2017年04月28日

PTA総会でした

本日のPTA総会で以下のプリント(B4両面2枚)を配布しました。
・平成29年度 大学入試等合格状況
・2017年度 雲雀丘学園中高等学校 6年間の進路関連行事
・2017年度 校内実施模擬試験 実施予定と目的

 「進路関連行事」と「構内実施模擬試験」は入学式・始業式の際にもお配りしましたが,その後に日程変更などがありましたので,2訂版としてお渡ししました。詳細につきましては,学年から連絡があると思いますので,そちらをご覧ください。不明な点につきましては,学年や進路指導部にお気軽にお尋ねください。
 また,本日がライフプラン教育協力者登録の締切となっております。ご理解・ご協力をお願いします。すでに今年度の行事でお願いしている方も居られます。有り難いことと感謝しております。

2017年04月24日

進路通信第1号(4月24日)発行

IMG_0734.jpg
 高校の各教室に進路通信第1号を掲示しました。5月,6月の進路行事の予定や模擬試験の計画を掲載しています。大きな行事としては6月24日(土)に高校全体でOne Day Collegeを実施します。これは大学の先生に学校まで足を運んでいただき,30講座の中から1ないし2講座を受講するものです。詳細はこれから案内します。模試についても,目的を意識できるように受験者数を記載しました。夏季休業中に実施するサントリー研究者体験やAcademic Summerも載せていく予定です。
 進路指導室の利用,AO・推薦入試についても書いていますので,記事を読んだ上でどんどん活用してください。光陰矢の如し。高校3年間は本当に短いですが,人生の大きな分岐点も待っています。自分の将来をしっかりと見据えて,高校生活を充実させて欲しいと思います。

2017年04月21日

中3職業人インタビュー

 ライフデザイン教育(昨年度まではキャリア教育と称していました)の一環として,中学3年では「職業人インタビュー」に取り組みます。これは,本学のライフデザイン教育に協力していただいている社会人の皆さまのところへ生徒がグループで訪れ,仕事についての思いやそこに行き着くまでの過程,社会とのつながりなどをお聴きして,生徒自身の将来を思い描くためにおこなっています。18歳になったら大学受験をするのではなく,人生を考えて,必要な知識や技能を身につけるために次のステップを選んで欲しいと思います。
 誰の話を聴くかを決めるのも,職業から選ぶのではなく,どんな社会生活を送りたいかから考えて欲しいと思います。オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン教授が2014年に出した論文「雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか」でも話題になっていますが,AIの発達によってなくなる仕事は存在します。でもそれは人類の長い歴史の中で何度かありました。ダボス会議の創設者であるクラウス・シュワブ会長はそれを「第四次産業革命」と称しています。
 4月19日(水)のLHRの時間では,自分はどういうことに興味・関心があるのか,将来どのような生活を送りたいのか,社会でどのような役割を果たしたいのかを考え始めてもらいました。ご家庭でも,お仕事をされている上でのやりがいや苦労,あるいは就職や結婚,子育てなど人生の中で起こりうるイベントなどについて,人生の先輩としてお子さまにお話ししていただければ参考になると思います。改めてではなく,日常の会話の中でそんなお話しをしていただける親子関係になれば素敵ではないでしょうか。

2017年04月20日

挨拶のすすめ 敢えて進路指導の立場で

 今日の朝,登校指導に立ちました。校長先生や中学2年の学年主任の先生とご一緒でした。登校してくる皆さんに「おはよう」と声を掛けましたが,中高生の元気さが思ったほど感じられずに心配になりました。もちろん無視をしているのではなく,会釈をしたり,小さな声で挨拶をしているのだと思います。でも,自分はしているつもりでいるのは,したことになるのでしょうか?
 受験指導の中で面接の練習をすることが多くなっています。AO入試や推薦入試を受験する割合が高くなっているためです。そのときに,なぜその大学を受験したいのか,入学して何を学びたいのかなど志望理由をしっかりとつくることが大切になります。でもそれだけではなく,初対面の相手に伝えなければなりません。面接の短い時間の中でコミュニケーションを確立するためにも挨拶は基本ではないでしょうか。普段できていないことは本番でもできません。大声は必要ありませんが,目を合わせてしっかりと挨拶してください。

2017年04月17日

科学技術週間が始まります

ph02.jpg
今週は第58回科学技術週間です。科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として,昭和35年に制定されました。全国各地の科学館、博物館、大学、試験研究所などでは、この科学技術週間を利用して講演会、展覧会、映画会、座談会、施設公開など、さまざまな催しが行われます。一家に1枚ポスターの最新版を配布するところもあるので,週末に足を運ばれてはいかがでしょうか。
(一家に1枚ポスターはこちらでDLできます)
本町にある大阪科学技術センターではサイエンスカフェが開催されます。事前申込みが必要です。詳細はこちらを参考にしてください。

2017年04月15日

新学期が始まり1週間がたちました!

