2016年08月23日

川村護先生を悼む。全校生で黙祷

夏休み明けの始業式は、悲しい報告から始まりました。
国語科の川村先生がさる7月26日、亡くなられたことです。46歳でした。あまりに若く、あまりに突然で私たちも大きなショックを受けています。

川村先生は6月に校長室に来られ、「病気がわかったので手術・治療のため休んで2学期から復帰します」とのお話をされました。しかし病気の進行が速く、ご家族の看護もむなしく、帰らぬ方となられました。葬儀は先生とご遺族のご意向でご家族や近親者のみで行われました。そういうわけで皆さんには今日まで正式にお伝えしておりません。

川村先生は平成8年4月に着任され、本校勤続20年でした。国語科教員として中学国語、高校現代文、古文、漢文と幅広く授業を担当されました。先生は趣味も多彩でかついろいろな分野に博識で、奥深く、楽しい授業をされていました。

高校43期生、中学49期生、高校54期生の担任として卒業生を送り出されました。また進路指導部や入試広報部でもご活躍でした。クラブ活動においては現在は柔道部や囲碁将棋部の顧問をされていました。囲碁や将棋の県大会や全国大会の引率もされ、素晴らしい戦績を持ち帰っていただきました。

先生は学校、授業が好きでこの2学期に教壇に復帰されることを目標に治療をされていました。皆さんともう一度教室出会えることを楽しみにされていました。それがかなわず、無念の気持ちでいっぱいだったと思います。

そして川村先生のご冥福をお祈りして全員で黙とうをささげました。

P1010099.jpg P1010101.jpg

私は1年余りのお付き合いでしたが、大変長いお付き合いをした感じがします。将棋の全国大会が昨年、滋賀県で開催されましたがこれは強豪、灘高生を破っての出場で、先生も大喜びでした。川村先生から本校生徒の活躍ぶりが対局ごとにまるで実況中継のように伝えられてきたことを思い出します。決勝トーナメントに進むことができ声も弾んでいました。また世話好きの先生でもありました。色々な会や組織で、運営や裏方、あるいはボランティアの仕事を自ら進んで引き受けられたともお聞きしました。最後まで生徒のことを第一に考えておられた先生、改めてご冥福をお祈りしたいと思います。
sIMG_0776.jpg sIMG_0775.jpg
尚本日23日より27日まで、先生の御遺影を掲げ、ご冥福をお祈りできる場を「60ホール」に設置いたします。生徒の皆さんをはじめ、保護者や卒業生の方もどうぞお参りになってください。

2016年08月08日

夏休み、しっかり学んで楽しんで

いよいよリオ五輪が開幕しました。明日からは甲子園の暑き戦いも始まります。日本列島はこれからうだるような暑さがしばらくは続きますが、日本人選手の活躍に、高校野球の熱戦に心がわくわくする毎日を楽しみたいと思います。
sIMG_0766.jpg sIMG_0771.jpg
さて今年もサントリーサンバーズがやってきました。今年は南ひばりガ丘中学、御殿山中学の女子バレー部も一緒になっての指導を受けました。今年の2月7日、バレーボール・Vリーグ、サンバーズVS豊田合成戦に、雲雀丘学園は総勢100名の大応援団を構成し、応援に臨みました。リーグ戦首位の豊田合成にそれまで2敗、1セットも取れなかったのですがなんとこの日は、雲雀丘学園の大声援に後押しされ、3:0のストレート勝ち、やればできるの本領を発揮してくれました。

そのサンバーズの指導を受けます。親しみもいっぱいです。選手の中には日本を代表するあの柳田選手もいます。ふだんは顧問の先生の指導もがなかなか聞かない生徒も、選手からのアドヴァイスは素直に耳にはいるようです(顧問の先生談)。確かに2時間の練習にメキメキ上達していく様子がわかります。

