雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

2020年02月20日

「墓前にお誓い」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今日、2月20日は雲雀丘学園の創立者で初代理事長、鳥井信治郎先生の命日でした。学園ではお墓のある中山寺に学園長、事務局長、中高校長、小学校長、小学校教頭、中山台幼稚園長、GKS塾長がお参りをしました。


20200220-1.jpg鳥井信治郎先生は昭和37年(1962年)2月20日早朝、雲雀丘の自宅で83年の生涯を閉じられました。同月25日には社葬が執り行われ、当時首相であった池田勇人氏が友人代表として出席、心のこもった弔辞を読まれています。弔辞の冒頭の部分を紹介し先生をしのびたいと思います(「美酒一代」杉森久英著より引用)

「鳥井さん――私はあなたに、長い長い交際を願いました。今も思い出多い数々が私の脳裏を去来します。あなたは、長い間の私の先輩として、はたまた先生として、ご指導役、酒造界の先駆者としての王者の貫禄を身につけられて、私の未熟な大蔵省役員時代のご意見番として、おりにふれ、ときに適切なる助言とご意見をいただきました。
 あなたのご人格よりにじみ出る一言一句は、尊い金言として、必ず固く胸に刻んでまいりました。そして、私もあなたとともに及ばずながら、大蔵省のその道に担当者として微力を尽くし、酒造業、とくにウィスキーについての勉強に力を入れてまいった関係上、ときには私もあなたのご意見役にならせていただいたこともありました。教えられて受けて立ち、長い間、あなたとの友情はひしひしと胸にせまり、限りないなつかしい思い出がよみがえって、温容なあなたのご人格がしのばれてなりません。
 あなたは、奇しくも私が生まれた明治32年、20歳の若さを以って寿屋を創立し、果実酒の製造に着手せられ、赤玉ポートワインを手はじめに、あくなき研究心に燃えて、遠く英国に求めてスコットランド式醸造法を考究して、大阪府山崎の地を選んで本格的ウィスキーの製造に乗りだし、爾来サントリーの愛称をもって、国内はもちろん広く世界に向かって誇りうる銘酒の出現を見るに至った、その先見の明に対しては、世人ひとしく尊敬の念にうたれるのであります…(後略)…」

私たちは墓前に鳥井信治郎先生のご遺志を受け継ぎ、「やってみなはれ精神」に満ち、親孝行のできる子供たちを育てるとともに、70周年記念事業を立派に仕上げることをお誓いいたしました。

(2020.2.20)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年02月14日

「氷が溶けると何になる?  里里プロジェクト②」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「氷が溶けると何になりますか?」理科の問題です。皆さんは何とお答えになりますか。「水に決まっているだろ」でしょうか。ある児童が試験で「氷が溶けると春になる」と答えました。あなたが採点者なら、×ですか。△ですか。〇ですか。それとも◎でしょうか。

20200214-1.jpg20200214-2.jpg
             親子共同作業                      里里池の全容

雲雀丘学園では昨年より「里里プロジェクト(以下「里里」)」を推進しています。これは学園全体を「里地・里山・人里」に見立て学園生活全体が自然と溶け合うような環境づくりを目指そう、そして情操豊かな子供たちを育てようというものです。その核となる場所が「里里池(仮称)」。告天舎と幼稚園の間にある空池で放置されていました。「里里」はそこを整地することから始まりました。

昨年11月、そして先週末と2回の親子共同作業を実施し延べ1000人以上の参加を頂きながら、「里里」の土台、基本的な枠組みは出来上がりました。「里里池」には田んぼが2つ、池が2つ、40mのせせらぎ(小川)、湧き水池、井戸が誕生しました。今後はいわばその舞台でどう演ずるかにかかってきます。

思いつくままに勝手に挙げるなら、「春の小川はさらさら行くよ」「めだかの学校は川の中」の童謡の世界の実現です。来年の春の七草はスーパーでなくこの池の周囲で草摘みをしたいと思います。秋の七草は今年は間に合わないかもしれません。そして念願の稲の収穫です。田植えですが指導をいただいているビオアの米本さんの御意見では春の連休明けになりそうとのことです。新入学時には記念の植樹もしていきます。全員がアイデアを出し合ってワイワイガヤガヤ、楽しく面白い「里里」を作りましょう。

