雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2020年02月20日

「墓前にお誓い」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今日、2月20日は雲雀丘学園の創立者で初代理事長、鳥井信治郎先生の命日でした。学園ではお墓のある中山寺に学園長、事務局長、中高校長、小学校長、小学校教頭、中山台幼稚園長、GKS塾長がお参りをしました。


20200220-1.jpg鳥井信治郎先生は昭和37年(1962年)2月20日早朝、雲雀丘の自宅で83年の生涯を閉じられました。同月25日には社葬が執り行われ、当時首相であった池田勇人氏が友人代表として出席、心のこもった弔辞を読まれています。弔辞の冒頭の部分を紹介し先生をしのびたいと思います(「美酒一代」杉森久英著より引用)

「鳥井さん――私はあなたに、長い長い交際を願いました。今も思い出多い数々が私の脳裏を去来します。あなたは、長い間の私の先輩として、はたまた先生として、ご指導役、酒造界の先駆者としての王者の貫禄を身につけられて、私の未熟な大蔵省役員時代のご意見番として、おりにふれ、ときに適切なる助言とご意見をいただきました。
 あなたのご人格よりにじみ出る一言一句は、尊い金言として、必ず固く胸に刻んでまいりました。そして、私もあなたとともに及ばずながら、大蔵省のその道に担当者として微力を尽くし、酒造業、とくにウィスキーについての勉強に力を入れてまいった関係上、ときには私もあなたのご意見役にならせていただいたこともありました。教えられて受けて立ち、長い間、あなたとの友情はひしひしと胸にせまり、限りないなつかしい思い出がよみがえって、温容なあなたのご人格がしのばれてなりません。
 あなたは、奇しくも私が生まれた明治32年、20歳の若さを以って寿屋を創立し、果実酒の製造に着手せられ、赤玉ポートワインを手はじめに、あくなき研究心に燃えて、遠く英国に求めてスコットランド式醸造法を考究して、大阪府山崎の地を選んで本格的ウィスキーの製造に乗りだし、爾来サントリーの愛称をもって、国内はもちろん広く世界に向かって誇りうる銘酒の出現を見るに至った、その先見の明に対しては、世人ひとしく尊敬の念にうたれるのであります…(後略)…」

私たちは墓前に鳥井信治郎先生のご遺志を受け継ぎ、「やってみなはれ精神」に満ち、親孝行のできる子供たちを育てるとともに、70周年記念事業を立派に仕上げることをお誓いいたしました。

(2020.2.20)

2020年02月14日

「氷が溶けると何になる?  里里プロジェクト②」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「氷が溶けると何になりますか?」理科の問題です。皆さんは何とお答えになりますか。「水に決まっているだろ」でしょうか。ある児童が試験で「氷が溶けると春になる」と答えました。あなたが採点者なら、×ですか。△ですか。〇ですか。それとも◎でしょうか。

20200214-1.jpg20200214-2.jpg
             親子共同作業                      里里池の全容

雲雀丘学園では昨年より「里里プロジェクト(以下「里里」)」を推進しています。これは学園全体を「里地・里山・人里」に見立て学園生活全体が自然と溶け合うような環境づくりを目指そう、そして情操豊かな子供たちを育てようというものです。その核となる場所が「里里池(仮称)」。告天舎と幼稚園の間にある空池で放置されていました。「里里」はそこを整地することから始まりました。

昨年11月、そして先週末と2回の親子共同作業を実施し延べ1000人以上の参加を頂きながら、「里里」の土台、基本的な枠組みは出来上がりました。「里里池」には田んぼが2つ、池が2つ、40mのせせらぎ(小川)、湧き水池、井戸が誕生しました。今後はいわばその舞台でどう演ずるかにかかってきます。

思いつくままに勝手に挙げるなら、「春の小川はさらさら行くよ」「めだかの学校は川の中」の童謡の世界の実現です。来年の春の七草はスーパーでなくこの池の周囲で草摘みをしたいと思います。秋の七草は今年は間に合わないかもしれません。そして念願の稲の収穫です。田植えですが指導をいただいているビオアの米本さんの御意見では春の連休明けになりそうとのことです。新入学時には記念の植樹もしていきます。全員がアイデアを出し合ってワイワイガヤガヤ、楽しく面白い「里里」を作りましょう。

