2018年06月20日

G K Sの「和の時間」

20171213-0.jpg
 雲雀丘学園内「告天舎」(こくてんしゃ)において開講したGKSも二年目に入りました。今年度、GKSは幼稚園の年長・中さん、学園小学校1・2年生を対象にレッスンをスタートさせました。
 両翼を左右に大きく広げて飛び立ったGKS(英語の翼)については前回既にご紹介しましたので、今回は もう一つの翼「日本語」「国語学習」についてご紹介いたします。
 元小学校教員(井口圭子先生)が、告天舎2階の和室でおこなうレッスンは寺子屋的で和魂英才型の塾と言えます。このレッスン「和の時間」の意義は、「グローバル化する世界で子供たちが将来にわたって活躍するためには、日本語と英語双方の語彙力や表現力が必要必須となります。自分の考えや思いを相手に正しく伝えるためには日本語を使いこなせなくてはなりません。コミュニケーションの土台である日本語の聞く・話す・読む、という力を高め、バランスよく育むことを目指すこと」に在ります。
 GKSでは英語も日本語も元気に「楽しく学べる!」をモットーにしています。
GKSで過ごす時間が、遊びのように面白い時間であったなら、 日本の文化やコトバに触れて過ごすのが、ほんとに楽しい時間であったなら、子供の柔らかい感性を通し、自然に抵抗なく、すごいスピードで彼らの頭と身体に吸い込まれていくのは全く疑う余地もありません。「カルタ」や俳句などの伝統的な文化に触れて、そこから言葉の楽しさや豊かさに気づくことを意識して学びを続けています。「ことわざ」「慣用句」「四文字熟語」などで言葉遊びをしながら、日本語の学びを広げていきます。

(先々週、こんなことがありました)
2年生のKくんが 私の顔を見つけて問い掛けきました。「先生!『「蛇ににらまれた蛙』って何のことか 知ってますか?」と。 私が「Kくんの一番コワイものはナニ?」「それはオバケ?」「コーチョーセンセ?」と問い返すと「いいえ 違います、一番怖いのは○×△です」と返ってきました。「アアそうなんや、Kくんは、〇×△の前ではコワくて動けない位なんや!」「そしたらヘビが〇×△でKくんはカエル!ってコトだね!」。   彼は「アッ、そうか そういうことか!」とナットクの顔で次の英語の部屋に向かいました。

20180620-1.jpg20180620-2.jpg

20180620-3.jpg20180620-4.jpg

【夏休みのGKS】
GKSは「夏休み特別プログラム」(12日間)を組んで朝からお昼すぎまで開講致します。それには、アクティブな英会話授業/英語でクッキングやランチを楽しむプログラムに加えて「国語学習」の時間もたっぷりとっています。この夏は、国語力の中で、特に書く力や作文する力につながる学びとして「自分の経験や読んだ本を材料にして短い文を作る」にチャレンジします。
(GKS塾長 高家正和)


20180620-5.jpg
  GKS和の時間だより

2018年06月13日

道具としての英語

20171117-0.jpg
 将来、学校教育という枠組みを終えた後の子どもたちの学びの準備として、英語の先生と担任の先生とで「子どもたちがどのように学ぶのがベストか?」ということを話し合いました。子どもたちは、チャレンジしなければならない一方でできそうな感じのするトピックで一番学びを得ることができると考えています。これは、すべての教師が一人ひとりの児童の学びのプロセスの中でどのような支援をしていくことがベストなのかを考えることでもあります。
 この考えを元に、6年生の授業では今年、他の教科の勉強をするように、英語をコミュニケーションのための道具として使うことに取り組んでいます。これまでのように、記憶したり、理解したり、あてはめたりする授業から、”英語を使う”という大きな枠組みで英語を捉えるようになりました。
 6年生の算数の先生と一緒に、英語は暗記する科目ではなく、新しいコンセプトを学んだり、自分の意見や想いを表現したりするためのツールなのだということを子どもたちに気づかせるためにベストな方法を探しました。
 そこで、5月に、運動場にある校旗の旗立て棒の影の長さを測る勉強をしました。外に出て実際に長さを測る前に、算数の先生とネイティブ教員とで、必要な概念と語彙を日本語と英語との両方で説明しました。
 外に出てからは、2人組で、自分たちの定規の影の長さを測りました。どの子もがんばって、ペアの子と英語の単語を使って話そうとしていました。
 ワークシートを活用し、子どもたちは、定規の影のデータを使って、「旗立て棒の長さは」の問題を解いていました。第二言語で勉強するというのは決して簡単なことではありませんが、子どもたち同士で助け合ったり、教師のサポートを得たりしながらも、比を使って答えを導き出すことが理解できたときは、とても誇らしげにしていました。
 今年、英語の先生と担任の先生とで6年生がさまざまな方法でチャレンジしていくのを楽しみにしています。

