雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

2019年03月15日

「児童・生徒をスマホから守ろう」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
文藝春秋の4月号に大変気になる記事が掲載されていたので紹介します。それは、東北大学の川島隆太教授の「スマホと学力『小中7万人調査』大公開、LINEを止めると偏差値が10上がった」です。以下、多くはその記事からの引用であることをお断りしておきます。

スマホは今や多くの人にとって欠かせないものになっていますが、2017年の内閣府の調査では小学生の約30%、中学生の約58%、高校生の約96%がスマホを利用していると言われています。

川島教授が仙台市立の小・中学校に通う約7万人の児童・生徒に調査した結果、家庭での勉強時間は同じであっても、携帯・スマホを使用する時間の長い生徒ほど成績が下がることがわかったのです。さらに衝撃的なことに、家庭で毎日2時間以上勉強していても、携帯・スマホを3時間以上使用すると、携帯・スマホを使用せず、かつほぼ勉強しない生徒より成績が低くなっていました。

携帯・スマホの使用に伴う勉強時間の減少や、睡眠時間の減少が学力低下の原因と推測される方もあろうかと思います。(一般に睡眠時間の短い子どもたちの学力は低いと言われています)しかし、川島教授は、学力低下の要因は勉強時間や睡眠時間の長短ではなく、スマホを長時間使ったことが直接影響している可能性があると指摘しています。

実際、学園にはスマホの児童・生徒への危険性を訴える先生もいますし、スマホを過度に利用する社会の風潮を憂う先生も多くいます。兵庫県をはじめ全国に自治体でも条例などで、夜9時以降の使用禁止などを呼び掛けていますが、上記の調査結果を読むと、改めて子供たちをこのままにしていていいのかという気持ちになります。

改善が進まないことにはいくつかの課題があろうと思っています。弊害の実態が保護者や子供に真剣に伝えられていないこと、悪影響が即座に現れるものではないこと,自治体が呼び掛けてもなかなか身近な問題としてとらえられないこと、学校・家庭が一体となっていないこと、などがあげられます。

雲雀丘学園では冒頭の記事を各校種の校長、副校長、教頭、園長が読みましたが、あらためて携帯・スマホの弊害を認識しました。未来を託す、未来を生きる子供たちを守る責任が学校にはあると思います。一方、改善は大きなくくりでは実効が上がりません。校種、学年、学級の単位で取り組むべきと思います。そして大切なことは、保護者の意識です。雲雀丘学園の児童生徒には携帯・スマホの悪影響から守るという共通認識のもと学校・家庭が一体となった取り組みが進められればと思います。
(2019.3.15)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年03月11日

「中学に持っていってほしいもの」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今日は雲雀丘学園小学校の第69回目の卒業式が行われました。平成最後の小学校の卒業式であり、また8年前には東日本大震災が発生した日でもあります.学園長挨拶で私は、中学に忘れないで持っていってほしいものがあるとして、学園小学校で学んだ「挨拶」を取り上げました。あらゆる場面で「あいさつ、あいさつ」と言っていますので聞いておられる方はしつこく思われたかもしれません。

20190311-1.jpg20190311-2.jpg

しかしながら卒業生の答辞の中で、真っ先に語りかけてくれたのは挨拶の大切さであり、在校生もしっかりと引き継いでほしいという要望でした。私たちも大変うれしいことでした。

20190311-3.jpg20190311-4.jpg

以下、今日の挨拶です。

69回生の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
皆さんは6年間雲雀丘学園小学校で、いろいろなことを学び身に着けました。そしていよいよ来月からは中学校に進学します。その時、決して忘れないで中学校に持っていってほしいものがあります。なんだと思いますか。それは「挨拶」です。

私は毎朝、校門に立って皆さんに「おはよう」の挨拶をします。私がするというより皆さんのほうから先に挨拶をしてくれます。全員です。児童会の役員や交通部の児童も加わり、挨拶の輪が、大きな声と笑顔と一緒になって広がります。

皆さんはこの6年間で、挨拶は元気に笑顔で自分からするものだということを学びました。挨拶は周りを明るくし、自分も元気になるのだということを実感しました。そして最上級の6年生が率先してやっていけば学校全体がよくなるということも分かったと思います。これは素晴らしいことです

