました。
そのうち、高1の生徒は表彰式に参加し、代表として作品を朗読しました。
作品の題名は、「一人の願い、皆の願い」です。小4の時、担任の先生の娘さんから、途上国でボランティアをした話を聞き、学年全員でバケツに入れた水を運んでみたり、途上国の現状を他学年に伝えたり、募金活動、学用品の寄付といった活動を行ったりした実践をふりかえり、皆で協力することで、「誰もが平和に生きられる世界」の願いをもち続けることを訴える内容でした。

社会科では、中3から高2までは、さまざまなコンクールの中でどれか一つ作文を書くという夏休みの課題があり、その一つとして書いた作品が入賞しました。
これからも、世の中のさまざまなことに関心をもち、文を書いていくよう、がんばっていきましょう。

2018年02月03日

社会科発表会 開催

DSCN6475.jpg DSCN6477.jpg
DSCN6479.jpg DSCN6486.jpg
DSCN6487.jpg DSCN6491.jpg
今日の午後、60ホールにて「第19回社会科授業研究発表会」を開催しました。中高の調べ学習の成果を発表し始めて今回で第19回を迎えております。
内容は、夏季課題から①中1の歴史新聞・国調べと②中2の歴史新聞・都道府県調べ、③中3の人権作文と④高1税の作文、秋に出場した⑤堺市での発表 でした。
最後に記念撮影をして終了しました。保護者・生徒・先生方あわせて70名近い方にお越しいただき、どうもありがとうございました。