2017年10月16日

進路講演会

先週の土曜日に学級懇談会と進路講演会が行われました。
進路講演会開催にあたって大森教頭先生から「これから受験生になるにあたって不安なこともあると思いますが、やることは難しくはありません。当たり前のことを当たり前にすることが大切なのです。」というお言葉をいただきました。
5F87D321-6FE1-4C21-96AD-BA111778343E.jpg E94D2A52-083C-4FF8-8584-A6FDE96B42E9.jpg
進路講演会では河合塾の森脇雄一様を迎えて『栄冠めざして~「行ける大学」でなく「行きたい大学」へ~』というテーマで約1時間お話を頂戴しました。
06B52E3F-660C-4C15-BAE5-CE7479CC35F0.jpg CC052619-13F0-4573-9BE9-63D79C32C7FD.jpg
受験制度や保護者の心構えなど大変貴重なお話が多く、保護者様に少しでも参考になれば幸いです。欠席の保護者様にはお子様を通じて資料を配付いたしますので是非ご一読下さい。

2017年10月13日

次の目標は…

定期考査最終日です。4日間にわたった中間考査も終了しました。
勝負の10月も駿台模試、定期考査と2つクリアしました。
いつもは定期考査が終了してホッとするところかもしれませんが、今回ばかりはそうもいきません。ホッとするのは一瞬です。
ここからすぐに切り替えて実力養成をしていきましょう。従来から紹介しているように模試の難易度は以下のようになります。
5252525299.jpg
          98777777.jpg
【10月進研模試の目的と意義】
 この模試ではじめて理科と社会が加わり、5教科7科目受験することになります。理科・社会は範囲が狭いのでバブル的な偏差値が出るかもしれませんが、勘違いしてはいけません。基礎力養成につとめましょう。ここで見たいのは英数国が目指すべき進路・大学のレベルに達しているかどうかです。まだまだ英数国なのです。
   
年間模試の目的と意義は2017年3月18日の記事を参照してください

61期生の大半にとって大事な模試はこの中でも標準的な模試である全統模試と次に行われる進研模試です。勝負の10月も中盤から後半戦です。

2017年10月12日

最後まで諦めずに粘る癖を

定期考査3日目です。定期考査は短期間ですが、生徒たちにとっては長丁場に感じることでしょう。

しかし、入試は1月の中旬のセンター試験から国公立後期試験までは約2ヶ月あります。人によっては形態は違えど学校推薦入試やAO推薦入試、公募推薦入試など10月後半から入試、早ければ8月の後半からスタートするところもあります。
      0987656556.jpg
(https://manabi.benesse.ne.jp/nyushi/nyushi_info/nyuushi06.html参照)

そんなときに後半息切れする人や、モチベーションを保てずに安易に妥協する人など様々な人がでてくることも確かです。連続して試験、連続して壁が訪れるときにどう行動するかが問われます。最後まで諦めずに食らいついて行った人が合格をつかみとるケースが多いのは言うまでもありません。

そう考えると定期考査の期間というのは本当に短期間であり、その期間を集中して乗り切る訓練をすること、繰り返すことが忍耐や行動につながるのではないでしょうか。よく定期考査の後半になるとだれてしまう人がいますが、それでは長丁場は乗り切れませんよ。最後まで諦めず粘る癖をつけていきましょう。

2017年10月11日

ケータイとのつきあい方

定期考査2日目です。古文漢文・英語Wの試験です。

さて、本日は「ケータイとのつきあい方」について考えていきましょう。
昨日の、ブログでも紹介した昼寝と同様に少しのつもりがついつい…人間は誘惑に弱い生き物です。ついつい触ってしまう、ついつい使ってしまうのがケータイ(スマホ)です。
20170806a.jpg
このスマホ中毒は少々のことでは治りません。常に意識をしておく必要があります。そして、強い意志の力を持たないと改善されません。

まずはスマホを使うときのルールの設定です。
たとえば、勉強中は違う部屋に置いておく・食事後の30分だけ使用可・通知設定をOFFにしておくなどが挙げられます。
しかし、それでも簡単に破ってしまうのが人間の性です。

そもそもなぜスマホを触らないようにしたいかを考えましょう。

•なぜスマホを使うのをやめたいのか?
•スマホを使うことで問題が起こるのはどんな時が多いか?