雲雀丘学園の創立者鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでも立派にできる」と「親孝行」の尊さを説きました。私は「親孝行」に加えて、今日卒業される皆さんには「挨拶のできる人は立派な人間になれる」と申し上げたいと思います。私の40年あまりの社会人としての経験、そして数年の教育の仕事を踏まえても、挨拶は成長のための大きな原動力で、生きていく上でも、大きな財産になるということをつくづく感じます。

正門に今年の初めから「雲雀はあいさつ笑顔で日本一」の立て看板が立てられました。雲雀丘学園小学校の朝の挨拶は、看板に負けない挨拶ができていると思います。石田校長先生は本校に赴任して毎朝、正門に立たれ、皆さんとは6年間、挨拶を続けてこられました。粘り強いご指導が、皆さんのような立派な卒業生を送り出すことができたのです。

卒業生の皆さんは中学生になってもこの素晴らしい挨拶を続けてください。雲雀丘学園から来た生徒は違う、と言ってもらえるよう、自信と誇りをもって挨拶できる生徒になってほしいと思っています。

最後になりましたが、学園歌に「つばさはめぐる世界をめぐる」とあります。みなさんの活躍の場は世界です。私たち教職員は、皆さんが雲雀丘学園で過ごした日々を忘れず、夢大きく世界に羽ばたいてほしいと願っています。

本日は誠におめでとうございました。

(2019.3.11)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年03月01日

「最善観」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
月が替わって3月1日、学園では高等学校の卒業式が開かれました。全国的のこの日は暖かく朝から晴れわたり、講堂横の白梅も満開、ほのかな気品のある香りが漂っていました。お祝いを述べた私は「最善観」という言葉を卒業生に贈りました。雲雀丘学園卒業生として厳しい現実に打ち勝って、誇り高く堂々と生きていってほしいと思っています。
20190301-3.jpg20190301-5.JPG
(白梅も満開)

以下私の祝辞を掲載します。

第61期の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんとは皆さんが高校1年生の時、学園中学校の3年生の時に、私が校長をしていましたので、本日の卒業はより身近に感じ、ひときわ嬉しく思っています。 心からお祝いを申し上げます。

尚、卒業生の中には、雲雀丘学園の二つの幼稚園から小学校、中高等学校と進まれ、15年間通園された方が26名おられます。たくさんの学校の中で雲雀丘学園を選び、学ばれたことに感謝を申し上げるとともに、15年間、支えていただいたご家族の方に、厚くお礼を申し上げたいと思います。
20190301-6.JPG20190301-4.jpg

さて平成の時代も終わりを告げようとしています。
平成はバブルの崩壊から始まりました。日本経済は低成長時代に突入し、失われた20年ともいわれました。一方阪神淡路大震災、東日本大震災という未曽有の大災害を経験し激動の時代でありました。平成最後の10年は、インターネットとスマホが急速に普及し、社会生活が大きく変化しました。

ここにきて世界は一層混迷を深め、予測がつかない時代になってきました。このような時代背景の中で皆さんは大学に進学し数年後には実社会に飛び込んでいきます。私はおそらくここ10年で、最も不確実性の高い時代での卒業式だと言えるのではないかと思います。

そんな荒波に船出しようとする皆さんに、今日は一つの言葉を送りたいと思います。それは「最善観」という言葉です。これは教育学者森信三の著書「修身教授録」に出てくる言葉です。

森先生の言葉を引用しますと、「わが身に起こる事柄は、そのすべてがこの私にとって絶対必然であると共に、またこの私にとっては最善なはずだ」ということです。「それゆえ我々はそれに対して一切これを拒まず、一切これを退けず、素直にその一切を受け入れて、そこに隠されている、神の意志を読みとらねばならない」ということです。