「里里」で子供たちが自然に触れ合う機会は格段に増えます。机上の知識より体験、認知能力偏重から非認知能力尊重へ、疲れた子供からキラキラ目の輝く元気な子供へ。これらは先生方にとっても、また学園にとっても変革を迫られる挑戦分野です。まさに前例のない取り組みとなります。
「氷が溶ければ春になる」と答える夢とロマンに満ちた子供たちこそ「里里」の願いです。

(2020.2.12)

2020年02月10日

「力を合わせて32トン、里里プロジェクト①」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「里里プロジェクト」第2回目の親子共同作業はこの土日の2日間、告天舎隣の「里里池」で行われました。のべ300名の児童、園児そして保護者の参加をいただきました。今回の主な仕事は、前回あらかた形作られた田んぼや池に必要な土、腐葉土を運び入れることです。
20200210-1.jpg20200210-2.jpg
          阪大剣道部の皆さん               雲雀科学部の皆さん

既に前日までに何と20トンの土と12トンの腐葉土が幼稚園の前に用意されています。これをバケツリレーで田んぼや池まで運びこみます。途中には20段あまりの石段やみぞもありバケツリレーも容易ではありません。しかし参加の皆さんには懸命に作業をしていただきました。因みにバケツの流れるスピードは1分間に25個で1時間に1500個、一個のバケツに土が2キロとして1時間におおよそ3トンの土を運ぶことが計算上は可能です。2日間で合計32トンの土、腐葉土を動かしていただきましたが本当によくやっていただいたと感謝しています。
20200210-3.jpg20200210-4.jpg
            楽しく豚汁                     バケツに用意

もう一つ。冬の寒い日の共同作業ということで、小学校の成地校長先生の発案で豚汁が用意されました。職員や先生方は前日から準備に当たりましたが、これも一仕事終えた後の温かい一杯で、心も温まり作業の達成感も一層のものとなりました。
20200210-5.jpg20200210-6.jpg
                          バケツリレー

今回は大変な作業量ということで学園中高から科学部、テニス部を中心に延べ40名が、また阪大の剣道部も15名の部員が助っ人に駆けつけてくれました。力作業に携わっていただきましたが大きな支えとなりました。里里プロジェクトは善意のプロジェクトです。

嬉しかったのは午前参加の児童2人が楽しいから、午後も参加したいと申し出てくれたことです。お母さんの了解をいただいたうえで、午後も親子で作業を続けていただきました。有難いことです。また運搬の作業中も何人かの児童が「代わります」と言って私のバケツを取ってくれました。「小学生がこんなことを言えるのか」と思いながら嬉しく頼もしく、今後の成長を心で願いました。

(2020.2.10)

2020年02月07日

「最高の贈り物」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「春は名のみの風の寒さや・・」毎年この季節になると口ずさみたくなる名曲です。今年は暖冬が続いていたのでこの「早春賦」には縁がないと思っていたのですが、立春を過ぎたあたりから急に本来の寒さに戻りました。

20200207-1.jpg20200207-2.jpg

改めて周りを見ると毎朝通う線路沿いの道端には今年も忘れず同じ場所に水仙が寒風に揺れ、学園の正門を入ると白梅が元気に咲き出しました。今年の白梅は緑がかって見えるのは急に寒くなったせいでしょうか。

そんな中、子供たちは元気に登校してきます。特に小学生が元気です。私も元気になります。この頃は専用通路に立ち、挨拶の声掛けをする児童も増えてきました。みんな自主的な参加です。寒い中、私と違って薄着で一生懸命に「おはようございます」の声をかけ続ける児童は立派、誇らしく自慢したくなってきます。健やかに成長してくれると確信が持てます。
20200207-12.jpg20200207-11.jpg20200207-13.jpg
クリックで拡大します

いつも建てかけられている挨拶の看板が、ことし始めから新しくなりました。今回も小学生3、4年生の応募で決まりました。「あいさつでもっと咲かそう笑顔の花」「ひばりよりたかぁくひびけあいさつの声」「あいさつでこころとこころのキャッチボール」。どれもよく考えられた秀作です。3番目は幼稚園からの野球少年の作品。よくできているではありませんか。

雲雀丘学園は日本一挨拶ができる学園を目指します。そのためには先生方はあいさつ運動の先頭に立っていただかなくてはなりません。子供たちが進学しても社会に出ても進んで挨拶ができる人間に育てようではありませんか。それこそ卒業を控えた子供たちへの最高の贈り物です。

(2020.2.7)