メイン

2018年09月03日

~Kids were very excited to join Sarah sensei's science world!~

20171213-0.jpg
 猛暑と台風の相次ぐ中GKSの「特別プログラム」は終わりました。
今回はTheme inquiryのクラフトの英語体験学習を振り返ってみます。
第1タームのテーマは“Math&Art”、第2タームは"Love the Earth”、第3タームは“Arts&Nature”、第4タームは“Science is fun”、第5タームは“Transportation”、第6タームは“Ocean life”がテーマでした。いずれのタームにおいてもみんなは、すぐさま没頭し、その世界に溶け込んでいました。作る歓びを感じながら「英語で科学!」「英語で海の中!」「英語で自然!」を目いっぱい楽しんでいました。
 セイラ先生は、準備段階からとてもActiveでした。例えば、第2ターム“Love the Earth”では、自ら「告天舎」の庭に出て土を集め コケを見つけ小さな草木を用意しました。それを 上下半分にしたペットボトルの中に入れながら先生は 「エコシステム」のお話をされました。その上下をセロテープでつなぎ合わせて出来上がりです。今、私の机上にはその「完成品」があります。中の緑の葉っぱは今日も生きています。それは小さな「植物園」のようです。
20180903-1.jpg
第4ターム中の午後にも 私にとって興味深いレッスンがありました。 まさしくみんなが「英語で科学!」を楽しんでいる時間でした。それは次の通りです。
セイラ先生が まずみんなに説明。
20180903-2.jpg
紙でラッパを作り、その底にストローを差し込みテープで固定する。
20180903-3.jpg
銀紙を丸めた小球2~3個をラッパの皿に入れストローを吹くと小球が皿の中で飛び跳ねる。みんな自分の作品を手にして誇らしげでした。ラッパを吹きながらセイラ先生の周りを踊っていました。
20180903-4.jpg
オバケのように長くて大きなシャボン玉(ジャンボスネーク)でも遊びました。
20180903-5.jpg
私には モリアオガエルの卵のようにも見えます。
20180903-6.jpg
全てのタームをみんな存分に楽しんでくれたことでしょう。 
全レッスンを通じて 私の耳に一番残るのは、セイラ先生が繰り返し発する “Please think!”でした。安易に「どうしたらいいの?」と聞く前に「まず、自分で考えてみて!」、つまり“Think by yourself”を求め続けられました。終始HotでActiveなレッスンを展開されたセイラ先生の一貫した姿勢には感服しました。
最後に、お子様にこの「プログラム」受講を促して頂いたお家の皆様に心より感謝し、御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
(GKS塾長 高家正和)

2018年08月27日

Kids had a happy cooking time at GKS.~special summer program~

20171213-0.jpg
 この「夏休み特別プログラム」は「朝9時からお昼過ぎまで」の開講で 学園小学校1・2年生が受講しています。第1ターム(7/24・7/25)~第6ターム(8/23・8/24)まで12日間開講のプログラムです。毎回定員いっぱいで 学校の授業とは違った内容のレッスンを楽しんでいます。
このプログラムは、Circle time、Phonics/Reading、Cooking、Theme inquiry
そして 国語学習の5つのパーツに分かれています。国語学習は先にご報告した通りです。
今回は このプログラムの中でも特別にぎやかで楽しそうなCookingの時間を報告します。
この時間は、英語を使ってクッキングをします。自分たちで作ったものをみんなでお昼に食べる。そしてレッスンの終わりに食べるクッキーも作る。ワイワイ言いながらも先生の英語での説明を聞きながら料理を作る。みんなクッキングの面白さに引き込まれ、夢中になっている。そのエプロン姿は かわいくもあり、微笑ましくもあり、逞しさすら感じるものです。
そこには食育と英語が融合した世界があり、みんな得難い体験が出来ているようです。
このプログラムでは Sandwich、Curry, Hotdog/Spaghettiなどに日替わりでチャレンジします。 “Some more please♪”が相次ぎ 多めに作っていたはずの鍋が空っぽになった日には 担当の和田先生がちょっと慌てていました。
ニンジンのすり下ろしを始めて直ぐ、ティム先生の“Push!Push!”と言う大声が聞こえてきました。「すり下ろす!」のに “Push!”は変?と思った私は セイラ先生に訊ねました。セイラ曰く「下ろし金ですりおろす」は“Grate!”だが ティムはニンジンをGrateするときは 「引く(Pull)」のではなく「押せ(Push)」と声をかけていた、と教えてくれました。(なるほど!と思いました)
メニューがSpaghettiの日も“Give me some more!”が続き、売り切れが心配でヒヤヒヤでした。いずれのCookingも愉しく作り みんなで にぎやかにモリモリ食べていました。 ※掲載の写真は Curryの日の様子を写したものです。

20180827-1.jpg20180827-2.jpg

20180827-3.jpg

(GKS塾長 高家正和)