私は40年余りにわたる企業人生活を送ってきましたが、時には夜も眠ることができないような日もあり、極度の緊張の中で体調を崩したこともありました。その時私はいつも携えている手帳の最後のページに記した「必要、必然、最善」を読み返すことにしていました。これも「最善観」と同じ考え方です。自分の身の上に起こったことは、自分が生きていく上で必要だから起こったことであり、起こるべくして起こったことであり、自分の人生で最もいいことなのだ、と前向きにとらえました.これが心の安穏と次なるチャレンジに大いに役立ったこと言うまでもありません。

競泳女子のエース、池江璃花子選手は先月12日、自らが白血病であることを公表しました。東京オリンピックでの金メダルをだれもが期待していましたが、神様は池江選手に過酷な試練を与えることになりました。池江選手は翌日ツイッターで「神様は乗り越えられない試練は与えない。克服して必ず戻ってきますと」と語りました。まさに「最善観」です。私は必ずや、東京オリンピックで金メダルを取ってくれるものと信じています

卒業生の皆さん、皆さんの前途は決して平たんではありません。数々の困難が待ち受けているものと思います。そんな時はそれは天の計らい、天が与えた試練と受け止め、そのうえで人事を尽くし天命を待つことが大切だと思います。

皆さんは縁あってこの雲雀丘学園で学びました。私たち教職員も縁あって皆さんと学園生活を共にすることができました。この縁を大切に、皆さんの将来が実り豊かで幸せ多きものになることを祈念してお祝いの言葉とします。                以上


(2019.3.1) 雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年02月22日

「大学受験、がんばれ!雲雀っこ」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「1月は行く、2月は逃げる」と言いますが早いもので、2月も最後の週になろうとしています。25日からはいよいよ国公立大学の入学試験が始まります。受験生にとっては今が一番大変で、気が落ち着かないとき。人事は尽くしたと思うのであとは最後まで気を抜くことなく持てる力をすべて出し切ってほしいと思います。  「がんばれ!雲雀っこ」

20190222-3.jpg20190222-4.jpg
昨日(2月21日)は中山台幼稚園で「せいかつはっぴょうかい」がありました。私が毎年楽しみにしている行事です。中山台幼稚園は表現保育を主眼とした幼児教育をしており、この発表会もその方針がよく出ています。

クラスごとに劇を演じますが、舞台衣装はほとんどなく、園児はフロアを所狭しと飛び跳ねます。そして登場する動植物や、時には風や波などの自然現象になりきって演技をします。ストーリーも原型はありますが、担任の先生と園児が練習を積み重ねる過程で台詞や動作も作り変えられ、創作劇が誕生します。

舞台の小道具も園児が作り、またその舞台への持ち出しや片付けも園児たちが行います。まさに全員参加の手作り劇、全員主役。そして園児は表現力を養っていきます。

それだけに担任の先生の苦労は大変。どうしてもモグラの動作が分からなく園児と一緒に砂場に入り穴を掘りながら表現を探したそうです。発表が終わると担任の先生はもちろんのこと、周りの先生までが、園児が懸命に演技をやり遂げたのを見て涙をこらえます。私も思わずもらい泣きしました。

20190222-2.jpg20190222-1jpg
しだれ桜の下に並べられたプランター        プランター作りを手伝った方々

さて「3月は去る」で、すぐに4月の入学の季節を迎えます。この日は事務局前に「ボンザマーガレット」のプランターがたくさん並びました。毎年、入学式の時は事務局前のしだれ桜を背景に多くの方が記念写真を撮られます。その写真がもっと楽しくなるようにと中高の環境大使の生徒、シルバーさん、顧問の先生がた、事務局職員が力を合わせてプランターを作ってくれました。新入生を迎えるときが楽しみです。

20190222-5.jpgマーガレットの花言葉は「恋占い」。マーガレットが「好き、嫌い、好き、嫌い・・・」と花びらを一枚ずつ散らしながら「恋占い」をすることにちなみます。和名は「木春菊(もくしゅんぎく)」です。葉の形がキクに似ているからだそうです

(2019.2.22)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年02月08日

「中央大学剣道部の模範生」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今年は暖冬で今朝(2月7日)は特に暖かかったのか講堂横の白梅が一気に数輪、可憐な花を咲かせていました。すでに立春は過ぎていますが皆様に春の息吹(写真)をお届けします。

20190208-1.jpg20190208-2jpg
”春の息吹”白梅        左から福原学長、薮田君、北原監督

さて一昨日(2月6日)の夕刻、中央大学の福原学長から突然、電話がかかってきました。「雲雀丘学園の卒業生が中央大学の剣道部で頑張っています」とのことでした。実はその前日(2月5日)中央大学剣道部の優勝祝賀パーティがあり、招かれた福原学長は出席の方々と談笑していたところ、たまたまその中に雲雀丘学園出身の部員がいて、すぐに私のことを思い出しいろいろと話しをしたとのことでした。福原学長はわたくしの県立彦根東高校の4年後輩、時に酒を酌み交わす仲で、親しくさせていただいています。

みんなが集まってきて話を聞くとその部員は薮田匠海君,法学部1年生で昨年春雲雀丘学園を卒業とのこと。部活動も積極的で練習も熱心、模範的な部員で勉強も実によくできるとのことでした。福原学長は嬉しくなり電話をしたとのことでした。もっと嬉しいのはこの私です。クラブも勉強も一生懸命が雲雀丘学園のめざすところ、大学に進学してもそれを実践していることを誇らしく思いました。

中央大学剣道部は昨年10月に開催された「第66回全国学生剣道優勝大会・男子団体戦」で24年ぶり13回目の優勝を果たしました。創部は明治26年、部員数50名。歴史と伝統ある屈指の名門クラブです。全国の高校から腕に自信のある都道府県のNO1の選手が推薦で集まってきます。そこにスポーツ推薦を受けず入学し、剣道に挑戦する薮田君は実に立派です。

簡単にはレギュラーにはなれないかもしれません。しかしそんなことはどうでもいいのです。薮田君。人生のレギュラーになれ!君の行動は雲雀の後輩に勇気と、挑戦する気概を与えているぞ。

ブログに書くので写真をお願いしたところ、剣道部顧問の北原先生から丁寧な電話がありました。「薮田君は頑張り屋、大切に育てます」と有難いお言葉、隣にいた薮田君本人も電話口に出たので、元気でさわやかな声が聴けました。

(2019.2.8)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年01月31日

「記念学園歌、作詞を伊集院静氏にお願い」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今週初め1月29日(火)、作家伊集院静氏を訪問しました。本学園の鳥井理事長、サントリー宣伝部の山田社長とご一緒しました。本学園は来年、2020年に創立70周年を迎えますが記念の学園歌を作ろうということになり、同氏からはすでに内諾を得ていたのですが改めて正式に作詞のお願いに上がったわけです。

20190131-1.jpg最初、現在の学園歌の譜面を伊集院さんにお見せしたのですが、譜面を見るなり、軽く口ずさみながら「音域も考慮され歌いやすくいい学園歌」と話され、次にCDで実際に聞いていただくと「学園のイメージに合った穏やかで伸びやかな素晴らしい曲」と絶賛されました。一昨年、日経の連載小説「琥珀の夢」を執筆されるにあたって学園を見学されましたが、その時の生徒、児童の印象とも重なったとのお話をいただきました。

作曲の方をお願いする「トライトーン」が合唱するCDを聞いていただきましたが収録の7曲を詳しく説明されるなど音楽への造詣も深く、「作曲者についてもよく分かった。この方ならいい曲を作っていただけます」と太鼓判を押していただきました。

曲調については事前に学園で調べた記念学園歌に対する教職員へのアンケートや生徒へのヒアリングも参考にしながら話し合いましたが、明るく元気で勇気が湧いてくるようなもの、応援歌や行進曲としても使われるもの、「孝道」「挑戦」など建学の精神もしっかり伝えられるもの、歌いやすく歌い続けられるものなどで意見がまとまっていきました。

余談になりますが伊集院静氏は作詞家しても活躍されておりレコード大賞も受賞。「ギンギラギンにさりげなく」などのヒット曲があります。

記念学園歌は2020年の創立式典での披露を考えていますが、今から楽しみにしていただきたいと思います。

(2019.1.30)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年01月24日

「好きで嫌いで理想の人」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
阪神の新監督に就任した矢野新監督を応援する「虎耀会」がとし始め開催され出席しました。この会は私の母校市大のOBや現役の学生で構成されています。この日は東京からの出席も多く、22歳から80歳まで老若男女・多種多彩が集合しました。