「里里」で子供たちが自然に触れ合う機会は格段に増えます。机上の知識より体験、認知能力偏重から非認知能力尊重へ、疲れた子供からキラキラ目の輝く元気な子供へ。これらは先生方にとっても、また学園にとっても変革を迫られる挑戦分野です。まさに前例のない取り組みとなります。
「氷が溶ければ春になる」と答える夢とロマンに満ちた子供たちこそ「里里」の願いです。

(2020.2.12)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年02月10日

「力を合わせて32トン、里里プロジェクト①」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「里里プロジェクト」第2回目の親子共同作業はこの土日の2日間、告天舎隣の「里里池」で行われました。のべ300名の児童、園児そして保護者の参加をいただきました。今回の主な仕事は、前回あらかた形作られた田んぼや池に必要な土、腐葉土を運び入れることです。
20200210-1.jpg20200210-2.jpg
          阪大剣道部の皆さん               雲雀科学部の皆さん

既に前日までに何と20トンの土と12トンの腐葉土が幼稚園の前に用意されています。これをバケツリレーで田んぼや池まで運びこみます。途中には20段あまりの石段やみぞもありバケツリレーも容易ではありません。しかし参加の皆さんには懸命に作業をしていただきました。因みにバケツの流れるスピードは1分間に25個で1時間に1500個、一個のバケツに土が2キロとして1時間におおよそ3トンの土を運ぶことが計算上は可能です。2日間で合計32トンの土、腐葉土を動かしていただきましたが本当によくやっていただいたと感謝しています。
20200210-3.jpg20200210-4.jpg
            楽しく豚汁                     バケツに用意

もう一つ。冬の寒い日の共同作業ということで、小学校の成地校長先生の発案で豚汁が用意されました。職員や先生方は前日から準備に当たりましたが、これも一仕事終えた後の温かい一杯で、心も温まり作業の達成感も一層のものとなりました。
20200210-5.jpg20200210-6.jpg
                          バケツリレー

今回は大変な作業量ということで学園中高から科学部、テニス部を中心に延べ40名が、また阪大の剣道部も15名の部員が助っ人に駆けつけてくれました。力作業に携わっていただきましたが大きな支えとなりました。里里プロジェクトは善意のプロジェクトです。

嬉しかったのは午前参加の児童2人が楽しいから、午後も参加したいと申し出てくれたことです。お母さんの了解をいただいたうえで、午後も親子で作業を続けていただきました。有難いことです。また運搬の作業中も何人かの児童が「代わります」と言って私のバケツを取ってくれました。「小学生がこんなことを言えるのか」と思いながら嬉しく頼もしく、今後の成長を心で願いました。

(2020.2.10)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年02月07日

「最高の贈り物」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「春は名のみの風の寒さや・・」毎年この季節になると口ずさみたくなる名曲です。今年は暖冬が続いていたのでこの「早春賦」には縁がないと思っていたのですが、立春を過ぎたあたりから急に本来の寒さに戻りました。

20200207-1.jpg20200207-2.jpg

改めて周りを見ると毎朝通う線路沿いの道端には今年も忘れず同じ場所に水仙が寒風に揺れ、学園の正門を入ると白梅が元気に咲き出しました。今年の白梅は緑がかって見えるのは急に寒くなったせいでしょうか。

そんな中、子供たちは元気に登校してきます。特に小学生が元気です。私も元気になります。この頃は専用通路に立ち、挨拶の声掛けをする児童も増えてきました。みんな自主的な参加です。寒い中、私と違って薄着で一生懸命に「おはようございます」の声をかけ続ける児童は立派、誇らしく自慢したくなってきます。健やかに成長してくれると確信が持てます。
20200207-12.jpg20200207-11.jpg20200207-13.jpg
クリックで拡大します

いつも建てかけられている挨拶の看板が、ことし始めから新しくなりました。今回も小学生3、4年生の応募で決まりました。「あいさつでもっと咲かそう笑顔の花」「ひばりよりたかぁくひびけあいさつの声」「あいさつでこころとこころのキャッチボール」。どれもよく考えられた秀作です。3番目は幼稚園からの野球少年の作品。よくできているではありませんか。