20180613-1.jpg20180613-2.jpg

20180613-3.jpg20180613-4.jpg

English as a tool

 To better prepare students for life after their formal education ends, the English teachers and Homeroom teachers have asked the question “How do students best learn?” We know that students always learn best when the topic is challenging but still within grasp of their potential. This means that all teachers will work to find the best balance of support for each individual student as their learning progresses.
With the above idea in mind, the 6th grade class is spending the year learning to use English as a tool for communication as well as a means for studying subject matter. We are moving the focus of the English classes past remembering/understanding/applying to a larger focus on complex as well meaningful uses of the English language.
 In collaboration with the 6th grade math teacher, we are looking for ways to show the students that English is not a subject to be memorized but a tool that allows them to learn new concepts and communicate ideas that they want to express.
In May, we spent a lesson measuring the shadow that is casted by the flag pole in the school yard. Before the students and teachers went outside to measure the shadow, both the math teacher and Native English teacher introduced the main concepts and useful language in both English and Japanese.
 While outside the students worked together in pairs to measure the shadow that casted by their own ruler. The students did their best to use the target language with their partners. Using the worksheet, the students used their data to solve the problem “How tall is the flag pole?” While studying in a second language is not an easy task, the students remained focused with support from their fellow students and teachers but felt a large sense of pride when they could understand how to use the ratio equation to find the answer to the problems.
 The English and Homeroom teachers look forward to challenging the 6th graders in many more ways during the year.


(小学校教諭 松本セイラ)

2018年06月06日

スピーキングの評価について

20171124-0.jpg
 中1から高3まで全てのEIPの授業では、スピーキングのテストがはじまっています。テストの内容は、学年によって異なります。また、それぞれのテストにおける視点もそれぞれ異なってきます。中学1年生の段階では、アイコンタクトや声の大きさといった、簡単なことが評価の対象となりますが、中学3年生になると、質問をする、より長い文で答える、自らすすんで聞く等、たくさんのポイントが会話のスキルとして挙げられます。また、高校生になると、より高い得点をとるには、論理的に自分の意見を説明できるかどうかも問われます。
 上記に挙げたような違いはありますが、すべての学年、テストを通して共通していることは、ルーブリック評価を用いていることです。ルーブリックでは、「この評価を得るためには何が必要か。」ということが、細かく記されています。


20180606-1.jpg
↑中学1年生のShow & Tellのルーブリック


20180606-2.jpg
↑高校1年生のスピーチのルーブリック


お子さまが成績を受け取ったときに、なぜその成績なのかを理解し、どうすれば次回につながるかを考えるきっかけになれば幸いです。

Evaluating Speaking

In all the EIP lessons across all six grades of the junior and senior high school, we are starting or have started conducting speaking tests. The content of the tests varies depending upon the grades: junior high school first years will be giving show and tell speeches, second years will be explaining what they will take in their suitcase when they travel abroad and other tasks, and junior high school third years will be having conversations in pairs. In the high school, first years will play the discussion-based board game they have been playing in lessons, and the high school second years are currently giving presentations on 3-day trip plans for visitors to Kansai. Also, the focus of each test is a different. For example, in the first-year junior high school test, simple things like eye contact and volume are evaluated. In the third-year test, a lot of points are given for conversation skills, such as asking questions, giving longer answers and listening actively. In the first year of high school, the English students use to logically explain their choices is required to get the highest scores on the test.

Despite all the differences above, one thing that is consistent among all the tests is that they are evaluated using rubrics. In a rubric, what is necessary for a certain score in each category is described. For instance, in the high school first year test, to get the maximum score of three points, the students must “use a range of appropriate grammatical structures accurately.” If they use a range, but there are many mistakes, they can only get two points. If they only use simple structures, they can only get one point. If they cannot use simple structures accurately, then they cannot receive any points in the grammar category. Finally, some categories are more important than others, so we multiple each by a certain number. In the junior high school first grade, making eye contact is multiplied by 10, meaning the maximum score is thirty points (3x10). This is actually 50% of the total score! While this seems a lot, making eye contact while speaking English is a particularly weak point for some students speaking English, so we wanted to reward it. Also, by prioritizing it early, we hope to produce students whole confidently share their ideas with others in English when they are in the later grades.