今年は100名余りの中高のバレーボール部の生徒が指導を受けました。サンバーズのジルソン監督はじめほとんどの選手、スタッフが来校し生徒にわかりやすく丁寧に教えていただきました。時には激しいボールも飛んできましたが、あこがれの選手のボールに生徒は果敢に飛びつき、その目はキラキラと輝いていました。この経験は必ずや将来の宝になると思います。最後の質問コーナーでは女子生徒が柳田選手に「どんな女性が好きですか?」と聞いていましたが「あきらめずに一生懸命がんばる人です」とのことでした。

また生徒の中には、小さいころから地元のバレーボールチームに入り、そこでサンバーズの指導を受けたことがありましたが、そのことを話すと、「よく覚えています」と言われ、感激したとのことでした。将来の夢は学校の先生になること、そして教えてもらったバレーの喜びや礼儀を子供たちに伝えたいとのことです。

同じ日ですが、「第29回大阪地区・学生いけばな競技会」(小原流主催)が大阪・本町で開催されました。大阪地区ですが、名古屋以西、九州四国を除く西日本です。今年は精鋭41校が参加しました。

今回も雲雀丘学園華道部は大活躍、個人の部で最優秀賞には7人のうち3人が雲雀丘から選ばれました。また団体賞は優勝こそ逃しましたが、高校生チームが2位を、中学生チームが3位を取り、総合力を発揮しました。家元からは「雲雀丘は毎年多数の上位入賞を果たし素晴らしい」との言葉が寄せられました。

華道は活けた花を真ん中にして人の輪ができ、コミニュケーションが生まれ、文化が広がります。争いを好まないおだやかな世界があり、これは雲雀丘学園の校風にも共通するところがあります。私はもっと生け花を勉強する生徒がいてもいいと考えています。(2016.8.6)

2016年08月01日

雲雀丘学園中高、学園の内・外で頑張っています

DSC09541.jpg
最後の東北地方も梅雨が明け、全国的な猛暑日となりました。外出を避けているのか駅前の人通りも少ないようです。夏休みに入って1週間、高校・中学とも学年ごとに補講が企画されているので毎日多くの生徒が登校しています。一方ではクラブの夏の大会があり、体育系、文化系クラブとも本校の生徒の活躍のニュースが入ってきます。

吹奏楽部は、阪神地区大会が昨日29日、西宮、アミティホールで開催されました。吹奏楽部は「Shion」の先生や、自由曲「たなばた」を作曲された方の指導も受け、懸命の練習を重ね大会に臨みました。競合校が多いなか、課題曲、自由曲を堂々と演じ切り、銀賞を取りました。
ギターマンドリン部も27日、吹田のメイシアターで開催された全国大会に出場、出場校60校の中で上位3分の1に贈られる優秀賞を取り、更に優秀賞の中で特別賞となる「振興会特別賞」を頂くことができました。共に日ごろの練習の成果を存分に発揮できた結果であり、両部の健闘を讃えたいと思います。

さて体育系では快挙がありました。中学女子テニスです。昨年は、前年優勝の啓明学院を破っての初優勝でしたが、今年は見事、優勝の栄冠に輝き、連覇を成し遂げました。決勝戦では園田学園の巻き返しに苦戦を強いられましたが、最終ゲーム、最終セット、まさに土壇場をひっくり返しました。「あっぱれ」を三つです。

さて今年18回を迎える「化学グランプリ」です。昨年は全国から3500名の生徒が参加し70名が1次選考を通過しました。一次選考が特に難度が高いこの大会ですが、本校は昨年は1名が、今年は何と2名が通過しました。最終は2次選考の結果を待つことになりますが昨年は兵庫県から5名の「グランプリ」、そのうち1名が雲雀丘fでした。今年はどうなるのか胸がワクワクです。

学園の内外、全国各地で母校の名誉と誇りを胸に、雲雀丘学園中高の生徒ががんばっています。私たちも負けないでこの暑さを乗り切りたいと思います。

2016年07月22日

終業式、一か月後元気な顔で

P1010021.jpg P1010013.jpg
P1010008.jpg  
いよいよ1学期の最終日、終業式を兼ねての全校朝礼となりました。全校朝礼なので校庭で行います。始まるの頃にはすでに夏の太陽が生徒の顔に照り付けています。表彰伝達、生徒会長の話、生徒指導部長の夏休み前の注意などが手際よく進んだあと、私も次の話をしました。それは過日のOne day Collegeでの話です。多くの大学の先生が雲雀丘学園にお越しでしたが、その中の神戸薬科大学の先生が自校のホームページに、「雲雀丘学園で多くの生徒が元気に挨拶をしてくれ、雨降りのぐずついたお天気の中、爽やかな気持ちになった」と書かれていたことでした。

