2017年06月19日

三浦雄一郎氏

20170609.jpg
山登りをしていた人たちが、道に迷ってしまいました。「今、どこにいる?」と地図を真ん中にあれこれ相談をはじめました。しばらく協議ののち、遠くを指さしながら「わかった!今、我々はあそこの峰にいる」。

梅雨入り宣言はされたものの、今年の梅雨はいっこうに雨が降りません。空梅雨だ、何だと言われていますが、梅雨入りが遅れているだけではないのでしょうか。上の「山登りの協議」のよう思えます。

「夢いつか頂へ、80歳のエベレスト挑戦」と題し、登山家、三浦雄一郎氏の講演会(学園PTA主催)が、6月17日、学園講堂で開催されました。生徒の保護者が中心ですが、一部地元の方もお招きし、学園講堂は立って聴かれている方もおられるほど盛況でした。

三浦氏は3度の世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂に成功し、世界最高齢(80歳)での登頂記録も樹立しました。70歳、75歳とエベレストに登頂しましたが76歳の時、スキー場で大けがをします。もう復活はあり得ないと思われたのですが、エベレストへの憧憬、登頂への強い意志が驚異的な回復をもたらし、80歳の登頂をなしえたのでした。

「守りの健康から、攻める健康へ」、今でも2kgの重しを両足に、背中に10kgを背負いながら歩かれるそうです。昨晩も1kgのステーキを平らげたとお話しでした。

20170619a.jpg学園からお願いした色紙には「夢いつまでも」と書かれていました。欧米人と違って日本人は、夢ははかないものと思うようです。夢は実現するものです。三浦氏は「ほら吹き大会にならないように」と言いながらも90歳のエベレスト挑戦を話されていました。夢、強い意志と執念、学園の子供たちにもしっかりと教えていきたいと思います。(2017.6.19)

2017年06月09日

学園長に就任して

20170609.jpg
気象庁は7日、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年並みですが昨年より3日遅いようです。ここ数日、朝夕は涼しく、しのぎやすい日が続いていましたが、しばらくはうっとうしい日になるかもしれません。

「実力としては僥倖としか言いようがありません」。将棋の藤井聡太四段が6月2日に20連勝をしたあと語った言葉です。14歳、中学生です。自らを振り返ってみて、果たしてこんなことが言えたかどうか。すごいを通りこして、すごみさえ感じます。
 
この4月に学園長に就任しました。雲雀丘学園には幼稚園、小学校、中高等学校と四つの校種があります。学園は建学の精神に「孝道」を掲げていますが、この旗のもと、幼稚園から高校まで15年間を、どのように育てていくか、そのためには校種間の一貫性、継続性、蓄積性、相乗性が極めて大切だと考えています。

藤井四段のすごさは望むべくもありません。日々地道な改革を重ね、魅力ある学園づくりに取り組み、子供たち、保護者の皆さんのご支持をいただきたいと思います。(2017.6.8)

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー