メイン

2018年09月25日

「災害の年に思う」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpgようやく心の荷を下ろすことができました。先週9月21日、倉敷市真備町に災害ボランティア活動で行ってきました。災害発生以来早く行きたいと思っていたのですがなかなか叶わず、今になってしまいました。真備町は今年7月の西日本豪雨でも最も大きな被害を受けたところです。

20180925-1jpg
少し色づき始めた大銀杏
真備町は町の真ん中を流れる小田川の堤防が決壊し多くの家屋が2階まで浸水しました。訪問したお宅も2階の1mくらいまで浸水しました。作業は浸かった壁面・天井・床の、骨組みは残してボード剥がしです。作業中ずっと、被害にあわれたご家族の持って行き場のない無念さを感じました。

今年は近畿地方だけでも台風、地震、暴風雨と各種災害が発生しました。学園では体育大会、定期試験、文化祭、修学旅行といった大きな行事にも影響を受けました。やむなく休校措置を取りご家族の皆様にもご迷惑やご心配をおかけしたと思います。いろいろとご意見やご提案をいただいており今後の改善や取り組みにつなげたいと思っています。

休校の判断が宝塚市や川西市の風水害の警報の発令に依っていますので現況とのずれや、そぐわない場合もあり改善の必要があると思います。警報の発令時刻にすべてゆだねるのかということも検討の必要があると思います。

さて昨今災害に対する安全・安心への関心が高まり早めの対策が叫ばれるようになりました。台風の到来にあってはNHKなども相当早い時刻からの退避を呼び掛けています。またJRや私鉄なども予告運休を実施する鉄道が多くなりました。安全がすべてに優先することに論を待ちませんが、過剰な対応は慎重に考えるべきだと思います。とにかく安全ということで、社会全体が安全ののりしろを多めにとり,つないでいったなら活力のない社会を作るのではないでしょうか。一方で「台風に負けない」心意気も持ち続けたいものです。

さらに安全の確保は自らの責任のもと、自らが判断して行うものです。危険は台風や地震だけではありません。私たちの毎日は危険と隣り合わせで生活しています。自らの安全は自らが守るという気概がまずあって、社会から守られるものです。学園中高等学校の校是に「自律」という言葉がありますがこれも生徒にもしっかり教えていきたいと思います。
(2018.9.24)

2018年09月14日

「せめて会釈ぐらいはしなさい」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg「勝に不思議の勝あり、負けに不思議の負けなし」 この言葉はプロ野球往年の名捕手・名監督野村克也氏のものかと思っていましたが実は肥前平戸藩第九代藩主の松浦静山氏であることを知りました。勝った理由はみつけられない時もありますが「負け」には必ず理由、原因がある、負けた原因をしっかり分析して次は勝とう、というものです。

しかし私は「勝ち」にも根拠があると思っています。前回のブログで小学校の今年の志願者が大きく伸びたことを書きました。私はすぐ小学校になぜ志願者が増えたかを分析するようお願いしました。下記はある塾が保護者にヒアリングをされまとめられたものです。

これによると学園小学校を選択された1番の理由は、「保護者の学校訪問時、先生方の挨拶がとてもよかった」です。以下、「やってみなはれ塾ができた」「児童の学力が高いレベル」「プログラミングの先進的な取り組み」が続きます。

確かに学園小学校の先生方はどなたにも丁寧に相手をされます。これが保護者に安心や信頼を届け、ここなら生徒を預けて大丈夫と思われるのではと思います。学園全体の穏やかな校風にもつながるものでしょう。それにしても制度や設備ではなく、挨拶や感じなどソフトの部分で選んでいただくことに、改めて今後の学校経営や学校教育の在り方を考えねばと思っています。

20180914-1jpg
雨の日、事務局から正門を
さて朝の登校時のことです。専用通路を通って多くの児童生徒が次々と登校してきます。通路に沿って、校長をはじめ担当の先生方が「おはよう」と声をかけていきます。時には児童会の係りの子供達も加わります。元気な挨拶の声がすべての生徒や児童に途切れなくかかるのですが、そんな中、稀ですがまるで関心のないように無口で通り過ぎる生徒がいます。面白くない日もあるでしょう、考え事もあるでしょう。疲れているかもしれません。また恥ずかしいかもしれません。

挨拶がどうのはもういいません。しかし挨拶にその人の人間力や社会力が凝縮、表現されることは間違いありません。どうしても挨拶ができないならせめて目を合わせ会釈ぐらいしなさい。生きるにあたっての最低限の生活習慣は雲雀丘学園で身につけてほしいと願っています。
(2018.9.14)

2018年09月06日

「学園小学校に期待」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg今朝北海道で震度6強の地震が発生しました。震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生しています。被害がつかめていませんが、大きな災害になっていないことを願うばかりです。今夏になって日本列島は大きな災害が続き、台風21号では阪神地区も大きな被害を受けました。特に停電の被害が大きいようです。昨日、登校してくる生徒、児童に尋ねると停電が大変だったと話しかけてきました。

20180906-1jpg

台風一過、中庭の金魚を見る児童

そんな中、雲雀丘学園小学校の入学願書受付が始まりました。この日(9/5)の応募には、さぞ外出も大変だったと思いますが、早朝から大勢お越しいただきました。その人数、何と184名。昨年の応募者数を初日だけで大きく上回りました。まことに有り難いことです。

学園小学校は保護者の皆様のご期待に応えるべくいろいろな取り組みを進めてきました。この4月からは小学校の全学年で週2時間の、ネイティブと日本人の二人の先生の授業を開始しました。今までとは大きく異なり英会話主体の楽しい教室となっています。

また課外授業で希望者になりますがプログラミング教育を同じく4月から開始しました。現在200名を超える児童がプログラミング専用教室で学んでおり、近畿では雲雀丘学園に倣って来年4月から導入する学校が増えてきます。他校に先駆け取り組めたこと、喜々として学ぶ児童の顔を見て、大変うれしく思っています。

また学童保育も始めました。「放課後の時間を単に預かりの時間としない、子供たちの成長の時間とする」を基本的な運営の方針とし、先生方にも建学の精神を理解してもらったうえでそれぞれの講座に臨んでもらっています。

しかし何よりもうれしいこと、先生方が一番頑張っていることはこの夏休みに発表された「全国学力学習状況調査」の結果発表です。石田校長先生がご自身のブログで書かれていますが学園小学校のレベルは、目標とする国立小学校を国語Bを除いては上回っていることです。素晴らしいと思います。望むらくは早期に国語Bも国立を凌駕して保護者の皆様に安心をお届けしてほしいと思っています。

願書の話が飛躍しましたが一つひとつ改善を重ね、人間力があって世界に活躍・貢献できる人材を育てていきたいと思います。

(2018.9.6)