2016年06月30日

梅雨空を吹き飛ばせ!

P1100478.JPG P1100483.JPG
004.jpg 006.jpg
うっとうしい天気が続きます。今年の梅雨は例年以上の雨が降り、特に九州では大きな被害が出ています。熊本地震で震度7の激震で最も被害の大きかった益城町が、今年の梅雨でも最大の雨量を記録して大きな被害が出ており、申し訳ない気持ちになります。

 学園の正面の入り口に朝顔の鉢がたくさん並んでいます。梅雨空に負けじと大輪をいくつもつけています。この朝顔は学園小学校の1年生が育てたものです。道理で、元気いっぱいに競うかのように咲いているのでしょう。

 昨日、中学校部活激励会が開かれました。これから中学校のクラブ活動では夏の大会が始まり、雲雀丘学園中学校も多くのチームが出場します。体育クラブのみならず文化クラブもです。クラブの代表者が大会にかける決意を語りました。どのチームも顧問の先生や先輩など、お世話になった方々にご恩返しする、3年間の総仕上げとして戦う、後輩にいいチームとして引き継ぐなど、それぞれ正直な気持ちを披露しました。

 私は雲雀丘学園の名誉と誇りにかけて、全力を尽くして栄冠を勝ち取れと激励。合わせて勝つことよりもっと大切なことがあるとして、全力を尽くしたか、挨拶や礼儀などきちっとやったかなど、雲雀丘学園生徒としてスポーツマンとして恥じない行動をとることを要求しました。そして学園の生徒、児童、園児2800人、教職員200人が常に君たちの後ろにいて、応援していることを忘れないように言いました。

 話しが飛び恐縮ですが、学園高校生で、水泳で兵庫県大会、水泳50m自由形で2位の選手が近畿大会に出場します。この生徒は100mにも出ますが記録は53秒。興味があって過去のオリンピック記録を見るとメキシコ五輪の優勝記録が52秒2で頑張れば優勝です。私が熱中したメルボルン、ローマ、東京五輪などでは驚異的な記録になります。すごいものです。

 あらためて雲雀丘学園の選手の健闘を祈念するとともに、残念ながら出場できなかった生徒には次のことを伝えたいと思います。人生はあらゆる機会や立場を通して勉強です。すべてが経験になり将来に蓄積されます。この気持ちを忘れず、この梅雨空を吹き飛ばしていきましょう。

2016年06月24日

挑め! 燃えろ! 雲雀っ子!

 sDSC01974.jpgsDSC01979.jpg
 先週、6月20日(月)、作家伊集院静さんが本学園の鳥井理事長と雲雀丘学園にお越しになりました。一昨日の日本経済新聞に掲載されていましたが、伊集院さんはこのほど、同紙に7月1日から、連載小説「琥珀の夢」を書かれるとのこと、その取材で学園に来られたのでした。「琥珀の夢」は鳥井信治郎が主人公、雲雀丘学園の創立者であり、サントリーの創業者です。

 伊集院さんは最初、学園の東隣にある鳥井信治郎の当時の住居を見学されました。ここは今は迎賓館と呼ばれていますが、戦後、鳥井信治郎が住居とともに、色々なお客様をお招きする際に使った館です。応接室には重厚な暖炉があり、スコットランドを思わせる数々の調度品が備えられています。光りが射しこむステンドグラスも麦やぶどうをデザインしたもので、日本でのウイスキーやワインの先駆けの人を彷彿させるものでした。晩年になり、ここから隣の雲雀丘幼稚園に下りて行っては、椅子に座りながら園児の顔をにこにこしながら眺めていたといいます。

 伊集院さんは、学園では60ホールのジオラマをご覧になりました。これは昭和25年に小学校が開園しましたが、その時の最初の先生方と鳥井信治郎が記念写真におさまる様子をジオラマにしたものです。次いで記念講堂です。鳥井信治郎は自分の銅像を作ることに反対しますが、亡くなったあと、創立10周年を記念して作られた銅像や、初代理事長としての掲げられた肖像画を興味深く見ておられました。

 伊集院さんは鳥井信治郎を「類い稀な発想と創造力を持つ一人の商人の生涯を描くことに挑む」とお話でした。さらに「明治人のチャレンジ精神と、彼のハイカラなセンスを今の日本人にぜひ読んで貰いたい」とのことでした。作品では松下幸之助との出会いもあるそうです。

