学校ブログ

中1学年だより

不安や恐れとともに

2020/07/10

「期末考査が不安です」

最近、皆さんからよく聞く言葉です。

まず伝えたいのは、不安や恐れをもつのは当然だということ。

中学生になってから初めての考査です。10科目もある。範囲も多い。しかも今年は長い間休校でした。不安や恐れを感じるのは当然のことです。(むしろ「少しも不安がない」という人の方がこちらは心配です)

ある小説のなかに「困難は分割せよ」という言葉が出てきます。現実として困難な場面に直面したとき、人はその困難さを前にして、ただ不安や恐れを感じて、為す術がなくなることがあります。皆さんも期末考査を前に、ただ何となく不安を感じてはいませんか。

そうではなく、困難を分割するのです。自分のなかの問題を切り分けて、ひとつひとつ対処していくのです。何が最も不安な科目なのか。苦手意識だけで避けている科目はないか。最低限やらなければいけないのは何なのか。そうした問題をぜんぶひっくるめてとらえてしまうと、対処法も何もありません。考査範囲一覧に各教科の先生からのアドバイスを載せています。そちらをしっかりと読んでください。

不安や恐れが完全に消えることはまずありませんが、その不安や恐れとの付き合い方を学んでいくのも、勉強の一つだと思ってください。

pagetop