学校ブログ

中2学年だより

型を真似る、距離を学ぶ

2019/06/12

お昼間に雨が降るかもという予報でしたが、カラッと晴れて良い天気でしたね。いよいよ、本格的に暑くなってきました。

さて今日は、久しぶりに中学生徒集会が行われました。中学生のみの集会ですので、中2がちょうど中央にきます。

全体の軸となる位置です。素早く並べましたね。これからも大切にしてください。賞状伝達があり、生徒会委員からの連絡、校長先生のお話と続きました。委員からは、自習室付近は静かに移動すること、制服の下には白のインナーを着用し、色物は着ないことなどの注意がありました。今一度、気を付けましょう。

校長先生からは、最近の授業のこと、中間考査のこと、学習のことについてお話をいただきました。特に学習については、もっともっと努力しようというのは大切だけれど、その方法に自信がない人はまず、他人の真似をしてみようということでした。「学ぶ」という言葉の由来は「真似ぶ」だという説もあります。手本となる人の真似をし、そこから吸収していくということも大切ですね。近くにいる友だち、先輩、先生方。いろんな方の真似をして、自分なりの型を作っていくのもいいかもしれません。

その後のHRと道徳の授業では、文化祭のことや友達と情報モラルのことについて話し合いました。

各クラス文化祭に向けて動き始めました。まだまだ相談段階ですが、今後どうなっていくか楽しみですね。道徳での話し合いでは友達との関係やメッセージアプリの使い方などを考えました。66期生が始まって一年が経ち、二年目がスタートした今、改めて友達とは何か、どのような存在なのかということを考えました。心身ともに発達途中の中学2年生です。一くくりに「友達」とは言っても、捉え方や感覚がそれぞれ違うものです。そこからすれ違いが起こっていくことも少なくはありません。それでも、そこから少しずつ人とのつながり方を学んでいってくれればと思います。


~本日の配布物~

・ミニたからづか中高生スタッフ募集について

pagetop