We hope that when your children receive their test scores, they will understand through the rubrics why their results are fair, and what they need to do to improve next time.

(中高校教諭 スティーブン スワン)

2018年05月29日

ボードゲームを使ったディスカッション授業

20180213-0.jpg
 EIP(English Interaction and Production)コースの高校1年生の授業では、ボードゲームを使って遊ぶことに大忙しです。「どうして?」と聞きたくなりますよね。高校1年生で学ぶ1つの大きなスキルがディスカッションです。しかし、母語である日本語でもディスカッションをすることはそう簡単なことではありません。すなわち、別の言語でディスカッションをするということは、さらにハードルが高くなるわけです。また、よいディスカッションを成立させるためには、生徒たちが討論するトピックについて身近に感じるかどうかが重要です。雲雀丘の子どもたちは、さまざまな生活経験を持っているので、最初のディスカッションのトピックは、どの生徒も親近感を抱きやすいものにしようと考えました。このような理由で、ボードゲームを使っているわけです。
 ボードゲームはユニークかつ生徒が自力で進められるようなトピックを与えてくれます。ディスカッションの難しさは、トピックではなく、どのようにコマを動かそうかと考えたり、実際に動かしたりすることにあります。生徒たちは新しい語彙を学んだりすることなく、既に持っている知識を使って参加することができます。つまり、よりディスカッションそのものに集中できるわけです。すると、彼らが将来、もっと難しいディスカッションをする時が来ても、自分の意見を表現する方法や他の人の意見の評価の仕方などが身についているのではないかと考えています。
 この授業では、「宇宙のネズミ」というボードゲームを使いました。このゲームでは、協力しなければならず、1人の損失が全員の損失に繋がります。生徒たちは協力し、チーム全員の生き残りを賭けてコミュニケーションを図らなければなりません。また、このゲームは毎回、自分のコマを見直し、危険な中でもチームメイトとコミュニケーションを図る機会を与えてくれます。生徒たちが効果的にコミュニケーションをとらないと、負けてしまうかもしれないのです。
20180529-1.jpg20180529-2<br />
.jpg
学期末の宿題として、生徒はこのパズルを完成することに取り組みます。目標は、4回全てのゲームで生き残ることです。ただし、復活キットは使えません。
この課題が高校1年生のブログに登場するかもしれません。そのときは是非、お子さまがこのパズルを説明できるかどうかお家で聞いてみて下さい。もちろん「英語」で。
20180529-3.jpg
Board Game Based Discussion
The high school first-year EIP classes have been hard at work playing board games. “Why?” you may ask. One of the main skills of the H1 classes is discussion. However, even in your native language, discussion can be difficult. So having a discussion in another language is an added level of difficulty. Also, a good discussion requires that each student be familiar with the discussion topic. Given that our students have a wide variety of life experiences our first discussions need to be something that everyone finds accessible. For this reason, we are practicing with board games.
Board games offer students a unique but controlled topic of discussion. The difficulty is not in the discussion topic but in the planning and execution of moves. So, students can participate using the language that they already possess without having to study new vocabulary. Meaning students can focus more on the discussion. Then, when the time comes to have more difficult discussions the students will already have practiced presenting their own ideas and evaluating one another’s.
In this lesson, the students are playing a board game called “Mole Rats in Space”. The game is cooperative and the loss of one player results in everyone’s loss. Thus, students must work together and communicate to ensure everyone’s survival. Because of the nature of the game, each turn requires students to reassess their own piece and communicate dangers and opportunities to their teammates. If students don’t communicate effectively they risk losing the game.
For a homework assignment later in the semester the students will have to try and solve this puzzle. Their goal is to survive all four turns. But all the mole rats have lost their medikits.
When the assignment appears on the high school first grade blog, please ask your children if they can explain the puzzle to you, in English of course.
(中高校ALT カイル・フランクリン)

