2018年02月16日

「小学校説明会でお話ししました」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
昨日、今日と少し穏やかな朝を迎えました。北日本はまだまだ大雪の様子ですが、やはり春は少しずつですが近づいているように思います。平昌五輪も中盤にさしかかり、日本人選手の活躍が連日報道されています。その中で圧巻だったのがハーフパイプの平野選手とアメリカのホワイト選手の戦い。残念ながら平野選手は敗れはしましたが、まさにがっぷり四つに組んだ、どちらが勝ってもよい壮絶なゲームとなりました。平野選手は19才、相手のホワイト選手は31才、「一回り」の差があります。私は神は絶妙の采配をしたと思っています。平野選手はまだ若い、あまり早く頂上に登らせるより、もっと修行を積んで「一回り」大きくなって登頂しなさい、という配慮です。

201800216-2.jpg201800216-1.jpg 
                    (当日の資料より)


さてこの日、雲雀丘学園幼稚園では年中、年少の園児を対象に来年度の入試説明会が開かれました。学園講堂で110名あまりの保護者がお集まりになりました。例年ですと幼稚園と小学校の関係者の挨拶や説明で終了するのですが、今回は私のほうから希望して学園長として出席の皆様に少し話をさせていただきました。それは雲雀丘学園全体としてどんな生徒を育てたいと思っているのか、そのためにどんな取り組みをしようとしているのかをお伝えしたいと思ったからでした。小学校の説明会でもその後の中学校への進学の状況や、雲雀丘学園中高の現況は保護者にとって知っておきたいことだと思います。

学園として特に英語教育とICT教育に注力すること、建学の精神である「孝道」をしっかりと教えながら「人間力」ある園児、児童、生徒を育てたいとお話いたしました。(2018.2.16)

2018年02月14日

「雪は天からの手紙」~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「雪は天からの手紙」。先週の日本海側の豪雪、それがもたらした大きな被害を考えるとそうも言っておれませんが、雪の季節になると、小学校の頃、担任の先生が、窓の外のゆっくりと舞い落ちてくる雪を見ながら「手紙」の話をされていたことを思い出します。「あの雪を顕微鏡で見ると空がどんな様子かよくわかる、雪は空からの手紙なんだ」。先生の空の話に興味が尽きませんでした。

「雪は天からの手紙」といった人は北海道大学の教授だった中谷宇吉郎。「雪の結晶の研究」で文化勲章を受章しています。寺田寅彦の門下で戦前から戦後にかけてエッセイストとしても活躍した人です。

さて中谷宇吉郎ですが学生時代、匿名で奨学金を受けます。月額50円(現在およそ2万円)で3か年だったようです。戦後、中谷が有名になってから、奨学金を提供していたのはサントリーの鳥井信治郎(雲雀丘学園初代理事長)だったことがわかります。どうしても会いたいと雲雀丘の鳥井家を訪ねます。中谷が奨学金のお礼を述べ、それを何とかお返ししたい旨を鳥井信治郎に伝えると鳥井は「私は今は金も相当できて皆さんに少しばかりはお手伝いできるようになったがもとは非常に貧乏だった。しかしこの財産は自分で働いて儲けたものとは思わない。これは天から授かったものと思っている。それで君もあの学資は天から授かったものと思えばよい。返済の意思があるなら天にお返しなさい。」

201800213-1.jpg 今日(2月10日)は朝から小雨。寒さは昨日と比べると幾分和らぎました。そんな中、学園高等学校は入学試験が行われました。1000人近くの受験生が懸命に試験問題に取り組んでいます。一方雲雀丘学園幼稚園では「表現の会」が開かれ、講堂いっぱいのご家族を前に園児がこの1年の成長の姿を見せました。特に年長はこれが幼稚園最後の大舞台、歌と合奏を存分に披露してくれました。(2018.2.10)

2018年01月26日

「春近し」 ~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
 強烈な寒波が日本列島を覆いつくし、昨日今日と近畿地方も厳しい寒さに見舞われました。