 始業式の頃は満開だった校内の桜も少し葉桜となってきましたが、早いもので新学期がスタートして1週間が過ぎました。新しい学年・クラスも軌道に乗り出したところでしょうか。先般、「雲雀丘学園ライフデザイン教育の協力者登録のお願い」の依頼文をお渡し致しましたが、4月28日が締め切りとなっております。何卒、ご協力のほどお願い致します。
P4150702.jpg P4150705.jpg


2017年04月14日

進路指導の掲示板

IMG_0723.jpg
 進路指導室前の廊下に進路指導に関連する掲示物を貼っています。
全員に関係するような大事な掲示物は学年の先生にお願いして,学年のフロアや教室に掲示しています。1枚しか学校に届かなかったり,緊急性が低い掲示物は,高校校舎2階の廊下に掲示しています。職員室に来たときや,階段を上り下りしたときにちょっと寄り道をして,掲示物を眺めてみてはいかがでしょうか?

2017年04月08日

高等学校入学おめでとうございます

IMG_0714.jpg
本日,第62回高等学校入学式がおこなわれました。
新入生の皆さん,保護者の皆様,ご入学おめでとうございます。

新入生の皆さんへ
内部中学から進学した皆さんも,高校から入学した皆さんも高校1年生という点は共通です。あっという間に過ぎる高校3年間にしておいてほしいことはたくさんあります。自分が将来社会でどう活躍するかを想像し,それに必要な力をつけてください。
One Day CollegeやAcademic Summerなどの進路行事を活用して欲しいと思います。また,大学進学など進路を考える上で参考となる資料をたくさん置いているので,進路指導室を訪れてもらえると嬉しいです。

保護者の皆様へ
お子さまのご入学,おめでとうございます。
人生の先輩としてお子さまにアドバイスをお願いすることも出てくると思います。よろしくお願いします。
本学ではライフデザイン教育として,さまざまな行事をおこなっています。本日配布したB4プリントに6年間の進路関連行事を掲載しています。ご参考になさってください。
また,協力者登録をお願いするA4プリントを併せて配布しました。ご理解,ご協力をお願いします。

中学校入学おめでとうございます

IMG_0712.jpg
本日,第65回中学校入学式がおこなわれました。
新入生のみなさん,保護者の皆様おめでとうございます。

新入生のみなさんへ
まだ中学に入学したばかりで大学受験なんて先のことと思うかもしれません。
しかし,これからの人生を考えると,中高6年間にしておいてほしいことはたくさんあります。
授業ももちろん大切ですが,さまざまなことに挑戦してもらえればと思います。
中学生の時期は自分の人生設計を考え始める時期です。
そのためにも,自分はどんなことに興味があるのか,社会にどのように関わりたいのか,
色々な体験の中から考えてもらいたいと思います。
進路指導部はそんなライフデザイン教育にも関わっています。
みなさんと一緒に取り組んでいきます。よろしくお願いします。

保護者の皆様へ
お子さまのご入学,おめでとうございます。
とは言え,まだ中学生ですので,人生設計はこれからです。
さまざまな場面でアドバイスをお願いすることも出てくると思います。
よろしくお願いします。
本学ではライフデザイン教育として,さまざまな行事をおこなっています。
本日配布したB4プリントに6年間の進路関連行事を掲載しています。
ご参考になさってください。
また,協力者登録をお願いするA4プリントを併せて配布しました。
ご理解,ご協力をお願いします。

2017年04月04日

今年も千羽鶴を届けていただきました

IMG_0697.jpg IMG_0694.jpg
今年も雲雀生の合格祈願の千羽鶴が届きました。
 この千羽鶴は、選抜特進クラスができた52期生の保護者から送られたものです。今年の卒業生は59期生ですので、8年もの間、毎年送って下さいます。いつも丁寧なお手紙を添えられていて、雲雀の生徒達への温かい励ましの言葉が綴られています。
   生徒さんの夢のつぼみが大きく花開きますよう、健やかな幸せをお祈りいたします。
 52期生のご子息が卒業されてから、すでに8年。高校ともますます縁遠くなる時でありますのに、今も尚、雲雀のことを忘れず、1羽ずつ心をこめて折ってくださった千羽鶴にいつも胸が熱くなります。本当に有り難うございました。生徒も教師も心から感謝いたします。

アーカイブ

訪問者数

2006/8/31から