20190124-2.jpg20190124-3jpg
虎耀会                          六甲おろしを大合唱

20190124-1jpg私は初参加、矢野監督にお会いするのも初めてでした。第一印象は「爽やか、まじめ、かっこいい」でした。3時間余り、監督は出席者の質問や意見に極めて丁寧にかつ積極的に答え、ファンを大切にする苦労人に思えました。以下、その時に出た話です


「超積極的」「あきらめない」「誰かを喜ばせる」の2軍監督の時からの方針を継続するとのこと。選手の育成には自信があるが、選手をこのように育てるということはしない。目標を持たせたらあとは自分で考えさせる。自らやろうという気持ちにさせなければ成長はない。

「うまい」選手は残っていない。下柳にしても金本にしても「へたくそ」だった。自分もうまくいってないときがパワーをもらって成長した気がする。

「予祝」(あらかじめ祝うこと、前祝い)が大切。例えばスクイズならうまくいったシーンを頭に描かせる。観客が沸いている、両親が喜んでいる、飛び跳ねてホームインした、ヒーローインタビューを受けている。これを重ねると本当にスクイズが成功する。

矢野監督は読書家と推察しました。語彙が多く、話が具体的論理的でした。その一方、強い巨人と戦いたい、80勝60敗を目指す、負けた試合でも阪神ファンに喜んでもらえる試合をするという熱血漢でもありました。

私からは「今まで見てきた中で好きな監督1名、嫌いな監督1名、理想の監督1名を挙げて」と質問しました。しばらくいろいろな監督の名が出ましたが最後に「好きな監督は星野さん、嫌いな監督は星野さん、理想の監督は星野さん」。阪神の監督に指名されたとき星野さんがいたら相談に行ったと思います、とのこと。

私は学校の先生もこんな先生であってほしいとふと思いました。いい先生というのはよく怒られて嫌な先生であり、頑張ったときは一緒に喜んで頭をなでてくれる好きな先生であり、困ったときに相談に乗ってくれる先生だと思います。

(2019.1.24)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年01月18日

「313名合格祈願」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
いよいよセンター試験が明日になりました。体調には万全を期していると思いますがそれでもなお一層の注意をして人生の大一番に臨んでください。私は人生には三度勝負しなければならないときがあると思っています。そのうち一回は間違いなくセンター試験です。雲雀丘学園高等学校3年生の皆さん、今更じたばたしても仕方がない。今となっては雲雀丘で過ごした日々を思い起こし、落ち着いて、持てる力を十分に発揮すること。静かに天命を待つことにしてほしいと思います。
20190118-4jpg20190118-3jpg
                               313名の写真と名簿

先週土曜日、1月12日、私は高3学年主任の守本先生と二人で北野天満宮に合格祈願のお参りをしてきました。「合格のためにやれることは何でもやる」これは守本先生のモットーですが、当日のいでたちは、胸ポケットに女子生徒の「大願のボウ」がさしこまれ、首には男子生徒の「成就のネクタイ」が結ばれていました。
20190118-1jpg20190118-2jpg
 神前に開示

天満宮本堂に昇殿、直ちに神前に高3生全員の名前、写真を開示しました。宮司からは神妙に雲雀丘学園高3生全員合格の祈願がなされ、併せて私たちも313名全員の合格のお祈りをしました。

小雪が舞うかの大変寒い朝でしたが、ご祈祷を終え外に出るときに、ちょうど薄日が差し始め、守本先生と「吉兆」を歓びあいました。天満宮からのお下がりの絵馬に「志望大学合格祈願」としたため絵馬掛所に掲げました。

高3諸君の健闘を祈っています。やってみなはれ!