雲雀丘学園は日本一挨拶ができる学園を目指します。そのためには先生方はあいさつ運動の先頭に立っていただかなくてはなりません。子供たちが進学しても社会に出ても進んで挨拶ができる人間に育てようではありませんか。それこそ卒業を控えた子供たちへの最高の贈り物です。

(2020.2.7)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年01月29日

「孝行関取に心から声援」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
“親孝行な人はどんなことでも立派にできます”
この言葉をまさに地で行った見事な優勝でした。去る1月26日、大相撲初場所の結びの一番で「幕尻」の徳勝龍は大関貴景勝を真っ向勝負で寄り切り、賜杯を手にしました。「幕尻」とは番付表で一番下の力士のことをいうそうです。

ご覧になられた方も多いと思いますが初優勝を決めた瞬間、徳勝龍の顔はクシャクシャで大粒の涙があふれ出ました。優勝杯を受けた後のインタビューで徳勝龍はすべてメモに取っておきたいほどの受け答えをしました。

曰く「自分なんかが優勝していいんでしょうか」から始まり、「意識していなかった・・嘘です。めちゃめちゃ意識していました。バリバリ、インタビューの練習をしていました」「(恩師の亡くなられた監督は)見ていたのではなく一緒に戦ってくれた気がします」

そして圧巻は場内で観戦していたお母さんに対しての言葉でした。「いつも照れくさくて言えないけど、お父さんお母さん、産んで育ててくれてありがとうございます」。

聴いていた私には特に「産んで育ててくれて」が心を打ちました。
「親孝行」を建学の精神とする雲雀丘学園にとってこんなうれしい受け答えはありません。おそらくご両親はやさしさと厳しさの両方でお育てになったと思います。親孝行関取に雲雀丘学園は今後も心からの声援を贈りたいと思います

(2020.1.29)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年01月27日

「ジェイテクトの連勝を止めた雲雀応援団」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
大阪市中央体育館が真っ赤な歓声で何度も沸きました。1月26日、VリーグのサントリーサンバーズVSジェイテクトSTINGSの応援席は、赤のメガフォン両手のサントリーファンで一杯、敵を圧倒しました。
その大半は雲雀丘学園の大応援団。生徒、児童やお子様、そして保護者の皆様は一丸となってサンバーズに懸命の応援を送りました。また前日はサントリーが支援する社会福祉法人邦寿会のご利用者が介護士とともに大勢応援に来られています。

20200127-1.jpg20200127-2.jpg
         赤一色の応援団席               箕面自由学園のチアリーダ

そしてその大きな声援を後押しに、サンバーズは見事、ジェイテクトをうち下しました。ジェイテクトはこの日までVリーグ首位で13連勝中、一方、サンバーズはリーグ4位で今シーズンの対ジェイテクト戦も勝ちなしの2敗でした。それが何と3-0の圧勝。チームも7連勝となりファイナルステージへ進出です。

20200127-3jpg
サンバーズからは「雲雀丘学園の大応援団に感動しました。これからも子供たちから憧れられるチームになることを目指したい」とのお礼が届きました。私もその通りだと思います。サンバーズが雲雀のファミリーチームとして自慢でき、誇りが持て、学園として一体感が醸成できれば有難いことです。そのためにはサンバーズはとにかく今年はVリーグで優勝すること、まだまだ後押しが必要なのでもう一度大応援団を編成し大阪中央体育館を埋め尽くす必要があると思っています。

(2020.1.27)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年01月22日

「不思議の勝ち?」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
お陰様で無事中学入試を終えることができました。今年の受験者は1043名、昨年より200名以上の増加となりました。教育環境は年々厳しさを増していますがまことに有り難いことだと思っています。450名余りの合格通知を出していますが、最終的には160名の生徒が雲雀丘学園中高等学校に入学していただくことになります。

20200122-1jpg
        初めての英語のスローガン
         (クリックで拡大します)
プロ野球の名監督野村さんはかつて、「負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり」と言いました。出願者の多い少ないが、勝ち負けにはなりませんが、学園中高は目標以上の受験者に来ていただいたことは事実、これはなぜかいうことはしっかりと分析する必要があります。野村監督は上の言葉に続けて、負けたときは理由を見つけようとするが勝った時は浮かれている、と言います。浮かれるほどの結果でもなく、誰も浮かれてなどしていませんが学園のさらなる発展のためにも、生徒にとっていい学園にしていくためにも不思議を除いておきましょう。

いつも申し上げているように日本の教育制度自身が金属疲労を起こしています。戦後75年、今までのことが通用しないのは当然です。ましてや兵庫でも毎年2~3パーセントの児童の減少は続いているのです。大枠の国の教育政策を我々が変えていくことは難しいですが現場でできることはたくさんあります。要は一人ひとりの当事者意識。
「変えよう、変わろう」。不思議の勝ちに終わらないよう老婆心ながら申し上げました

(2020.1.20)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年01月15日

「北野天満宮で339名を合格祈願」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
センター試験もいよいよ今週末に迫る中、先週土曜(1月10日)、高3の学年主任の高橋先生、進路指導部長の浅野先生とわたくしの3人で北野天満宮に受験生の合格祈願にお参りしてまいりました。雲雀丘学園の今年の受験者数は62期生287名、61期生52名の合計339名です。
20200115-3jpg20200115-2jpg
        高橋先生と浅野先生


昨年の合格祈願のお札をお返しした後、私たち3人は、神前の最前列に正座しました。すでに神前には受験者の全員の名簿と全員の写真が三方に載せ供えられています。真っ先に雲雀丘学園の名が告げられると私たちは神前に進んで合格祈願をいたしました。私たち、いや雲雀丘学園教職員全員の願いは必ずや叶えられると確信しています。
20200115-9jpg20200115-8jpg
20200115-7jpg20200115-6jpg

今年は昨年の寒さとはうって変わって穏やかな朝となりました。山門を入ったところの紅梅には数輪の花が咲いていました。天満宮からいただいた二つの絵馬には昨年のお礼を浅野先生が、もう一つの絵馬には今年のお願いを高橋先生が心を込めて書き掲げました。
20200115-4jpg20200115-5jpg

「人事を尽くして天命を待つ」。幸い今年の受験生も昨年に負けず頑張っていると聞いていますが油断大敵、最後の最後までやれることはやり切って後悔のない受験戦線を勝ち抜いてくれることを願っています。
(2020.1.15)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2020年01月10日

「青春ノート」と「銭湯」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
皆さま、あけましておめでとうございます。令和になって初めての新年を穏やかにお迎えになられたことと思います。今年は何といっても日本で2度目のオリンピックの開催、雲雀丘学園は創立70周年を迎えます。私事になりますが私も学園と同じ生まれですので古稀を迎えます。
記念すべき本年がどうかよい年になることを願わずにはおれません。

今年は長めの正月休みをいただきました。おかげで多くの友人に会うことができました。その時のエピソードを二つ紹介。
私のサントリー時代の同輩とは東京新橋にある「有薫酒蔵」という居酒屋に集まりました。この店は客単価はリーズナブル、郷土料理(九州)を美味しく食べさせていただけます。この店は日本全国の高校の寄せ書きノートが棚に並べられていることでもよく知られ、その数何と3200校!もちろんその中には雲雀丘学園もあります。

20200110-1jpg20200110-2jpg
  青春ノートの表紙(クリックで拡大します)
雲雀丘学園は1535番目の高校として棚に並んでいました。因みに1番目は久留米大学附設高等学校でした。雲雀丘学園の青春ノートには十数名の方が名刺とともに寄せ書きをされています。私は卒園生ではないので資格はないかもしれませんが寄せ書きに加えてもらいました。まず学園歌の最初の部分を書き、世界に活躍する雲雀丘卒園生に友情と連帯のメッセージをしたためました。 「頑張れ!雲雀っ子!」。
この店の女将、松永洋子さんは私は以前からよく存じ上げている有名人。卒園生は機会があればぜひ訪ねてほしいと思っています。

次です。私が銀座支店長をしている時のメンバーと一杯やりました。私が会社を離れて以来毎年、年の暮れになるとこの会が開かれます。いつもはどこかの居酒屋で一杯飲んで次にバーでウイスキーを飲んでお開きになりますが、今回は趣向を変えようとまず銀座のど真ん中にある銭湯に入ることから始まりました。