2018年05月22日

幼稚園の英語

20180521-0.jpg
 はじめまして。
 今年度より、私は雲雀丘学園幼稚園と中山台幼稚園のネイティブ教員として英語を教えています。
子どもたちが朝登園してから、帰りの時間まで、ずっと一緒に過ごしますので、早いうちから、物怖じすることなく、英語でコミュニケーションを図ろうとする態度が育ちます。
20180521-1.jpg20180521-2.jpg
 もちろん、外遊びの時間も一緒に過ごしています。英語の授業だけでなく、子どもたちの園生活全体と関わることで、子どもたちとの距離もぐっと近くなり、子どもたちの方から積極的に話しかけてくれます。
20180521-3.jpg20180521-4.jpg
英語の授業では、とにかく楽しく、元気よく、体を動かしたり、歌を歌ったりしながら英語に親しんでいます。
20180521-5.jpg
もう一つの大きな特徴としましては、雲雀丘学園小学校で指導されているジョリーフォニックスの前段階となる、ジョリーミュージックを取り入れています。ジョリーミュージックとは、簡単に言うと、英語で歌を歌うプログラムですが、英語特有の抑揚やリズム、テンポが自然と身につけることを目的としています。小学校入学後、スムーズにフォニックス学習に入っていけるよう、楽しく英語と関わっていきたいと考えています。
(雲雀丘学園幼稚園、中山台幼稚園 教諭 ジョナサンライアン)

2018年05月14日

今年度の小学校英語

20171110-0.jpg
 新年度が始まり、1ヶ月がたちました。
 1年生もすっかり、雲雀丘の英語の雰囲気に馴染んできたようです。
 今年度は、3年生以上でも週に2時間の授業が展開されています。また、3年生・4年生でも新たにET(English Twenty:ひばりタイムを利用した20分間英語)の時間が始まりました。1週間の中で英語に触れる時間を増やすことで、習ったことをより定着につなげようという意図があります。
昨年度までは授業が週に1回しかなかった学年も、一度習ったことがまだ記憶に新しいうちに次の時間がやってくるので、いろんな子がすすんで手を挙げて英語を話そうとしています。子どもたちの自信にもつながっているようです。まずは、「できた!」「ほめられた。」「うれしいな。」という気持ちを持たせ、そこから、「次も頑張ろう!」「英語って簡単!」というように、自信へと繋がっていくような授業を今年も展開していきたいと考えています。
 また、時間数増に伴い、新しい英語の先生も増えました。昨年まで積み上げてきたものを基盤に、チーム雲雀丘英語のメンバーで、Hibari Englishにより磨きをかけていきたいと思います。

20180514-1.jpg20180514-2.jpg
20180514-3.jpg
(小学校教諭 森下真伊)

2018年05月07日

EIPコースへようこそ!

20171124-0.jpg
先週、下山先生が新しいEIPコースについての紹介をされました。今回は、この新しいEIPコースについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。このコースでは、英語での「意味のあるやりとり」に焦点をあてています。これは、生徒が英語を使ってさまざまなタスク活動を成し遂げることで獲得できるものだと考えています。これらのタスクは単なるアクティビティーゲームではなく、英語でコミュニケーションをとらざるを得ない状況が作り出せるようデザインされています。このようにして、生徒がより実生活に基づいたコミュニケーションを繰り返し体験することで、将来に向けて、グローバル社会の一員としての準備ができると考えています。このような活動は、中学1年生の初期から卒業するまで一貫して続けることが大切です。そうすることで、生徒が他の言語でコミュニケーションをする際につきまとう数々の要求やプレッシャーに慣れるからです。

以下の写真は、実際の授業での様子です。

20180507-1.jpg
↑中学1年生が挨拶と自己紹介をしています。

20180507-2.jpg
↑中学3年生が秘密の言葉をあてる会話のゲームをしているところです。

20180507-3.jpg
↑高校3年生が、エッセイを書く前に、さまざまなトピックに対して意見を出し合っています。

また、これらのコミュニケーションが通常、ペアやグループ単位で行われるのと同時に、クラスの前やグループの前で話す機会がいつもあります。
これらの機会は生徒にベストな英語で話すことを後押しします。なぜなら、生徒はオーディエンスの前だと自然とより注意深く話すことができるからです。プレゼンテーションのチャンスは生徒に公的な場で話す練習の場ともなります。これもまた、実社会で必要とされるスキルのうちの一つです。