2018年08月21日

この夏は「俳句つくり」と「なりきりさくぶん」に挑戦しました!(小学校GKS)

20180821-0.jpg
 小学校は 7月23日(月)から夏休みに入りました。
GKS(告天舎)は、7月24日の第1タームから8月24日の第6タームまで朝9時から3時まで「夏休み特別プログラム」が始まっています。
GKS通常クラスも お盆の週を除いて 2時半からの通常レッスンが開講されています。酷暑などの気象条件には恵まれないこの時季ですが皆さん元気に登校してGKSを楽しんでくれています。
  「夏休み特別プログラム」のひとつには、『俳句作り』があります。
最初はとまどっていた子どもたちも、五・七・五からなることばのおもしろさにひかれたようです。考えているうちに、次々とことばがでてきて、なるほどと思う作品ができあがりました。
 この夏休みに子供たちが実際につくった俳句作品を 写真に撮りましたので ご紹介します。

20180821-11.jpg20180821-12.jpg
20180821-13.jpg20180821-14.jpg

また、1学期の通常レッスンの課題のひとつでは、『なりきりさくぶん』をつくりました。
『なりきりさくぶん』というのは自分が昆虫や小さな動物になったつもりで書いた作品です。(書いた子のほんとの名前は伏せて 小動物などの名前に変えています)

20180821-1.jpg

今、告天舎2階に掲示しているなりきりさくぶんの実際の作品の写真も ご紹介します。
20180821-15.jpg20180821-16.jpg

(GKS 井口圭子)

2018年06月20日

G K Sの「和の時間」

20171213-0.jpg
 雲雀丘学園内「告天舎」(こくてんしゃ)において開講したGKSも二年目に入りました。今年度、GKSは幼稚園の年長・中さん、学園小学校1・2年生を対象にレッスンをスタートさせました。
 両翼を左右に大きく広げて飛び立ったGKS(英語の翼)については前回既にご紹介しましたので、今回は もう一つの翼「日本語」「国語学習」についてご紹介いたします。
 元小学校教員(井口圭子先生)が、告天舎2階の和室でおこなうレッスンは寺子屋的で和魂英才型の塾と言えます。このレッスン「和の時間」の意義は、「グローバル化する世界で子供たちが将来にわたって活躍するためには、日本語と英語双方の語彙力や表現力が必要必須となります。自分の考えや思いを相手に正しく伝えるためには日本語を使いこなせなくてはなりません。コミュニケーションの土台である日本語の聞く・話す・読む、という力を高め、バランスよく育むことを目指すこと」に在ります。
 GKSでは英語も日本語も元気に「楽しく学べる!」をモットーにしています。
GKSで過ごす時間が、遊びのように面白い時間であったなら、 日本の文化やコトバに触れて過ごすのが、ほんとに楽しい時間であったなら、子供の柔らかい感性を通し、自然に抵抗なく、すごいスピードで彼らの頭と身体に吸い込まれていくのは全く疑う余地もありません。「カルタ」や俳句などの伝統的な文化に触れて、そこから言葉の楽しさや豊かさに気づくことを意識して学びを続けています。「ことわざ」「慣用句」「四文字熟語」などで言葉遊びをしながら、日本語の学びを広げていきます。

(先々週、こんなことがありました)
2年生のKくんが 私の顔を見つけて問い掛けきました。「先生!『「蛇ににらまれた蛙』って何のことか 知ってますか?」と。 私が「Kくんの一番コワイものはナニ?」「それはオバケ?」「コーチョーセンセ?」と問い返すと「いいえ 違います、一番怖いのは○×△です」と返ってきました。「アアそうなんや、Kくんは、〇×△の前ではコワくて動けない位なんや!」「そしたらヘビが〇×△でKくんはカエル!ってコトだね!」。   彼は「アッ、そうか そういうことか!」とナットクの顔で次の英語の部屋に向かいました。

20180620-1.jpg20180620-2.jpg

20180620-3.jpg20180620-4.jpg

【夏休みのGKS】
GKSは「夏休み特別プログラム」(12日間)を組んで朝からお昼すぎまで開講致します。それには、アクティブな英会話授業/英語でクッキングやランチを楽しむプログラムに加えて「国語学習」の時間もたっぷりとっています。この夏は、国語力の中で、特に書く力や作文する力につながる学びとして「自分の経験や読んだ本を材料にして短い文を作る」にチャレンジします。
(GKS塾長 高家正和)


20180620-5.jpg
  GKS和の時間だより

2018年01月29日

Hello from GKS!