20180126-2.jpg 学園長室から見える中庭の小さな池にも氷が張って朝、小学二年生の児童が傘の先で氷を割ったり、足を延ばしては氷をつついたりしていました。私も小学生のころ、朝学校に行く途中、近くの田んぼに張った氷に乗ろうと挑戦したものです。残念ながら氷は私の体重に耐えられず、運動靴の足はくるぶしまで冷たいぬかるみに沈んでしまいました。その都度母親から叱られるのですが、薄氷に乗るスリル感は忘れることはできませんでした。

 今週初めから始まった本学園伝統の柔剣道の「寒げいこも」今日が最終日。高3を除く全員が参加します。凍り付くような床板の冷たさ、吐く息の白さ、そして寒さに負けない気合の大音声。今やこの行事も雲雀丘学園の冬の風物詩となりました。卒業生にはこの寒さの中の寒げいこを心に刻んでおいてほしいと思います。

20180126-1.jpg

 やはり今週から高校入試の願書受付が始まりました。郵送の受付もありますが事務所棟の前のテントには受付の順番を待つ志願者が多く並びます。厳しい寒さが続き、時には小雪もちらつく中でした。応対の入試担当の先生からも「風邪をひかないで」の声がかかっていました。おかげさまで志願者数も前年を上回る見込みでありがたいことだと思っています。

 高校受験に限らず大学受験も月が替わると本格化します。今が一年で一番寒いとされる大寒です。しかし寒ければ寒いほど春は近いのです。まさに春隣。厳しさに耐えて春が来、花が咲きます。
 この原稿を書いているさなか、朗報が飛び込みました。わが母校、彦根東高校がセンバツに選ばれました。ここにも春が来ました。わたくし事で申し訳ありません。
(2018.1.26)

2018年01月18日

「エトヴァス・ノイエス」

20170609.jpg
この土日(1月13日、14日)、学園の中学入学試験と、大学入試センター試験が行われました。昨年は雪が降り今年も厳しい寒さが予想され心配はしていましたが、まずまずの天気で、無事入学試験を終えることができ安どしています。今年は昨年を100名以上上回る907名の受験生にお越しいただきました。有難いことです。センター試験のほうも本校の高3生、今日は登校して自己採点を行いましたが、日ごろの成果を存分に発揮してくれたと確信しています。

20180117-2.jpg 1946年ごろ、堂島の研究所長室での佐治敬三 今年初めの「学園長便り」で「日々新たに」を書きましたがそれに続く「エトヴァス・ノイエス」をお話しします。 本学園の2代目理事長佐治敬三はサントリーの2代目の社長で、創業者鳥井信治郎の次男、サントリーを大きく発展させた人です。経済人、文化人としても著名でしたがもともとは学究肌で学者になりたいと思っていました。進学した大阪大学理学部で生涯の師、有機化学の第一人者の小竹無二雄教授と出会います。

小竹教授はドイツ留学時代、師事していた博士から毎日必ず「エトヴァス・ノイエス?(何か新しいことはないか)」と尋ねられたといいます。「真理の探求に休みはない。毎日が真剣勝負と思えば“エトヴァス・ノイエス”のないわけがない」教授から聞いたこの言葉は佐治敬三の心に深く残り日々新たなものを求め、革新を目指すことは氏の一生のテーマとなりました。

「同じこと しとったらあかん」。サントリーでは年初、各部署でそのレベルに応じ方針を発表しますが前年と同じ事は言いません。いえば「去年もそんなこと言うとったな」になります。世の中はどんどん変化します。競合は負けじと次の手を仕掛けてきます。そんな中、同じこと、すなわち停滞はあり得ないのです。
成長を求めるところ、新しい発見、方法は必ず出てくるものだと思っています。(2018.1.15)