これからも、EIPコースについての投稿を楽しみにしていて下さいね。

Welcome to English Interaction and Production

Last week, Ms. Shimoyama introduced the new EIP course. In this blog post, we would like to tell you a little more about the new course. In this course, there is a focus on meaningful communication. This is achieved by giving the students a variety of language tasks to complete. These tasks are not simply activities, but are designed to create a genuine need to communicate in English. In this way, they more closely replicate real-life communication and therefore prepare students for their futures as members of the global community. Importantly, these kinds of activities are started from the beginning of the course in the junior high school first grade and continue until they graduate so that students become accustomed to the kinds of requirements and pressures that go with communicating in another language. The pictures below demonstrate how we will consistently use such tasks:
As well as these communication tasks, which are usually done in pairs or groups, there will also be regular opportunities to speak in front of the class or in front of groups of students. These chances are given to push students to use their best English, because they will naturally be more careful if they are speaking to an audience. The presentation chances also give the students valuable public speaking practice, which is another important skill in the modern world.
Please look out for more posts about the EIP course!

(中高校教諭 スティーブン スワン)

2018年05月01日

入試の、その先にあるもの

20180501-0.jpg
 新大学入試の英語において問われるのは「読む、聞く、書く、話す」の、いわゆる英語4技能の習熟です。この4つに「表現する」を加えて、4技能5領域とも言われます。その技能を図るべく英語の民間検定試験活用が検討され、3月末には英語検定やGTECなど8種類の検定が採択されることが決定しました。
 この時勢に鑑み、中高英語科の取り組みを紹介します。

 中高では4技能5領域の更なる育成を狙い、今年度より全学年でInteraction & Productionを開始しました。Interaction & ProductionとはKaste先生、Swann先生を中心とした外国人教員主導の英語実践授業です。 
20180501-1.jpg20180501-2.jpg
 中学全クラスではクラスを分割した少人数制のティームティーチングとなり、中1・中3においては外国人教員が単独で授業を行います。毎週設けられた「英語漬け」の環境を通して、低学年のうちから英語を話すことに慣れ、「通じる楽しさ」や「通じないもどかしさ」をより多く実感してほしいと思います。併せて高校では、より高度な発信力の育成を狙ってDiscussionやPresentationを練習します。高校2年生の2学期にはその集大成として「プレゼンテーション大会」を実施することとなりました。
 検定においては従来の英語検定に加え、GTECの導入を予定しています。GTECはスコア型検定であることから、IPの授業で培った「英語を使う力」が生徒に備わっているかどうかをより詳細に判断できるのではと考えています。

 新大学入試における民間検定試験活用については様々な意見があり、未だ不透明な点も多くあります。ただ、今回の入試改革の柱である英語4技能の育成は、英語を学ぶ全ての生徒、児童にとって大変有意義なものであると我々は考えます。すなわち4技能の育成は、入試のその先にある子供たちの将来に様々な選択肢を与えると信じ、「英語を覚えさせる」のではなく「英語を使えるように導く」という指針のもと、我々英語科は授業を実践してまいります。
(中高英語科主任 下山明日香)

2018年03月19日

小学校での新しい取り組み

20171110-0.jpg
 本年度、小学校の英語科で大きく変わったことの一つが、フォニックス学習です。絶対的に楽しく、そして全員理解を目指したものに変わりました。
1文字1文字、歌とアクション(ジェスチャー)があるので、低学年でも全身を使って楽しみながら気がついたら身についているので、子どもへの学習負担もぐっと減りました。
3学期は全学年で、単語の聞き取りクイズ(あえて、テストとは呼びません)を毎回授業で行ってきました。
 低学年では、最初は1文字1音の聞き取りでしたが、ほぼ全員が満点を取れるようになってきたタイミングで3文字3音の聞き取りに切り替えました。ずっと聴き続ける集中力も必要ですが、今では、教師は2回しか繰り返さないというルールの下、より速いスピードの中で取り組めるようになりました。確実に読めるようにもなってきています。
20180319-1.jpg20180319-2.jpg
 中学年、高学年でも、最初のうちは、アクションを恥ずかしがっていた子もいましたが、アクションをつけた方が音を聞いた時に文字とリンクしやすいということに気づくとほとんどの子が取り組むようになり、それまで苦手意識を抱いていた子も今ではほぼ毎回満点が取れるようになり、フォニックスに限らず、その他の活動に対しても、自信を持って取り組めるようになりました。
 小学生のうちから文字に慣れ親しんでおくことは、英語を「話す」こと、「聞く」ことに限らず、「読む」こと、「書く」ことをも含めた4技能をバランス良く身につけていくために不可欠です。また、何でも楽しめる低学年のうちほど、「覚えなさい」「やりなさい」と押しつけなくとも、歌ったり、体を動かしたりと、楽しい雰囲気の中で自然と身につけることができます。
 フォニックス学習を通し、暗記やローマ字読みに頼ることなく、自分で英語を英語の音のまま理解し、音を分解したり、組み合わせたりしながら着実に英語を「読む」力を育てていきたいと考えます。
(小学校教諭 森下真伊)

