学校ブログ

高2学年通信(66期生)

心に住まうもの

2020/09/20

今日から3連休が始まっていますが、皆さんどう過ごしているでしょう。いろいろと課題も出ていると思いますし、ゆっくり取り組んでください。昨日も書いていましたが、中間考査まで3週間でもあります。こういう時に、復習を始めていってください。

さて、今日は中学オープンスクールがありました。例年のように、校舎を案内したりクラブを体験したりということはありませんが、人数を絞って、授業体験や説明会を行っています。その説明会の方で、66期生が活躍してくれました。

司会や在校生インタビューなど、説明会に来られた保護者の方の前に立って、いろいろと話してくれていました。先輩として、後輩に向けていろんなことを発信する側になったのだなあと感じます。スポーツフェスでも、後輩たちにいろいろと声をかけ、頼りになるお兄さんお姉さんとして引っ張ってほしいところです。休日なのに、お疲れ様でした。

では、いつもより早いスタートです。本日の日めくりカレンダーです。

家庭によるでしょうが、動物と一緒に暮らしているという人もいるでしょう。犬や猫、鳥とか魚とか、いろんな生き物が考えられますが、皆さんはその存在について、どんな気持ちを抱いているでしょうか。長く一緒に暮らしていると、家族の一員のような気持ちになってきますよね。近くに「生きている存在」がいるということは、そんなふうに、自然と愛着という心を育むのかもしれません。だから、馴染みのある風景とか、自然とか、家とか、故郷とか、友達などにも、身内に近い愛着が生まれるのかもしれません。きっとそれらは、皆さんの心に住んでいるものでしょうから。動物であっても、そうでなくても、皆さんの周りにある「家族」と呼べるものは何でしょう。

pagetop