2018年01月09日

「日々に新たに」

20170609.jpg

 今年も元日は羽田空港の近く、天空橋に初日の出をお祈りに行ってきました。6時51分、羽田沖の海上から少し顔をのぞかせた太陽は、みるみる間に海上にその全体像を表しました。空は雲一つなく穏やかで、「今年は最高の初日の出」の声が多くありました。空港を離発着する飛行機のシルエットと日の出とが重なり、伝統と現代社会の光景をを見ているようでもありました。例によってわが家族の同行はありませんが、多くの善男善女の顔には新年の陽光が照り輝いていました。今年はいい年になります。

20180109-1.jpg20180109-2.jpg
20180109-3.jpg20180109-4.jpg

 「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たに」。初日の出を拝みながらこの言葉を思い出していました。私が入社したときに当時の人事部長が新入社員のひとり一人に手渡した色紙にしたためられた言葉です。マンネリになってはいけない。毎日を新しい日が始まるんだという気持ちで取り組み、常に自己の向上に努めよ、という意味だと解釈します。中国の古典「大学」に出てくる言葉だそうです。古代中国殷の時代に善政を敷いた湯王は自分が使用する洗面盤にこの言葉を書いて戒めにしたと言います。

 殷王朝は紀元前1000年以上も昔に栄えた国です。その時代に「日々新たに」を説いたのです。この言葉が生き続け今も経営者や指導者に自戒や教育・指導の言葉として使われています。まさに時代を超えて真理を表す言葉だと思います。否、今だからこそこの言葉はますます輝きを放つのではないでしょうか。世の中どんどん変わっています。今まで100年かかってきたことが今は1年で変化する時代となりました。

 「同じことをしていたらそれは停滞でなく後退している」はウォルト・ディズニーの言葉。「強いものが生き残るのではなく変化に対応できるのが生き残るのだ」はダーウィンの言葉です。このことをしっかりと肝に銘じ学園経営にあたっていかねばと思っています。
(2018.1.9)

2017年12月20日

「高3生、健康に留意してがんばれ!」

20170609.jpg
 今朝(12月19日)、NHKのニュースで追手門学院中学校の「ロボットサイエンス部」が国際ロボットコンテスト「WRO2017」で3位入賞、銅メダルを獲得したとの報道がされていました。作品は人の言葉を手話に翻訳する「翻訳ロボット」。リーダーの生徒は「両親の聴覚に障害があり、手話が使えない人でも耳の不自由な人と交流しやすくしたかった」と話していました。追手門学園は数年前からプログラミング教育に注力され、国内外の数々のコンクールで優秀な成績を収められています。雲雀丘学園としては「目指せ!追手門」です。

20171220-1.jpg20171220-2.jpg

 さてこの10月から始まった雲雀丘学園の「プログラミング体験教室」も今日が最終日、延べ8回、15教室開催し400名の園児、児童、生徒が参加しました。今日の体験教室は幼稚園年長、小学校1年生の「チャレンジコース」、小学校2・3年生の「ベーシックコース」で、全員が元気いっぱいに試行錯誤を重ねながらロボットの火星到達を目指しました。指導のプログラボの延命寺先生からは雲雀丘学園の児童は理解も早く注意をよく聞いてくれ、教えていて楽しい、との言葉。特に挨拶がよくできるとの感想はうれしい限りでした。

20171220-3.jpg20171220-4.jpg

 師走も後半になりました。明日からは幼稚園、小学校、中高と終業式が続きます。そして高校はこれからが1年で一番大変な時期を迎えます。3年生は3週間後に迫ったセンター試験に向けて正月返上で最後の追い込みに入ります。校舎全体にピーンとした空気が張り詰めます。今年は特に寒さが厳しいです。健康に留意して一番大変な時期を元気に乗り切ってほしいと願っています。(2017.12.19)

2017年12月06日

「年の瀬の一日」

20170609.jpg ローズエコーさんの年末恒例の「クリスマス・ミニコンサート」が今年も告天舎で開催されました。このコンサートの声を聞くと今年も年の瀬を迎えます。いつもながら艶のある合唱で、今年はさらにソプラノがとどろいたように思います。ローズエコーさんは雲雀丘学園のPTAがメンバーですが、中には赤ちゃんをお連れのお母さんが傍の和室でコンサートをお聞きになっておられ、微笑ましくまたうれしく思いました。この赤ちゃんが雲雀丘学園に来てくれる日がたのしみです。