2018年03月12日

中学1年生の授業より

20171124-0.jpg
 自分の意見を英語で相手に伝えるというのは、グローバル時代を生きる私たちにとって大切なスキルです。前回のブログで、小学校が “Show and Tell”のことを取り上げていたように、このスキルは英語教育において比較的早い時期より開始し、発展させることができます。中学1年生の授業では、普段から “Show & Tell”の活動を取り入れています。もちろん、小学生のものと比べると長いですし、それぞれのスピーチの後に短い質問のセッションを設けることで話し手にも聞き手にもチャレンジすることも求めています。中学1年生の生徒にとって、英語で質問を作ったり、尋ねたり、答えたりすることは、簡単ではないのがまだごく自然なことです。これを練習するために、私たちは「質問を作る」授業を考えました。
20180312-1.jpg
 この授業では、例えば、「バスケットボールが好きです。」というような台詞を与えます。そして、生徒たちは、グループで、それに対する質問を作らなければなりません。できるだけたくさんの質問を作らなければなりません。また、協力して素早く取り組むために、タイムリミットを設けてチャレンジさせています。生徒たちはとても主体的になって、たくさんの質問をつくることが出来ました。それらの質問をする時、私たちは板書することで、この授業で達成したことを全員が目で見えるようにしています。それぞれのグループが作った質問の数は平均して15程度でしたが、「バスケットボールが好きです。」というたったこれだけのシンプルな台詞に対してこんなにたくさんの質問を作ることができたことに驚きました。
20180312-2.jpg20180312-3.jpg
 シンプルな活動にも関わらず、生徒たちがバラエティに富んだ質問をつくったことに私たちはとても嬉しく思いました。また、それは、このような英語で話すことに重きを置いた授業と、英文法の授業とのつながりを示してくれました。さらに、生徒たちが、それぞれ違う質問を自らさがすために、辞書や文法の教科書を使っているところを見るのもまた嬉しかったです。このような自発的な学習法は、生徒たちが将来、自立した学習者として、自ら学び続けることにつながっていくでしょう。
 最後に、生徒たちがお互い助け合ってこのアクティビティーを楽しんでいたのが何よりも嬉しかったです。なぜなら、このような雰囲気こそ、私たちがこの授業で目指していたものそのものだったからです。
 
 
 
From a first-year junior high school lesson…

Presenting your ideas in English to an audience is an important skill in the global era we live in. As shown by the elementary school’s use of show and tell speeches, these skills can be developed from early in a student’s English education. In the first-year junior high school lessons we continue this and students have regularly been doing Show and Tell speeches. Of course, these are longer, and we also challenge both the presenters and the audience by having a short Q&A session after each speech. Naturally, for first grade junior high school students, making, asking and answering questions in English spontaneously is not easy. To practice this we conducted a question-making lesson.

In this lesson, we gave the students prompts, for instance, “I like basketball.” Then, they had to make questions in groups. They had to make as many as possible, and we set a time limit to challenge them to work together quickly. The students were very active and worked well to make many questions. When they asked their questions, we also wrote them on the blackboard so that everyone could see what the class had achieved. The average number of questions was fifteen, which is impressive for a simple prompt such as “I like basketball.”

Although it was a simple activity, we were happy to see the variety of questions they produced because that showed a connection between these speaking-focused classes and their English grammar lessons. Also, we were pleased to see the students using their dictionaries and grammar-course textbooks as they actively sought ways to ask different questions. This kind of active approach will help them become successful independent learners in the future. Finally, it was great to see them enjoying the activity and helping each other because that is the kind of classroom atmosphere we are aiming to promote during lessons.

(中高校教諭 スティーブン スワン)