 雲雀丘学園の創立者の生涯が日経新聞に連載されます。鳥井信治郎の「孝道・親孝行な人はどんなことでも立派にできます」は今も脈々と雲雀丘学園に受け継がれています。そして何よりも鳥井信治郎の「やってみなはれ!」精神は雲雀丘学園の生徒に、というより日本人全体が持ち合わせねばならない心意気です。
IMG_0630.JPGIMG_0631.JPG

 私は伊集院さんに揮毫をお願いしました。それがタイトルの「挑め 燃えろ 雲雀っ子」です。連載を読んでその源流を探りたいと思います。

2016年06月23日

自然の中に飛び込んで-高2修学旅行

 IMG_2740.jpg IMG_2745.jpg
先週、高校2年生の修学旅行「北海道の旅」が実施されました。雲雀丘学園の高2の修学旅行は農業体験、自然体験が中心です。その中で自然環境の尊さ、大切さを学びます。生徒293名は日頃の都会の生活から、まさに大自然の中に飛び込んでいきます。場所は「星野リゾート・トマム」がある占冠村(しむかっぷ)です。北海道のほぼ中央にあり、面積は宝塚市の6倍弱ですが、人口は1200名の村です。

 この村で生徒は5班に分かれ、「エゾシカの保護管理に学ぶ」「森の民アイヌに倣う」などの環境についての体験学習に臨みます。「源流から海へ」のチームは、占冠村を水源とする「鵡川」を、太平洋にそそぐ河口まで7時間をかけて下りました。私は「森の声を聞く」に参加し、生徒と一緒になって、森の中で草取りから植樹、更には枝打ち、間伐など実際に森林で使われる道具を使っての作業に取り組みました。危険も伴うので指導を受ける生徒の表情も真剣そのもの、最初は尻込みする生徒も最後には積極的にチェーンソーを使っての枝打ち作業に打ち込んでいました。ここは毎年、雲雀丘学園の生徒が植樹をしており、年どしの植樹が成長した姿を見せ、「雲雀丘学園の森」と名付けられています。

 午後は「ラフティング」です。ラフトボート(大きなゴムボート)を使用して川下りを行うスポーツです。ボートには厳しいトレーニングを積んだリバーガイドが同乗し、ボートの舵取りを行い、同乗した生徒とともに岩をよけ、激しい落ち込みを安全にクリアし、ゴールを目指します。生徒はドライスーツ、ヘルメット、ライフジャケットなどで完全防御の姿勢で挑戦です。大きな落差や急なカーブのところに差し掛かると、大きな波しぶきが生徒を襲います。歓声が上がります。生徒はボートの中に身をひそめますがそれでも全身ずぶ濡れ。比較的流れが緩いところでは、水温9度の流れに任せて泳いだり、浮かんだりもしました。

 修学旅行は翌日からはここから北に向かい、富良野、美瑛を経て深川市を中心とする農家に3~4人ずつの生徒が2日間宿泊し、農業体験を積みます。以降の生徒の農業体験については機会を見てまた書きたいと思います。北海道で得た体験を今後の学校生活、ひいては人生に生かしてほしいと願っています。

2016年06月13日

週末、いろいろ

IMG_0610.JPG
IMG_0616.JPG
IMG_0628.JPG

 高校校舎前の朝顔が咲き始めました。朝顔は地に這っていて、紫色の大輪が生き生きと朝日に輝いています。朝、始業時前、実習生11名が挨拶に来てくれました。彼らは雲雀丘学園を卒業し、現在、大学の3・4年生と大学院生。ほとんどが来年4月から教壇に立ちます。本校で2~3週間の実習を行い、6/11(土)が最終日になりました。充実した実習だったようで笑顔が一杯でした。「燃えるような授業を行ってほしい。君たちの一言が生徒の心に火をつける」と中高等学校の初代校長、板倉操平先生の言葉をお借りし激励しました。

 今日、スウェーデンの留学生マルちゃん(通称)が帰国します。1年間、雲雀丘学園の高校2年生として過ごしました。明るく誰とでも仲良く、学園の人気者になっていました。昨日が学園での最後の日とあって、みんなから引っ張りだこ、分刻みのスケジュールです。私のところにも挨拶に来てくれました。なんと浴衣姿です。先生から特別に指導してもらって、本来なら授業では半年かかるところを、一か月で作り上げました。日本語も話せるようになりました。ただし、会話の間に「ほんま、ほんま」が入る大阪弁です。「大阪弁を忘れたらあかんで」とマルちゃんにも激励しました。

 午後からは高校1年生と中学2年生の学年懇談会がありました。中2は中だるみが懸念される学年です。残念ながら全体としては学習時間が減る傾向にあります。幸い今年の中2は学習にも、部活にも順調に育っています。ぜひこの流れを確かなものにして、3年生につなげたいものです。
 高1は「挑戦」が学年の方針としても掲げられました。この夏休みはあらゆることに挑戦し、自分の可能性を発見する「挑戦の期間」となりました。偏差値で自分の将来を決めるものではない。あくまで自分として何をやりたいか、何で世の中に貢献できるかが、進路を決めていくうえでの要諦です。

 両学年とも、私の挨拶の中で「私の挑戦」のいくつかを保護者に紹介しました。生徒がどんな「私の挑戦」を書いて校長に提出しているかを、実感していただくためです。挑戦、すなわちチャレンジ精神が、今後生きていくうえで極めて大切であることを保護者にお話ししました。「私の挑戦」を通して、生徒が挑戦することの大切さを体得してくれたらありがたいことです。

2016年06月07日

大学入試に向けて。高3学年懇談会

IMG_0591.JPG IMG_0592.JPG
IMG_0593.JPG IMG_0595.JPG

 先週4日、近畿地方が梅雨入りになったとの発表がありました。梅雨入りは、桜の開花宣言と違って、あっけないタイミングのように思います。いづれにしても、これから一月余りは天候不順の日が続きます。お体には十分にご留意願いたいと思います。

 先月5月28日には高校3年生の学年懇談会が開催されました。高3は、来年の大学入試を控え、学園での最後の年を迎えることになります。高校3年生の学級担任8名、学年担任4名にとっては両こぶしを握りしめ、出陣の力がみなぎるときです。すでに学年団からは様々な今年の取り組みが始まっています。

 一つは自習室の充実です。平日は夜の8時まで、日曜は朝9時から夕方4時まで、職員室の前の二つの教室が、生徒の自習室として使うことができるようになりました。友人と一緒に勉強するほうがはかどる生徒がいます。過去から要望がありましたが今年の学年団が実現しました。

 もう一つが「リクエスト面談」です。担任の先生が仲立ちして、生徒の希望の先生に面談できます。進路相談、日頃の学習相談など気軽に先生と相談できるようになります。「チャレンジャブルな学年の姿勢がチャレンジャブルな生徒を育てる!」との言葉が学年団からありましたが、こうした先生方の意気込みが生徒を動かすものと思います。事実、新BTゼミ(ブレークスルーゼミ)では55講座に1321名の受講生が集まりました。生徒も先生方の熱意に応えて大いに燃えてほしいと思います

 ところで大学の卒業者は約55万人。そのうち更に進学する人と就職する人の合計が48万人。とすると7万人が就職できない人であり、なかには大学を再度受験する人もありで厳しい状況にあります。大事なことは大学後のことをしっかり見据え、進路を考えていかねばならないということです。

 しっかりと生徒、保護者と先生がしっかりと話し合って、冷静に現状の認識を合わせておくこと、そして今後どのように進めていくかを決め、意思疎通を十分に図っていくことが大切かと思います。


2016年05月26日

大切な学年を乗り切ろう 中3・高2学年懇談会開催

IMG_0580.JPG IMG_0587.JPG
 ここ1週間ほど暑い日が続き、北海道でも真夏日を観測しました。今年の夏は暑い日が予想されています。過日、高校校舎の前の花壇のひまわりの苗が30cmくらいになり、大きくなってきたので、少し間隔をあける植え替えをしました。理科の先生とやったのですが、7月になれば大きく成長して大輪になるとのこと、楽しみにしたいと思います。

