学校ブログ

高2学年通信(66期生)

曲がってなんぼ

2020/10/19

曇天からのスタートになりましたね。朝晩の気温が随分低くなりましたが、皆さん体調を崩したりしていないでしょうか。気をつけてください。

テストが終わって通常の授業とはなったものの、先週もお伝えした通り、今週はなかなか忙しい一週間です。木曜日に中学総合学力調査、金曜日に漢字検定、土曜日は臨時休業です。終盤が大変ですが、頑張ってください。テストも返却されてきていますので、しっかり見直しをしておいてくださいね。

そんな忙しい中ですが、今日は新たな会合が開かれていました。

今回のメンバーは卒業アルバム委員の皆さんです。中学卒業まであと半年。気づけばすぐそこまできています。自分たちの卒業アルバムをどうするのか、今日は写真店の方から説明を受けました。これから、編集に向けて動き出していくことになります。忙しい中ですが、よろしくお願いします。良いアルバムが出来上がることを期待しています。

どんよりした始まりですが、今週も元気にいきましょう!まずは、昨日の日めくりカレンダー。

何の出来事も起こらない日々なんてありません。成功であれ、失敗であれ、毎日何かしらを経験して過ごしています。若いうちはいろんなことが初挑戦です。失敗することが多いから、成功した時の「できた」が大きく感じられることでしょう。いろんなことが成功するようになるにつれて、「できた」の数が減り、いつしか挑戦ということをしなくなっていくものなのかもしれません。いくつになっても、挑戦することはあるはず。次は何が「できた」になるでしょうか。

もう一つ、本日の日めくりカレンダーです。

一度曲がった釘を元に戻そうとすると、折れてしまうことがあります。無理に矯正しようとしても、上手くいかないこともあるものなのですね。打つ人の打ち方によって釘が曲がってしまうという点を考えれば、そもそも打つ側の注意も必要なわけですが、曲がった釘は曲がったまま、それが使えるところで使ってあげるのが良いのでしょう。必ず、丁度良く使われうる場面はあるはずです。曲がり方も釘それぞれ。個性はそれぞれということですね。曲がることは仕方ないことであっても、悪いこととは限りません。心までは、曲がってしまわないように気をつけてください。

pagetop