20200110-3jpg
      30年ぶりの大将と金春湯の前で
「金春湯」。創業は江戸時代末期の1863年の歴史ある銭湯です。私たち銀座を担当する営業マンは毎日、朝から深夜まで銀座をくまなく歩きまわっていたので「金春湯」の前もよく通りかかります。当時から由緒ある銭湯とはわかっていたのですが、入ることはありませんでした。新聞記事で名銭湯であることを改めて知らされ、入湯するに至りました。

さて湯舟に浸かっていると私の斜め前の初老男性が目を細めながら「これだけぬるいと入った気がしない」とことさらにつぶやくのです。実はこのとき、私は「これだけ熱いとはいれない」とメンバーと話していました。実際、表示の湯温は43度を超えています。そして男性の顔をじっと見つめているとどこかに面影、記憶があるのです。か細い記憶を必死にたどり、「もしや○○さんでは」と問いかけると「そうですが・・」。

30年ぶりの邂逅でした。その方は30年前に私がビールを必死に売り込んでいた小料理店の大将だったのです。最初はけげんな顔をしていましたが徐々にわかってきたらしく笑顔で、昔の顔で会話が弾みました。こんなこともあるのです。今日(1月9日)その大将からご夫婦が写った賀状が届きました。「人生2度の東京オリンピックを迎える年齢になった」と添えられて。
“人生よく生きてあり”です。
(2020.1.9)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年12月19日

「里里プロジェクトとSDGs」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「里里プロジェクト」の親子協働作業が行われたのは昨11月。4日間に延べ800人以上の園児、児童、生徒、保護者が参加いただきました。これだけの参加があったのは驚きで、「雲雀の保護者はありがたいなあ」と改めて認識した次第です。幸い天気にも恵まれ、バケツリレーや防水シート敷きなど、田んぼ、池、せせらぎづくりに力を合わせる親子のお姿を力強くまたほほえましく思いました。

里里親子協働作業 (クリックで拡大します)
20191219-1.jpg20191219-2.jpg20191219-3.jpg20191219-4.jpg
11月3日                         11月4日
20191219-5.jpg20191219-6.jpg20191219-7.jpg20191219-8.jpg
11月9日                         11月10日

この「里里プロジェクト」がキックオフしたのがちょうど1年前の12月でした。それまでに何回かの勉強会も実施しました。「学園に里地里山を作ろう、そして情操豊かな子供たちを育てよう」、そんな夢と希望がいっぱいに詰まったプロジェクトです。

もう少し説明すると、里地里山の生きた教材を利用する「学び」の中で、命とつながる生活を体験し、命を大切に思う心、感謝の気持ち、共感する力を養おう。さらに、里地里山空間にて、持続可能な社会について自ら考え・行動・発信することで、環境や社会問題、人とのかかわりまで視野を拡げ、学園全体でSDGsに挑戦しようというものです。

sdg_icon_06_ja_2.pngsdg_icon_12_ja_2.pngsdg_icon_15_ja_2.pngsdg_icon_wheel_2.png
SDGsのアイコン

SDGsは2015年に国連サミットで採択された持続可能な世界を実現するための17個の目標があります。このうち6番目の「安全な水とトイレを世界中に」、12番の「作る責任使う責任」、15番「陸の豊かさも守ろう」は「里里プロジェクト」とも密接に関連してきます。私は、世界が世界の子供たちが一緒になって目指そうとしていることを、雲雀の子供たちも目指してほしいと思います。

「里里プロジェクト」は「ビオトーブ」のことですかと言われますが似て非なるものです。教育事業に携わるビオアさんの指導をいただいていますが基本構想から目指すものまで独自の発想によるものと自負しています。施工にあたっても人的な労力も含めできる限り自前で行います。これが創立以来の学園の伝統です。施設のあちこちに子供たちや保護者の思い出が残り、身近に感じてもらえればありがたいです。

「里里プロジェクト」は特別の設備ではなく日常のもの、毎日の学校生活そのものです。ここで遊び学び、そして先生方にはここでの活動をカリキュラムにもしっかり組みこんほしいと思います。

来年の2月ごろに仕上げの親子協働の作業が行われます。特に園児のお子様からの参加希望が多いと聞きました。来年の春には田植えして、夏には草を取り、実りの秋には稲刈りし、収穫したコメで学園創立70周年のお祝いができればこんなにうれしいことはありません。

(2019.12.18)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