 体育大会が終わり、今週からは中間考査が始まりました。そして今日が最終日、生徒たちはほっと一息といったところです。早速、校庭はクラブ活動の生徒で一杯です。校長室前の廊下で女子生徒二人に出会いました。「今日は」と挨拶してくれたので挨拶を返し、「試験どうだった?」とたずねるとニコニコしながら「ダメでした。期末、がんばりまーす」とのことで、「期末テストも同じことを言わないように」と言っておきました。

 先週土曜日、中3と高2の学年懇談会がそれぞれ記念講堂で開催されました。私は両方の懇談会とも、「私の挑戦」について話しました。何人かの「私の挑戦」のシートを示しながら、挑戦内容について先生と、保護者で共有し、生徒の挑戦をサポートしていこうというものです。挑戦について周囲の関心があるのとないのでは、取り組みへの意欲が違ってきます。ぜひ挑戦目標を達成してもらいたいと思っています。

 中3は高校進学に向けて大切な学年となります。公立の中学校では、受験勉強で必死になる1年です。雲雀丘学園は中高一貫なので受験勉強がありません。その分、今までの振り返りや、高校の学習の先取りなど、6年一貫教育だからできることを実践していかねばなりません。現在、大学入試では私立の中高一貫校からの進学が伸びています。特に首都圏の大学ではその傾向が顕著です。高校入試がないので6年分の学習を5年間で終え、1年を入試対策に充てることが出来るからだといわれています。中3の重要性がご理解いただけると思います。

 高2は学年団から、あらためて高校3年間の目標、「雲雀の模範学年となる」→リーダーの育成、が示され、さらに今年度の目標として「全員が受験生へ」が提示されました。これは昨年の「全員を中学生から高校生へ」を引き継ぐものです。高校2年生は中だるみがよく指摘されますが、特に生活面と学習面で具体的な目標が掲げ、それを防止しようとしています。私は学年の方針を聴き、先生からの押し付けではなく、生徒自らが考え取り組もうとする自主性を引き出す指導をしていることを感じました。

 いずれにしても、年度初めのあわただしさが、少し落ち着いたこの時期から、期末試験までにしっかりと生活習慣、学習習慣をつけることが極めて大切です。先生とご家庭がしっかりと連絡を取りながら、この難しい大切な1年間を乗り切ってほしいと思います。

2016年05月18日

用具係に熱く。体育大会開催

IMG_5815.jpg 037.jpgsIMG_6509.jpg 011.jpg
IMG_5875.jpg IMG_5920.jpg
IMG_5952.jpg IMG_6446.jpg
IMG_6537.jpg IMG_6734.jpg
IMG_6758.jpg IMG_6934.jpg
sIMG_6546.jpg sIMG_6608.jpg

雲雀丘学園中高等学校の体育大会が5月15日(中学校)、16日(高校)に開催されました。今年は中高とも今までのクラス別対抗から団対抗で行われます。学年縦割りの編成で、中学校は4つの団、高校は8つの団が誕生しました。それぞれが団カラーを持ち、その色の団旗のもとで戦います。

団対抗を取り入れたことで体育大会の様子が大きく変わりました。まずは団ごとの競争意識の高まりです。大会は入場行進から始まりますが、生徒たちはしっかりと前を見つめ、胸を張り、手を大きく振り、整然かつ堂々と行進しました。観客席からも大きな声援と同時に行進に合わせて手拍子が出るほどでした。

更に応援が熱を帯びました。3学年が一緒になるので応援にも力が入ります、ましてや団がきちっと色分けされているので誰を応援するか、自団がどういう状況にあるのかはっきりします。華やかさも増しました。テントの前の応援も認められたので臨場感も高まりました。観客席からも団対抗の様子がよくわかったのではと思います。

今回の新しい取り組みは、楽しい思い出になる体育大会を作ろうと、生徒会が中心になり、昨年の秋から何度も話し合いを持ち、準備を進めてきました。体育科の先生方が親身になってサポートし、団対抗を取り入れるにあたっての、課題や問題点を一つひとつ解決していったことが成功の要因です。

さて今回の体育大会でうれしかったことがあります。体育大会が終了し、私は学園に戻ろうとした時です。テニスコートを出たところで保護者の方3人が、人を待つように立たれていました。私が会釈をすると声をかけられました。「素晴らしい体育大会でした。特に用具係の生徒さんが、一生懸命走っておられたのには熱くなりました」と。有難いお言葉でした。

