学校ブログ

高2学年通信(66期生)

関係を超えた関係

2022/02/14

また一週間が始まりました。今週と来週は対面でのフル授業ですね。これはこれで疲れるかと思いますが、頑張りましょう。

学年末考査まで、2週間となっています。この土日から、対策は始められましたか?学期末考査ですので、保健や情報の試験もあります。内容も多く難しいでしょうし、早めにじっくり対策をとりましょう。これが高1最後の試験ですね。期待しています。

さて、今週末には検定が重なっています。どちらも希望者ですが、英検の2次試験と数検があります。数検に向けては、学年でも対策講座が行われていました。成果が発揮できることを祈ります。英検の2次対策は、今週いっぱいイングリッシュゾーンを開いてくれるとのことです。放課後になりますが、ネイティブの先生方と会話の練習ができます。要予約ですので、希望者はお早めに。また、申込者は駿台模試もありますね。忙しく立て込んでいますが、せっかくチャレンジしようと思って申し込んだものです。それぞれ、頑張ってくださいね!

では、本日の日めくりカレンダーはこちら。

人と人の関係性が切り替わる時というのは、どのような時でしょうか。同じ場所や会社で勤めることになれば同僚になるし、チームに参加すればチームメイトや先輩後輩になるし、告白して受け入れられれば恋人になるし、婚姻届けを出せば夫婦になります。ある程度関係性が切り替わるのがハッキリしている場面もあれば、線引きのはっきりしていないこともありますね。皆さんなら、どんな具合で関係性を決めるでしょうか。

学校に在籍している限りでは、皆さんと私たちは先生と生徒という関係性です。どんなに親しい気持ちを抱いていても、友だちにはなれません。そこにはけじめをつけなければなりませんからね。でも、その関係性くらい信頼しあえるようになることはできます。他の場面でもきっと同じでしょう。完全にフラットな関係になることはできなくても、強く心で結びついてお互いに信頼し合える関係にはなれるかもしれません。明確な関係性自体も大切な時はありますが、そこにある心のやり取りがより大切であることを忘れないようにしたいですね。

pagetop