2017年03月23日

高大連携講座 【関西学院大学】

関西学院大学の高大連携講座を修了した高2生に
修了証を授与しました。
大学受験を視野に入れて受講したそうで、
興味を持って受講できたようです。
この経験を自信に、受験勉強に邁進して欲しいと思います。

sIMG_2767.jpg

2017年03月21日

サントリー一日科学実験教室

 サントリー生命科学財団 生物有機科学研究所のご協力で,「最先端科学が体験できる一日科学実験教室2017」を実施しました。このイベントも早いもので6年目になります。今年は新高校2年生61期生が24名,新高校3年生60期生が6名参加しました。
 用意していただいた内容は「ホヤの解剖と受精」「PCRによる遺伝子増幅とアガロース電気泳動による確認」「PCR産物のシークエンス解析」の3つでした。生命科学では基本的な実験ですが,ホヤを見るのも触るのも初めての生徒たちにとっては貴重な体験の連続だったようです。
IMG_0093.jpg IMG_0203.jpg
IMG_0170.jpg IMG_0183.jpg
IMG_0155.jpg IMG_0151.jpg

 このイベントで実験以上に生徒からの評価が高いのが,研究員の皆さんと色々な話ができることです。どんな研究をしているのか,なぜ研究者になったのか,それぞれの研究員の方から話を聴かせていただき,今自分が直面している進路の悩みを相談することで,自分の将来を考える機会となっています。有り難いことだと思います。今春に卒業した59期生が2名進学報告を兼ねて同行しました。2名とも夏の研究者体験に参加し,自分の進路を考える大事な体験と感じていました。今日参加した生徒の中からも夏の研究者体験に参加し,体験が自身の進路に繋がることを期待しています。
 長時間,ご指導いただいたサントリー生命科学財団の研究員の皆さんには,感謝申し上げます。ありがとうございました。

2017年03月13日

中学発表会 職業インタビュー発表

  11日土曜日に中学発表会で、キャリア教育の一貫で冬休みに職業インタビューを行った中学2年生の2グループも発表を行いました。今回は、「弁護士」と「看護師」の職業インタビューについての発表でした。期末考査後の3日間しかない準備期間の中でまとめあげ、態度も素晴らしかったと思います。当日の立ち位置や、話し方なども練習の甲斐があり、とてもわかりやすい発表でした。

P3110687.jpg

2017年03月10日

国公立大学前期日程の結果が出ました

 毎年のことですが,合格して笑顔で報告に来る者、希望が叶わなくて悔し涙を流す者、この10日間、職員室では悲喜交々の様子でした。まだ全員の報告が揃ったわけではないですが、今年もよく頑張ってくれたと思います。
 特筆すべきは東京大学理科Ⅲ類や京都大学医学部医学科に初めて合格者が出たことでしょう。既卒生を含め、国公立大学医学部医学科に6名合格しています。センターでの得点と二次試験の両方を揃えないと受からないので、努力が報われて良かったと思います。
 また、大阪大学も昨年度を上回る17名が合格しました。
 前期が残念な結果に終わった生徒たちも、気持ちを切り替えて後期の準備をしています。最後まで諦めずに受験を全うした者だけが後期の合格を掴むことができます。
 挫けそうな心を励ましながら頑張っている彼らにエールを送りたいと思います。

2017年03月01日

第59回高校卒業式がおこなわれました

IMG_0025.jpg
 本日,高校の卒業式がおこなわれ,59期生327名が雲雀丘を巣立っていきました。答辞を聴いていると,この3年間ずいぶん成長したことを感じ,頼もしく嬉しく思いました。学校長が話したように,親御さんの恩に感謝できる人,社会に貢献できる人に育って欲しいと期待しています。
 さて国公立大学前期試験の結果はこれから発表です。不安な数日が続きますが,中後期の準備をしながら過ごすのが良いと思います。結果がどうであれ,今勉強することは無駄にはなりません。特に小論文や面接がある人は登校して練習をしてください。進路が決まるまでは,学年の先生も進路指導部も今までと同じように応援します。最後まで一緒に頑張りましょう。
 

2017年02月25日

国公立大学の受験会場にて

IMG_0009.jpg
 少し冷たい空気の中,国公立大学一般入試前期試験がおこなわれています。京都,大阪,神戸など近隣の大学へ学年の先生で手分けをして激励に行っていただきました。私も大阪市立大学へ顔を出して,何人かの受験生に声を掛けることができました。今日まで頑張ってきた努力が実を結ぶことを願いながら,会場へ入っていく後ろ姿を見送りました。高校に入学したときはまだ幼さを残していたのに,3年も経つとしっかりと自分の人生を歩んでいく足取りに成長を感じることができました。帰り道,我孫子観音寺に寄って,彼らが無事に受験を乗り切れるように祈って参りました。雲雀生に幸あれ。