 これを生徒に紹介し、「皆さんの挨拶に先生は感動し、雲雀丘学園は素晴らしい学校で素晴らしい生徒がいると思われたと思う。皆さんの行為が学校の評価を高め、そこに学ぶ皆さん自身の価値も高めることになった。今後も一層、励んでほしい」と話しました。学園内での挨拶はよくやるようになりました。これからは外部に向かってです。外でできてこそ挨拶は「ほんまもん」だと思います。

 「私の挑戦」も手短に話しました。今私に校長室には中高生、1462人の「挑戦状」があります。この夏休み、と言っても生徒には「夏期間」かもしれませんが、この期間にしっかりと挑戦に励んでほしいと思います。挑戦する心、不屈の心を育むのが「私の挑戦」の目的ですから。
sIMG_0761.jpg sIMG_0762.jpg
 終業式のこの日には校庭の芝刈りも行われました。「環境大使」らが中心となりましたが、昼前の暑い時刻です、みんな汗だくになっての芝刈りでした。環境に配慮し、天然芝のこの校庭ができたのは今から10年前。生徒、保護者、教職員が自分たちの手で、汗を流して整地し芝を張りました。自分たちが使うものは自分たちが手入れしようと、芝刈りも生徒たちが行います。こうして環境を考え、汗を流すことで感謝の心も忘れない生徒が育ってくれたらと思います。

さて夏休みですが、生徒たちには学年ごとに学年に応じた補講があります。高校3年生には今年、85講座が用意されました。学年団が練りに練った講座です。この講座に延べ2504人の生徒が参加し、半年後に控えたセンター試験に向けて必死の勉強です。この口座数、参加人数は昨年を大幅に上回っています。今年の春の大学入試で卒業生は今までにない大きな成果を上げてくれましたが、来春も今年以上の成績を上げられるのではと、今はひそかに期待しているところです。

朝礼では、この夏を雲雀丘学園の生徒として恥じない生活を送り、一か月後の8月23日、元気な顔で会おうと結びました。

2016年07月19日

「梅雨明けの翌朝」

IMG_0685.jpg
昨日(7/18)気象庁は東海以西が梅雨明けしたとみられると発表しました。発表通り朝から、それまでとは打って変わって夏の空になり、気温も大阪では34度まで上昇しました。大阪では平年より3日、昨年より6日早い梅雨明けです。今日も朝から夏の太陽が照りつけています。この日朝、学園では二つの団体が宿泊行事に出発しました。

一つは小学校です。5・6年生、総勢300名が兵庫県の竹野浜海岸で3泊4日臨海学舎に行きます。圧巻は1㎞と2kmの遠泳です。遠泳に挑戦することで児童は強い心と体を育みます。もう一つは中学2年生157名が鳥取・大山での2泊3日の林間学舎に臨みます。こちらのメインは1729mの大山登山。往復6時間をかけて登ります。生徒児童にはこの学舎を通して一回りも二回りも大きくなって、そして真っ黒になって学園に帰ってきてほしいと願っています。

余談ですが朝、雲雀丘花屋敷駅の前を大きなリュックとカバンを抱えた二人の女子生徒が私の前を歩いていました。制服から雲雀丘学園の小学校と中学校の生徒でした。追いつきざま、「おはよう」と声をかけると、中学生の方が「隣にいるのは妹です。私は林間学舎、妹は臨海学舎に出かけます」と答えてくれました。お姉さんが妹を見守りながら、かばいながら歩いている姿を後ろから見ていましたが、ほほえましく気分良くなりました。