(2019.1.18)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2019年01月08日

「あいさつ笑顔で日本一」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
新しく年が変わり新学期になって校門の立て看板を新装しました。この立て看板は小学校職員の手作りの力作です。新スローガンは「雲雀はあいさつ笑顔で日本一」。これは石田校長先生が登校時、児童に「おはよう」に併せてよくかけられる言葉を拝借しました。石田校長は本校に赴任以来、毎朝校門に立たれて登校する児童に声をかけられてきました。私も見習った一人ですが、石田校長は今の児童は「今までで一番挨拶ができている」と話されています。
20190108-4jpg20190108-5jpg

この頃では児童会の役員や交通部の児童、先生方もたくさん出られてピーク時は挨拶の声が途切れず大変賑やかです。多くの児童は立ち止まって元気いっぱいに自分のほうから挨拶をし、警備員さんとも笑顔で挨拶を交わす仲良しです。私にとって朝の登校の時間は、児童や生徒から元気をもらい、有難さを感じる時間になっています。
20190108-1jpg20190108-9jpg

2学期の終わりころから複数の児童が歩道を掃除するようになりました。毎日一生懸命にやるので、あまり無理をしないように言っているのですが今朝の寒さの中も最後まで掃除していました。石田校長が自らほうきをもって掃除をされるのを子供たちが見て、やり始めたものですが、やはり上の人の姿勢が教育には大切です。
20190108-2jpg20190108-10jpg

さて2019年、平成最後の年が始まりました。今日1月8日は、前日に昭和天皇がお亡くなりになり、30年前、平成が始まった日になります。皆様は何をされていましたでしょうか。
私はサントリーの新宿支店長をしており、世界一の繁華街を担当し日夜、酒を売り歩いていました。一方、バブルがはじけいわゆる「失われた20年」が始まろうとした年でもありました。

新元号が始まる今年も厳しい見方を、マスコミをはじめ多くの方々がしています。米中覇権争い、消費税率10%、それに伴う景気の急落など悪い材料には事欠きません。しかし東京五輪、大阪万博、インバウンド4千万人、ラグビーWC開催など夢もたくさんあります。

私の経験からいうと、バブルの崩壊やリーマンショックなどは突然やってきて前触れはありませんでした。前触れのある危機などはないと思っています。むしろいい材料に全力で取り組むことが日本経済の在り方ではないでしょうか。

雲雀は「あいさつ笑顔で日本一」を目指します。

(2019.1.8) 雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年12月25日

「変えよう変わろう」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「冬至冬中冬はじめ」 
 今日12月22日は冬至、冬至は立冬と立春のちょうど真ん中、「冬中」になります。しかし寒さはいよいよこれからが本番、冬至から「冬が始まり」、立春の前あたりが一場寒い時期になります。

20181225-3jpg20181225-1jpg
 校庭から高校棟をのぞむ              雲雀はあいさつから

前回、前々回の「学園長便り」で小学校、中高等学校の今年の取り組みを書かせていただきましたが雲雀丘幼稚園、中山台幼稚園も大きな改革を進めました。両幼稚園とも英語教育については毎年、改善を図っていますが、今年度はネイティブの英語の先生を幼稚園に常駐してもらい、園児と終日、コミュニケーションが取れるようにしました。残念ながら両幼稚園で先生を分け合っていますが、今後専任になるよう努力していきたいと思います。このネイティブの先生の指導は保護者からの評価も高く、園児への英語教育のレベルは上がったものと確信しています。

20181225-2jpg20181225-4jpg
 年末の登校風景

雲雀丘幼稚園は通園バスを今年、導入しました。これも長年検討されてきたことです。通園の利便性を図ることで入園者が増えることを期待したいと思います。中山台幼稚園はこれも懸案であった自園調理の給食が提供できるようになりました。食育の向上を目指しての対応ですが園児にも保護者の皆様からも喜びの声をいただいています。

食は人間の根本的な行為であり自園調理を通して、いっそう豊かな園児教育が推進されることを願っています。しかしこれらは一方では保護者の皆様にご負担をおかけすることでもあります。学園としては新たなご負担が提供されるものに見合うものであるか、否、それ以上になることを目指して不断の努力を重ねねばなりません。

「変えよう、変わろう」
変化の時代にあって同じことを繰り返すことは劣化を意味します。雲雀丘学園は常により魅力ある学園を目指し変わっていく学園でありたいと思います。

(2018.12.22)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