2017年02月24日

中2職業インタビュー 感想②

20日月曜日に、中学2年生の希望者が、宝塚市内の病院を訪ね、職業人インタビューを行いました。生徒の感想の一部をご紹介します。

職業インタビュー 看護師

 看護師の仕事を色々と知ることができました。その中で、痛みやショックに対し精神的な補助をするということが印象的でした。医師とは違う側面から、患者さんを支えるというところでとても魅力的です。また、どんなときにも感情を表さないということは、自分にはできそうになく、大変だと思いました。プロとして自分の感情をコントロールできるとおっしゃっていました。誠実さを大切にし、患者さんとまっすぐ向き合うことに意味があるというお話は心に響きました。

 看護師は私が想像していたよりもずっと、自分の考えで行動し、治療に携わり、命だけでなく心のケアもしながら患者さんのことを一番に考えているということがよくわかりました。看護師のように医療の力で人々を助け、また社会に貢献できる人になりたいと改めて思いました。その第一歩としてまずは人の気持ちに寄り添える人になりたいと思います。

 看護師は体力的にも精神的にも重労働だと感じました。夜勤の大変さは、夜中に働くという体力面だけでなく、病院中の患者さんを少ない人数でお世話するという責任感を伴い精神面でも大変です。そして患者さんとの死に直面することもあります。看護師をやったことのない私でさえそのつらさは分かる気がします。仕事として受け止め、感情を抑えなければならないというのは大変なことです。その一方、やりがいがある部分を伺うこともできました。患者さんからの「ありがとう」という言葉と、患者さんの状態がよくなっていくことです。患者さんとのコミュニケーションで励まされ、また仕事を頑張れるのだろうと思いました。

IMG_3718.jpg IMG_3722.jpg

国公立大学一般前期を前に

受験生のみなさんへ

 いよいよ明日,国公立大学一般入試前期日程が始まります。遠いところに受験に出掛ける人たちは今日から現地に向かって出発ですね。昨日は担任の先生に励まされて,緊張を少しだけ弛めて笑顔で帰宅する生徒を数多く見かけました。明日,学年の先生は手分けして近隣の大学へ激励に出掛けると聞いています。受験会場で元気をもらって,実力を十分に発揮できることを期待しています。

 寒い中にも春が近づいていることを感じる時期になりました。校内の桜のつぼみもゆっくりですが膨らんでいます。中央棟前の枝垂れ桜のように早くから開くものもあれば,学園講堂のそばの八重桜のようにゆっくりと咲くものもあります。時期こそ違え,立派な花をつけて私たちの目を楽しませてくれます。合格の時期は人それぞれですが,卒業生の活躍は私たちの楽しみです。今は辛いことがあるかもしれませんが,最後までがんばってください。応援しています。

2017年02月22日

中2職業インタビュー 感想①

18日土曜日に、中学2年生の希望者が、法律事務所を訪ね、職業人インタビューを行いました。生徒の感想の一部をご紹介します。

職業インタビュー 弁護士

 弁護士というのは、大変な仕事なのだとわかりました。突発的な仕事も多く、夜中であろうと面会に行かなくてはならなかったり、身分の保証がなかったり。特に驚いたのは、常に勉強し続けなければならない点です。法律も判例も変わっていく、事案によって医療の勉強をしなければなりません。弁護士は法に関して精通していればよいという仕事ではなく、あらゆる分野の知識が必要だと知りました。(中2女子)

 以前の弁護士の印象は、討論をしている人でした。しかし今回の職業人インタビューで、とても大変な仕事なのだとわかりました。1つ間違えたら、その人の運命が変わってしまいます。大変なプレッシャーの中で頑張っておられるのだと思いました。(中2女子)

 今まで、弁護士という仕事は、ドラマや映画を見てなんとなく知っているつもりでしたが、インタビューをさせて頂いて、思ったよりもずっと大変な仕事なのだとわかり、そんな仕事をなさっている弁護士さんはすごいと思いました。弁護士といえば法廷で検事と言い合いをしているイメージでしたが、実際は、業務のほとんどが民事・家事事件で、刑事事件を取り扱うことはあまりないそうです。今回のインタビューは、自分の将来のことやしたい事をなどを考えるいいきっかけになりました。このような機会があればまたインタビューしたいです。(中2女子)

DSCF6156.jpg DSCF6158.jpg

2017年02月20日

大阪大学高大連携講座 申し込み締切

 本日、大阪大学高大連携講座の申込を締め切りました。時間割の都合で新高2年生にとっては制約があったにも関わらず、多数の手があがりました。積極的な高校生が多いということで、とても喜ばしいです。申し込み人数の多かった講座については、申し訳ないのですが全員の希望をきくことができず、くじびきを行いました。申し込みをした生徒で本日呼ばれていない人は、第一希望を変更せず大阪大学へ学校から申し込みます。結果は後日お知らせします。

P2200682.jpg

アーカイブ

訪問者数

2006/8/31から