20171206-1.jpg20171206-2.jpg

 校庭の大銀杏を見たくなり中高のほうに出かけたのですが、残念ながら黄葉はあらかたが散っていました。用務員さんが落ち葉を集めておられました。中高の東館から校庭にかけては目にも鮮やかな樹々4点セットがあります。まず大銀杏の黄金色、そして階段わきの楠の緑、小ぶりになりますが楠の隣の楓の真紅、そしてシンボルツリーのメタセコイアの橙。
4本同時に写真は撮れませんが、大銀杏を除く3本は同時に、そして背景には抜けるような空の碧さも一緒に、おまけに撮影時刻も添えて撮影できます。今日はそれを望んでいたのですが惜しむらくはピークが過ぎていました。

20171206-3.jpg20171206-4.jpg

 昨日今日と寒い朝になりました。すれ違う人も背が縮こまっているようです。そんな寒さを吹き飛ばしてくれるのは学園小学校の児童です。正門ですれ違うと必ず立ち止まって大きな声で丁寧に「おはようございます」と挨拶してくれます。私も負けじともっと大きな声で挨拶を返します。さらに正門を進むといつものように校長先生がニコニコとコートも着ないで生徒に挨拶されています。その先には児童会の役員や、交通部の部員が並んでたすきをかけ、専用通路を入ってくる児童や生徒に大きな声と笑顔で声がけをしています。このような日常が子供や学園の未来を作っていくのだと思います。

 ところで児童が一生懸命挨拶をしますが中高生の反応が弱いように思います。挨拶は「笑顔で、大きな声で自分から」です。中高生ともなると試験や部活、入試、その他やることがいっぱいで頭を悩ますことも多く疲れてもいます。今どきはなおさらです。しかしそんな時こそ「挨拶」です。挨拶で元気になります。挨拶が難しい時に挨拶を心掛ける。これができてこそ、社会に出て一番大切な人間力が養えるのです。(2017.12.6)

2017年12月04日

「小学校の新しい英語授業」

20170609.jpg 師走に入りました。今日から中高は期末試験が始まりました。先週末は土曜日(12月2日)に雲雀丘幼稚園は「作品展」が開催され保護者の方々が大勢、お見えになりました。雲雀丘学園の園児の絵は画用紙いっぱいに人や動物などが大きく描かれ、また色彩も実に豊かで、見ている私たちも元気になり、想像力をかきたててくれます。ホールと教室には絵のほかに粘土制作も展示され、園児は自分の作品をお父さんやお母さんと話しながら楽しく写真を撮っていました。

 昨日日曜日は中山台幼稚園の「クリスマス音楽会」が雲雀丘学園講堂で行われました。朝早くから園児のご家族の方がつぎつぎとお越しになり講堂はいっぱいになりました。合唱だけでなく演奏や、園児の指揮を執る合奏もありました。見ていると年中、年長と進級するごとに大きく成長、進歩することがよくわかります。共通するところは大きな声で、元気な動作で無心になって、力いっぱいに演じるところです。お客様の中には目頭を押さえる方もおられます。舞台への入場・退場もしっかりできていました。こういうところが大事なのです。手前味噌になりますが本園先生方の指導が行き届いているのだと思います。

20171204-1.jpg20171204-2.jpg

 さて中高の期末試験の期間を活用して、中高のネイティブの先生方の小学校への連携授業が始まりました。小学校の5・6年生を対象に行われますが初日の今日は5年虹組でした。いつもの小学校の英語の先生方2名に、中高からのスワン、カイル、キャサリンの3人の先生が加わることになって児童は大きな驚きと歓声。今日は建物の名前と、その位置関係を示す前置詞の勉強です。実に元気な明るい授業が展開されました