2016年07月14日

「夏の高校野球」と「One Day College」

ここ数日、梅雨のどんよりしていた曇り空、そして時折、大気の不安定からか激しい土砂降りの日が続いていたのですが、今日は朝から夏の太陽が学園を照りつけています。その強い日射しに負けじとひまわりが大輪を誇り、太陽に向き合っています。このひまわりは、井関先生の指導でこの春、植えました。ことさら愛着を感じます。ひまわりの隣には、ゴーヤがネットをよじ登って、身の丈2倍くらいの高さにまで成長してきました。実がないので井関先生に尋ねると、カーテンとして育てているので実は取っていますとのことでした。

sIMG_0670.jpg
 一昨日は、夏の高校野球兵庫県予選の応援に行きました。相手は三田西陵高校、場所は高砂球場です。あいにくの雨で、試合開始が遅れ、午前10時が午後1時近くになりました。残念ながら4:2で敗れてしまいました。守りきれず、また折角のチャンスを生かせません。勝てない試合ではなかったのですが、肝心のところで力を発揮することができませんでした。「瀬戸際」という言葉がありますが、雲雀丘学園の生徒には「際」に強い人間、「ここぞ」という場面で強い生徒になってほしいと思います。これはもちろん野球部に限ったことではありません。勉強でもまた然りです。

sIMG_0650.jpg sIMG_0665.jpg
 先週の土曜日は、恒例の「One Day College」が開催されました。今年は24大学1団体から先生にお越しいただき、30講座を開設しました。どの講座も先生方が工夫を凝らされ、生徒は興味を持って勉強できます。生徒はあこがれの大学の先生から直接、自分の関心のある講義を受けることができ幸せなことだと思います。「One Day College」が過去、多くの生徒に夢と希望をもたらしてきました。今回も先生方との出会いがきっかけとなって、生徒が未来に飛び込んでくれることを願っています。

 なお今回の「One Day College」にお越しいただいた先生で、自校のHPに大変うれしいお言葉を載せていただきました。それは、先生が朝、正門から受け付けに向かう途中、出会ったどの生徒も元気に挨拶をしたとのことです。雨降りのぐずついた天気だったが、生徒の元気な挨拶で爽やかな気持ちになりましたと書かれていました。

 正直なところ、外からのお客様にもきちっと挨拶するようにと教えていますが、まだまだ十分ではないと思っています。このようなお言葉を聞くとうれしさと同時にホッとします。全校生徒に伝え、生徒と教職員の励みにしたいと思います。ありがとうございました。


2016年07月05日

夏の大会、朗報次々と

sH25.6.14%E8%8A%B1%E8%8F%96%E8%92%B2%20%282%29.jpg P1060150.jpg
 梅雨空が一転して、昨日今日と猛暑日となりました。昨日から期末考査が始まりました。期間中は、始業前や放課後の生徒のクラブ活動が休みになって校庭は至って静かです。その分、芝生の青さが一層引き立って見えます。

 そんな中、嬉しいニュースが届きました。わが放送部がNHK杯中学放送コンテスト兵庫県大会において「ラジオ番組部門」「テレビ番組部門」で見事、最優秀賞を獲得し全国大会出場を決めました。両部門同時獲得は学園でも初めての快挙です。「ラジオ」は昨年から始めた「私の挑戦」を取り上げました。「チャレンジ精神」の大切さを詠っています。作品を見ましたが少し校長が出すぎの感じがしましたので、差し出がましいようですが少なくするようにお願いしました。

 また「テレビ番組部門」は「もーえー袖」をタイトルにし、昨今の女子学生のカーディガンの袖が伸びていることを取材、いにしえの同様の行為が、かわいらしさの表現である「萌え」に通じることを探りあてました。世代を超えてかわいさを求める女性心理に共感しながらも、一方ではだらしなくも見えることから、不要(もーえー)との立場も紹介するものです。実にユニークな指摘に驚きました。さらにブラッシュアップし全国大会では栄冠を勝ち取ってほしいと思います。