実は私もこのことには感じていて、プログラムの最終に入っても用具係の生徒の足はゆるむことなく準備、片付けに懸命でした。プログラムの終盤でした。二人の男子生徒が競争するかのようにフィールドの東側の方に片付けにかけていきます。一人の生徒が走りながら二つのマーカーを拾い上げました。もう一人の生徒は、自分が取れなかった悔しさを笑顔で表現していました。また学園のある職員もグラウンドの東側にいましたが、女子生徒が両手にコーン2個、マーカー2個を持って全力でかけてくる姿に驚いたそうです。

全員の力で、皆が縁の下の力持ちで、協力し合って初めて体育大会は運営されるもので、一部を取り上げ、評価するのは適当でないかもしれません。しかし用具係が少なからず観客の方々に、感動をお届けしたことは記しておきたいと思います。

たくさんの写真が撮られました。しかし競技、応援の写真が大半で、用具係をはじめ、縁の下の力持ちの写真はほとんどありません。来年の体育大会は「縁の下」を撮るよう写真係にお願いしたいと思います。

2016年05月12日

1462人の「挑戦状」が届きました。

IMG_0576%E7%A7%81%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6.JPG
 4日間、雨が続いていたのですが今日は朝から快晴になりました。始業前の校庭は今週の、日曜、月曜に開催される中高の体育大会の練習で、生徒が一杯になっています。学園名物のエンカレ、大縄跳び、はたまた行進の練習に余念がありません。今年は昨年までのクラス対抗から学年縦割りの団対抗になり、それぞれが色違いの団のTシャツを着るので、練習風景も華やかになりました。対抗心も増しているかもしれません。

 さて大型連休に入る前に、私の手元に中学校512名、高校950名の「私の挑戦」が届きました。昨年始めましたが、生徒は「私はいつまでに、こんなことに挑戦します」ということを書き、私に提出します。したがって「私の挑戦」ですが私は校長への「挑戦状」だと思うようにしています。昔なら「果状」かもしれません。

 「私の挑戦」にはまず担任の先生がコメントと感想を書き込みます。そのあと私が感想と激励の言葉を書き加えます。「私の挑戦」には昨年の挑戦の振り返りもするようになっており、これも参考になります。「言いっぱなし」にならないよう、昨年の結果はどうかを確認して新しい挑戦を始めるのです。継続も良し、新しい挑戦もまた良しですが、昨年未達成の挑戦を容易に変えることは避けたいと思っています。

 挑戦内容は勉強やクラブ活動、行事に関するものが大半ですが、挨拶、友達、趣味、健康、地域など実に多彩です。私はどんなことでもいいと思います。大切なことは目的に向かって必死に取り組めるかどうかです。全力を出して挑戦したなら、達成したときの歓びも比例して大きくなります。その感動を味わってほしい。残念ながら達成しなくても、その失敗を糧に、悔しさをバネにして再チャレンジすればいいのです。

 日本は豊かな国になりました。しかし豊かさに反比例して挑戦心は失われてきていると思います。戦後日本経済の復興を支えてきたのは「よしやってやろう!」という挑戦心でした。あくなき向上の精神が世界を代表する経済大国に仕上げたのでした。明治、戦後と大きな変革を見事日本人は成し遂げてきました。そして今3度目の開国、変革を迫られています。私はいま日本に必要なものは「挑戦心」だと思います。「私の挑戦」を通して、挑戦する気持ちの大切さを生徒の心に芽生えさせ、そして大きな木に育っていくことを願っています。

2016年05月02日

連休前も忙しく

1461823849544.jpg DSC_0845.jpg
IMG_0568.JPG IMG_0574.jpg

 ハナミズキの白や薄いピンクの花が風にたなびく頃になりました。ハナミズキは日本が大正の初め、アメリカに桜を贈った時のそのお返しに、アメリカから贈られてきたものと聞きました。学園に来る途中も街路樹や庭木でよく見かけます。桜が春の訪れを告げるのならば、ハナミズキには本格的な春の始まりから初夏にかけての爽やかさ、躍動を覚えます。