こういった形で1つ1つ落とし込んでいく過程は勉強と同じではないでしょうか。意志なきところに道はなし。意志をもって決意ある行動をしていきましょう。

2017年10月10日

昼夜逆転の生活はご法度

定期考査が始まりました。生徒のみんなはテストに集中してほしいものです。さて、定期考査中に気をつけてほしいことは以下の3点です。

①昼夜逆転の生活をしない
②スマホの管理
③最後まで諦めない

今回は昼夜逆転の生活をすることに関して考察します。
定期考査中に昼夜逆転の生活を送らないことは一番大切です。
入試の本番も含めて、試験というものは基本的に午前中から行われることが多いです。そう考えると、少しずつ朝型にしていくのも一つの戦略かもしれません。

睡眠の効果は①損傷した神経細胞の補強 ②記憶の定着が挙げられます。
睡眠時間のリズムを狂わせることは記憶力低下につながりますし、最近問題視されている睡眠負債を増やすことにもなります。他にも免疫力の低下、体内時計が狂い不眠症になる、老ける…などデメリットはたくさんあります。

少しの昼寝のつもりがついつい…みたいな経験はありませんか??人間は誘惑に弱い生き物です。そのためにも家に帰ると寝てしまうのならば、学校に残って勉強するのはいかがでしょうか。
chuuya_gyakuten-300x183.jpg

2017年10月07日

高2の10月からスタートすることで…

受験に向けて少しずつ意識を高めていってもらいたい時期です。
先日のブログで記述の通り、受験で大切なのは以下の3つのことです。
●「早くスタートを切ること」
●「目標をしっかりもった戦略を立案すること」
●「メンタルを確かに持つこと」

さて、THOSHIN TIMESという進路情報紙に下のようなデータが掲載されていました。高校2年生の10月にスタートすることで高校3年生の春には30点近くの差が生まれているというものです。
A2FAFABB-781B-44EF-BFAB-389472602DA1.jpg
273AA354-7481-4C67-B3E5-2AEFB01EAB0F.jpg

スタートダッシュが大切です。この時期学習をサボってしまうと後々ボディーブローのようにじわじわ効いてきます。(実際のボディーブローの衝撃はじわじわレベルではありません。)
今が踏ん張り時です。

2017年10月06日

風紀の乱れは心の乱れ

「人は見た目ではなく中身だ」という言葉をよく聞きます。
これは本当です。

しかし、「人の見た目は中身との関係性を表す」とも言えます。

イギリスの大学教授がある研究結果を発表しています。それによると、服装が派手なら派手な遊びをしている人が大半で、地味ならインドアで読書などを静かに楽しんだりとかそういう傾向におのずと進んでいるというのです。つまり、表情や行動だけでなく、服装や髪型までもが自分の心に繋がっているということです。

しかも、それは自分の行動だけでなく他人の行動にも影響します。 例えば素行が悪そうな服装をしている銀行員にお金を預けたいと思う人はあまりいないでしょうし、貧乏くさい弁護士に弁護を頼みたいと思う人もあまりいないと思います。それよりは、清潔感があるスーツをぴしっと着こなしている人にお願いしたいでしょう。人が第一印象で判断する割合は大きいのです。

心と身体はつながっていて、服装や見た目も心の表れです。こういった考えを仏教では唯識思想といいます。「すべては心の表れ」です。

心も服装も髪型も乱さず、芯をもった学校生活を送って下さい。

2017年10月05日

後期委員会スタート

昨日、生徒集会が行われました。
主な内容は後期委員の認証と決意表明です。
C5C9E72A-7F3E-4555-B660-AA48E3490CE8.jpg
各種委員会に配られるバッジです。このバッジをもらう回数も少なくなってきましたね。
IMG_8674.jpg IMG_8677.jpg
校長先生から認証書が渡されました。後期も頑張ってください。
IMG_8680.jpg IMG_8681.jpg
IMG_8683.jpg IMG_8684.jpg
IMG_8685.jpg IMG_8686.jpg
各種委員会のリーダーは高校2年生です。それぞれリーダーシップを発揮して組織を運営していってほしいものです。
IMG_8679.jpg IMG_8688.jpg
校庭の大きな木の上の方も少し色が変わり始めていました。朝晩が少し冷え込んできたので体調管理を十分気をつけてください。

※風紀チェックがありましたが、バッジのついていない人(多数)、男子の長髪、女子の化粧が少数ですが見られました。校則を破る、ルールを破ることは自らの信用問題にもつながります。自覚ある行動を求めます。

2017年10月04日

全統模試の結果返却

各クラス全統模試が返却されています。
4453ACA8-BEEE-4E2E-8D83-1FF8721E5B30.jpg
今回の全統模試の目的は以下の通りです。

「夏休みの学習の成果をみる」


夏休みの成果とは具体的に言うと以下の3点です。

①テーマを持って学習ができたか
ex.英語の文法をスクランブル2周する、数学Ⅰ+Aの苦手をなくす、古文・漢文の暗記の精度をあげるなど

②5月全統模試より成長が見られたか

③自律した行動がとれ、自覚を持った夏を過ごせたか

この夏の土台をベースとして秋以降の飛躍につなげていくことがとても重要でした。
成果として現れてきた人は自信に、ショックを受けるような結果だった人は今の気持ちを大切に、何も感じない人は危機感を。

2017年10月03日

2学期中間考査へ

0000000001.jpg
今回のテスト範囲は1学期期末終了後からの科目が多いのでテスト範囲も広くなっています。効率よく且つ濃密に時間を使っていきましょう。