 もう一つは国体テニス競技少年女子の部で本学園高校3年生がダブルスで兵庫県代表の座を射止めました。3年ぶりのことです。10月に岩手県で行われる国体では、兵庫県の代表として堂々と戦ってほしいと願っています。このほかにもたくさんのクラブが母校の名誉と誇りにかけて各地で汗にまみれています。これからどしどしと活躍のニュースが入ります。

 雲雀丘学園は勉強も一生懸命やるし、クラブ活動も熱心、学校行事にも積極的に参加するという学校です。どれもやることで人間的な成長が望めると考えています。これからしばらくは夏の暑さと戦わなければなりません。しかしこうした経験が生徒の将来に大きな役割を果たすものと確信しています。

2016年06月30日

梅雨空を吹き飛ばせ!

P1100478.JPG P1100483.JPG
004.jpg 006.jpg
うっとうしい天気が続きます。今年の梅雨は例年以上の雨が降り、特に九州では大きな被害が出ています。熊本地震で震度7の激震で最も被害の大きかった益城町が、今年の梅雨でも最大の雨量を記録して大きな被害が出ており、申し訳ない気持ちになります。

 学園の正面の入り口に朝顔の鉢がたくさん並んでいます。梅雨空に負けじと大輪をいくつもつけています。この朝顔は学園小学校の1年生が育てたものです。道理で、元気いっぱいに競うかのように咲いているのでしょう。

 昨日、中学校部活激励会が開かれました。これから中学校のクラブ活動では夏の大会が始まり、雲雀丘学園中学校も多くのチームが出場します。体育クラブのみならず文化クラブもです。クラブの代表者が大会にかける決意を語りました。どのチームも顧問の先生や先輩など、お世話になった方々にご恩返しする、3年間の総仕上げとして戦う、後輩にいいチームとして引き継ぐなど、それぞれ正直な気持ちを披露しました。

 私は雲雀丘学園の名誉と誇りにかけて、全力を尽くして栄冠を勝ち取れと激励。合わせて勝つことよりもっと大切なことがあるとして、全力を尽くしたか、挨拶や礼儀などきちっとやったかなど、雲雀丘学園生徒としてスポーツマンとして恥じない行動をとることを要求しました。そして学園の生徒、児童、園児2800人、教職員200人が常に君たちの後ろにいて、応援していることを忘れないように言いました。

 話しが飛び恐縮ですが、学園高校生で、水泳で兵庫県大会、水泳50m自由形で2位の選手が近畿大会に出場します。この生徒は100mにも出ますが記録は53秒。興味があって過去のオリンピック記録を見るとメキシコ五輪の優勝記録が52秒2で頑張れば優勝です。私が熱中したメルボルン、ローマ、東京五輪などでは驚異的な記録になります。すごいものです。

 あらためて雲雀丘学園の選手の健闘を祈念するとともに、残念ながら出場できなかった生徒には次のことを伝えたいと思います。人生はあらゆる機会や立場を通して勉強です。すべてが経験になり将来に蓄積されます。この気持ちを忘れず、この梅雨空を吹き飛ばしていきましょう。

2016年06月24日

挑め! 燃えろ! 雲雀っ子!

 sDSC01974.jpgsDSC01979.jpg
 先週、6月20日(月)、作家伊集院静さんが本学園の鳥井理事長と雲雀丘学園にお越しになりました。一昨日の日本経済新聞に掲載されていましたが、伊集院さんはこのほど、同紙に7月1日から、連載小説「琥珀の夢」を書かれるとのこと、その取材で学園に来られたのでした。「琥珀の夢」は鳥井信治郎が主人公、雲雀丘学園の創立者であり、サントリーの創業者です。

 伊集院さんは最初、学園の東隣にある鳥井信治郎の当時の住居を見学されました。ここは今は迎賓館と呼ばれていますが、戦後、鳥井信治郎が住居とともに、色々なお客様をお招きする際に使った館です。応接室には重厚な暖炉があり、スコットランドを思わせる数々の調度品が備えられています。光りが射しこむステンドグラスも麦やぶどうをデザインしたもので、日本でのウイスキーやワインの先駆けの人を彷彿させるものでした。晩年になり、ここから隣の雲雀丘幼稚園に下りて行っては、椅子に座りながら園児の顔をにこにこしながら眺めていたといいます。