 大型連休前も学園は行事や催しが目白押しです。4月28日にはPTA総会が開催されました。新役員での初めての総会です。前年度の事業・会計報告がなされ、新年度の事業計画・会計予算が承認されました。前年度の役員の方々、本当にご苦労さまでした。新しく役員・委員になっていただく方々、色々とお力添えをいただくことになりますがよろしくお願いします。私からは今年の卒業生が進学で大いに力を発揮してくれ、週刊誌上でも大きく取り上げられていること、また今年は中高合わせて500名の新入生を迎えたが、志願者数は昨年の1.5倍の難関を超えての入学であり、大切に育てたい旨を話しました。

 29日は雲雀丘学園の学園説明会をプレラ西宮で行いました。今年1回目ですが、連休初日ということもあり来場者数を心配していましたが、200名余りの保護者・生徒・児童にお越しいただき、真剣に話を聞いていただきました。私も話をしますが、一番の人気は、今年、学園卒業の大学1年生へのインタビューです。5人が駆け付けてくれました。雲雀丘学園を卒業してどうだったかを「赤裸々」(?)に語ります。ずいぶん、いいことを言ってくれたので、仕込みと思われたのではないかと心配の面もありましたが、終了後のアンケートでは「正直に話してくれて興味深かった」との声が大半でした。

 その日は学園同窓会も開催されました。雲雀丘幼稚園講堂でのギターマンドリン部の演奏会を聴いた後、懇親会が告天舎で開かれました。卒園生、恩師、先生方が大勢出席されます。卒園生はお年の方から今年の卒業生まで年代を超えて出席させます。各界で活躍されている方々ばかりで私も会話に加わり、大変勉強になりました。私は今年の進学は大変良かったが、決して受験一辺倒ではなく、伸び伸びとした穏やかな校風、伝統を守っていくことを話しました。

 連休明けの体育大会を控え、学園は始業前や昼休みなどは、「大縄とび」や「行進」の練習で生徒の歓声が沸き上がっています。今年の体育大会はチーム編成や行進などで、新機軸を発揮すべく体育科の先生がいろいろ工夫をされているようです。保護者の皆様には楽しみにご来場願いたいと思います。

2016年04月19日

感動三つ、これぞ雲雀丘

IMG_0516.JPG
校庭の大銀杏も新緑の装いを始めてきました。芝生も青さを増してきました。新高校1年生の「オリエンテーション合宿」、新中学校1年生の「自然学舎」宿泊研修を終えたばかりの生徒もまじって、校庭の昼休みはバレーボールやドッジボールに興じる生徒の声が飛びかっています。

 先週金曜日、こんなことがありました。朝の1限目の授業が始まるので、ある理科の先生が実験器具の試験管やフラスコをトレーに乗せて階段を下りてきました。その時、下の方から階段を上ってくる女の先生と出くわすことになりました。体を避けようとしたところ、誤って試験管数本を落としてしまい、階段にガラスの破片が飛び散りました。危ないのですぐに掃除に取りかかりました。

 ちょうどその時「先生は早く授業に行ってください。私がやります」と言いながら掃除の役を買って出たのが用務員の方でした。理科の先生は人任せにはできないと思いながらも、すぐに授業開始のベルが鳴るので「ごめんなさい。申し訳ない」と言いながら教室に走りました。心で手を合わせていました。用務員さんは一つ下のフロアにいましたが、かすかにガラスが割れる音を聞き駆けつけて来たそうです。そして、ほうきと掃除機できれいにあとかたづけをしました。

 次に理科の先生です。始業にはぎりぎり間に合いませんでした。生徒に遅刻をわびたあと、こんなことを言いました。「雲雀丘はすごい学校。君たちは幸せです。感激した。授業を大切にしなさいという心がみんなに行きわたっている」と言って出来事の経緯を説明しました。そして「もとはと言えば私の不注意。しかし申し訳ないという気持ちより、今は心は高ぶり、皆に一生懸命教えなければという気持ちでいっぱいです」と話しました。

 生徒は静かに先生の話を聞いていましたが、やがて自然と拍手がわき起こりました。今日の実験は都合で化学教室を使えず、通常の教室に実験器具を持ち込んでの授業でした。昨今は手間と時間のかかる実験を避ける学校が多いように聞きます。先生はどうしても実験で鮮やかに色が変わる過程を生徒に見せてやりたかったそうです。

 雲雀丘学園の目指す教育がここにあります。

訪問者数

2006/7/21から