20171204-3.jpg20171204-4.jpg

 文部省の指導に先駆けて、雲雀丘学園小学校は来年4月から全学年、週2時間のネイティブによる、会話を中心に楽しい授業を実施します。さらに小学校と中高の英語に連続性を持たせ、小中高一貫した英語教育ができるように、英語の先生の相互乗り入れも徐々に進めていきます。保護者の皆様にも時間あれば実際の授業をぜひご覧いただきたいと思います。(2017.12.4)

2017年11月28日

「待ち遠しい春」

20170609.jpg私の常務理事室のそばを登校の児童が小学校棟に入る前に通りかかります。その子供たちと一緒に今朝はチューリップの球根を植えました。以前から子供達には大きな植木鉢を示しながら「そこに植えるぞ」と宣言していたので、ここ数日は毎日のように窓越しに「いつ植えるの?」と催促をされていたものです。事前に植木鉢の土を入れ替え、肥料を施し、球根を20個用意しあとは植えるだけにしておきました。

20171128-1.jpg快晴の朝でした。私が登校するや否や窓の外には、すでに数人の子供たちが今や遅しとばかりに、球根を植える作業を待っていました。一人一個づつ植えてもらいました。中には球根をさかさまに置く子もいました。「こりゃこりゃ、芽はどっちから出るのかな?」。植えた後はやさしく土をかぶせます。そして一つ一つ誰が植えたか印をつけました。そのあとは小さな手を合わせてお祈りです。「元気に育ちますように」。

20171128-2.jpg私もなつかしい思い出があります。小学校1年生の時でした。田舎でしたから小さな分校に通っていました。ある日のこと、担任の岡春子先生から「みんなでチューリップを植えよう!と。みんな農家でしたので家から自前の牛の堆肥をえっちらおっちら学校に持参しました。わいわい騒ぎながら植えた後は、堆肥の何ともいえない田舎の香水の香りが、手のひらに残っています。そしてわくわくしながら春の発芽、そして開花を待ったものです。

子供たちも私も来年の春が待ち遠しいです。(2017.11.28)

2017年11月13日

「二つの公開」

20170609.jpg
立冬が過ぎ秋色が濃くなってきました。今日は朝から抜けるような晴天で、色づき始めた校庭の大イチョウや高校棟前のメタセコイアにもまばゆいくらいの陽光が当たっていました。

この土曜日、雲雀丘学園ではプログラミングの体験教室を報道陣に公開しました。体験教室は10月7日に始まり12月19日まで延べ14回にわたって開催、幼稚園の年長から中学校1年生までの希望者約400名が参加します。この日はアドバンスコースの小学4,5,6年生39名が2人一組になって、タブレットを使いロボットで地球から火星や土星を目指すというプログラミングに挑戦しました。無事到着するとみんなで歓声を上げながら大きな拍手。見学に来られた保護者の方も一緒になって喜んでおられました。将来、この児童の中からプログラミングの大会で優勝者が誕生することをひそかに願っているところです。
20171113-1.jpg20171113-2.jpg

学園中高等学校では先週金曜日、「授業研究大会」を開催しました。これは中高の授業を他校の先生方や塾などの教育関係者にお見せしいろいろとご意見をいただくものです。134名のご出席をいただきました。11教科を行いましたがそれぞれ個性的で先進性があるように思いました。終了後の分科会では参加いただいた先生方からも高い評価をいただきました。また学園の受け入れ態勢や生徒の明るい雰囲気など授業のほかの面でもお褒めいただきました。ありがたいことです。
20171113-3.jpg20171113-4.jpg

私としては授業を広く公開し、授業力の向上に努めるという中高の先生方の意欲的な取り組みを大いに讃えたいと思います。これこそ「やってみなはれ精神」です。またこの日は通常の授業は実施したうえでの研究大会の開催でした。これも授業は絶対におろそかにしないという「授業第一精神」の現れでありうれしく思います。中井校長から来年度も実施するとの力強い決意が表明されました。さらに研究を重ね日本一の授業を実践されることを願っています。継続は力です。(2017.11.13)