20180129-0.jpg
 グローバルキッズイングリッシュ(またはGKS)は、雲雀丘学園の新しい放課後プログラムです。現在は幼稚園児と1年生が、日本語と日本文化の学習と同時に、英語学習にも取り組んでいます。GKSでの経験は、子どもたちが将来、調和のとれたグローバルな人材と育っていくにあたっての強固な基盤になると考えています。
 英語の授業の大きな目標は、楽しむことです。毎月、新しいテーマに基づいて、多岐に渡るトピックを学習しています。例えば、告天舎の庭にひまわりの種を蒔いて、「花とたね」について学んだり、海とそこにいる生き物について学んだりします。それぞれのトピックを通して、色や数、動物の名前など、英語の基礎を学ぶこともできます。また、同様に、歌やゲーム、紙工作や音読などを通して、簡単な文法事項に触れることにも取り組んでいます。アルファベットとフォニックスの学習も同時に進めることで、英語での「読み書き」の基礎を身につけることも目指しています。

20180129-1.jpg20180129-2.jpg

20180129-3.jpg 授業はすべて英語で進むので、どっぷりと英語につかることができます。これくらいの学齢の子どもたちは、好奇心旺盛で思考が柔らかく、適応力も高いので、新しい言語を素早く、自然に吸収します。短期間でも子どもたちは相当高い自信をつけることができました。子どもたちが覚えたこと、頭の中でつなげたこと、自分について英語で表現する様子を見ると、目を見張るものがあります。
 子どもたちの未来が楽しみでなりません。

20180129-4.jpg20180129-5.jpg

 Global Kids School, or GKS, is a new after-school program here at Hibarigaoka Gakuen that allows kindergarten and 1st grade students to go above and beyond and focus more on the Japanese language and spirit, as well as have an exposure to English from a young age. This will help give them a good foundation to be successful in their future education, allowing them to become well-rounded global citizens.
 In our English class, the main goal is to have fun! Each month we have a new theme and learn about a variety topics ranging from “flowers and seeds,” where we got to plant sunflower seeds in the garden of the Kokutensha, to learning about the ocean and different sea creatures. Through these different topics, we are able to learn the English basics- colors, numbers, and animals, for example, as well as simple grammar points through singing songs, playing games, doing crafts, and reading stories together. We also take time to learn the alphabet and phonics, building up a foundation to read and write.
 Because our class is completely in English, this really allows for an immersive experience. Children are so curious, open, and adaptable at this age and they absorb the new language quickly and naturally. Their confidence has grown so much in such a short time. It’s amazing to see the things they remember, the connections they make, and how they then use English to express their individual personalities. I look forward to see what they become in the future!

(GKS Taylor Tirronen)

2017年12月13日

What is G K S?

20171213-0.jpg いきなりGKSってあまり聞きなれない言葉が出てきました。 GKSって何でしょう。
GKSは、雲雀丘学園内にある「告天舎」において幼稚園年長さんと小学校1年生を対象に 今年4月から開講したGlobal Kids Schoolの略称です。
GKSでは自らのことを和魂英才の塾と称しています。「和魂英才」ってまた耳慣れない言葉が出てきました。その意味するところは次の通りです。
それは、この塾が専任外国人講師による「英語学習」と元小学校の先生による国語を中心とした「和の心の学習」の二つが同時に学べるというユニークさに在ります。
つまり、GKSは「英語学習」と「日本語学習」という両翼に2基の推進力を備えた双発機といえます。それが 今年離陸して大空へ舞い上がったのです。
この年齢の子供たちは、柔軟な感性と好奇心が育ち、脳力が最大化に向かう、と言われています。
 GKSはこの大切な時機をとらえ、英語を身近に感じ恥ずかしがることなく英語世界に入っていけるよう的確なサポートを行おうとしています。子供たちは、ゲーム・歌・クイズやクラフトの時間もAll Englishという中で元気に楽しく過ごしています。レッスンは子供たちの興味・集中力が続くよう用意され、楽しく遊ぶ中で単語・基本的な文法・フレーズが自然な形で身に付き、習得できるように工夫されています。

20171213-1.jpg GKSのもう一つの特色は「和の心の学習」です。これは 日本の伝統的な文化に触れながら日本語を学び、絵を見てお話を考え、本の感想を伝え合って、表現力やコミュニケーションの基礎的な力をつけようとするものです。学園の大切にする「親孝行」「挨拶」「感謝」「礼儀」「思いやり」等々に更に磨きをかけることは言うまでもありません。また、このレッスンでは 数や図形についても学びます。
 GKSは、人間力形成の成長過程で 日本語力が伴わない英語学習は、しっかりした土台の無い上に建つ家のように危ういもの、という強い思いをもって運営に臨んでいます。

20171213-2.jpg「告天舎」という純木造の建物の中で、或いは外の庭で目いっぱいの英語を学び、寺子屋の雰囲気の部屋でたっぷりと日本語を楽しみ、告天舎が「ひばりのいえ」と呼ばれるに相応しい最適の空間・環境であり続けられるよう地道な努力を続けてまいります。
(GKS塾長 高家正和)