 伊集院さんは、学園では60ホールのジオラマをご覧になりました。これは昭和25年に小学校が開園しましたが、その時の最初の先生方と鳥井信治郎が記念写真におさまる様子をジオラマにしたものです。次いで記念講堂です。鳥井信治郎は自分の銅像を作ることに反対しますが、亡くなったあと、創立10周年を記念して作られた銅像や、初代理事長としての掲げられた肖像画を興味深く見ておられました。

 伊集院さんは鳥井信治郎を「類い稀な発想と創造力を持つ一人の商人の生涯を描くことに挑む」とお話でした。さらに「明治人のチャレンジ精神と、彼のハイカラなセンスを今の日本人にぜひ読んで貰いたい」とのことでした。作品では松下幸之助との出会いもあるそうです。

 雲雀丘学園の創立者の生涯が日経新聞に連載されます。鳥井信治郎の「孝道・親孝行な人はどんなことでも立派にできます」は今も脈々と雲雀丘学園に受け継がれています。そして何よりも鳥井信治郎の「やってみなはれ!」精神は雲雀丘学園の生徒に、というより日本人全体が持ち合わせねばならない心意気です。
IMG_0630.JPGIMG_0631.JPG

 私は伊集院さんに揮毫をお願いしました。それがタイトルの「挑め 燃えろ 雲雀っ子」です。連載を読んでその源流を探りたいと思います。

2016年06月23日

自然の中に飛び込んで-高2修学旅行

 IMG_2740.jpg IMG_2745.jpg
先週、高校2年生の修学旅行「北海道の旅」が実施されました。雲雀丘学園の高2の修学旅行は農業体験、自然体験が中心です。その中で自然環境の尊さ、大切さを学びます。生徒293名は日頃の都会の生活から、まさに大自然の中に飛び込んでいきます。場所は「星野リゾート・トマム」がある占冠村(しむかっぷ)です。北海道のほぼ中央にあり、面積は宝塚市の6倍弱ですが、人口は1200名の村です。

 この村で生徒は5班に分かれ、「エゾシカの保護管理に学ぶ」「森の民アイヌに倣う」などの環境についての体験学習に臨みます。「源流から海へ」のチームは、占冠村を水源とする「鵡川」を、太平洋にそそぐ河口まで7時間をかけて下りました。私は「森の声を聞く」に参加し、生徒と一緒になって、森の中で草取りから植樹、更には枝打ち、間伐など実際に森林で使われる道具を使っての作業に取り組みました。危険も伴うので指導を受ける生徒の表情も真剣そのもの、最初は尻込みする生徒も最後には積極的にチェーンソーを使っての枝打ち作業に打ち込んでいました。ここは毎年、雲雀丘学園の生徒が植樹をしており、年どしの植樹が成長した姿を見せ、「雲雀丘学園の森」と名付けられています。

 午後は「ラフティング」です。ラフトボート(大きなゴムボート)を使用して川下りを行うスポーツです。ボートには厳しいトレーニングを積んだリバーガイドが同乗し、ボートの舵取りを行い、同乗した生徒とともに岩をよけ、激しい落ち込みを安全にクリアし、ゴールを目指します。生徒はドライスーツ、ヘルメット、ライフジャケットなどで完全防御の姿勢で挑戦です。大きな落差や急なカーブのところに差し掛かると、大きな波しぶきが生徒を襲います。歓声が上がります。生徒はボートの中に身をひそめますがそれでも全身ずぶ濡れ。比較的流れが緩いところでは、水温9度の流れに任せて泳いだり、浮かんだりもしました。

 修学旅行は翌日からはここから北に向かい、富良野、美瑛を経て深川市を中心とする農家に3~4人ずつの生徒が2日間宿泊し、農業体験を積みます。以降の生徒の農業体験については機会を見てまた書きたいと思います。北海道で得た体験を今後の学校生活、ひいては人生に生かしてほしいと願っています。

訪問者数

2006/7/21から