雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年12月05日

「朗報続く雲雀丘」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今朝(12/4)は北海道や東北地方は猛吹雪で冬の訪れが突然来たようです。宝塚もいつもよりはずっと寒さは増しましたが児童は元気に登校しいつものように明るい笑顔で挨拶。中高は後期試験のさなか、真剣な顔で、中には参考書を片手に歩く生徒も数多くいました。高3にとってはいよいよ来月はセンター試験、どうぞ風邪などひかぬよう体調には十分に注意してほしいと思います。
20191205-1.jpg久しぶりに中高の校庭に行きましたが、銀杏の2本の巨木はすっかり色づいて、足元にはすでに落ち葉が敷かれています。毎年この時期この銀杏を見ると堂々と学園をも守ってくれているようでうれしく思います



そんな中、今日は囲碁・将棋部の佐藤君と顧問の柘植先生が先月、京都で開催された近畿高等学校総合文化祭京都大会の報告に来てくれました。佐藤君は兵庫県チームの主将として出場し見事、優勝の栄冠を獲得しました。5回戦を戦いましたが負けなしの25勝、ダントツの優勝でした。1チーム5人で戦いますが佐藤君を除く残りの4名は全て灘高生、試合前には相手チームの分析や戦い方などをチームメイトと話し合いますが佐藤君はみんなをリードし、兵庫チームを圧倒的勝利に導いたそうです。

また高校女子テニス部からも朗報が届いています。女子テニスというと中学が話題になりがちですが、兵庫県大会新人戦で3位入賞を果たし、これは過去タイ記録、十数年ぶりの快挙です。また兵庫県私学大会でも3位となりドリーム枠で近畿大会に出場します。これからは高校も栄光の歴史を刻んでほしいと思います。

また先月になりますが中学女子テニス部と野村教頭がそれぞれマロニエ賞を受賞しました。マロニエ賞は兵庫私学の名声を高めた生徒及び教職員を表彰するものです。学園では5年前のマンドリン部と顧問の高木先生の受賞に続き2度目、栄誉ある受賞となります。中学女子テニス部は平成27年度から令和元年度まで兵庫県で5年連続優勝し、平成30年には全国大会で3位になるなど全国でもトップクラスのテニス部としての実力を誇っています。

令和になって初めての年は学園にとってうれしいニュースで年の瀬を迎えられそうです。頑張れ!雲雀丘学園。高3はセンター試験を控え、今が一番大変なとき、自分を信じて、明日を信じて、焦らず慌てず着実に歩んでほしいと思います。

(2019.12.4)

2019年12月03日

「師走、二つの催事」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今年も師走に入りました。月日の経つのは本当に速いものです。昨日(12月1日)は師走を告げるにふさわしい二つの催事がありました。中山台幼稚園の「クリスマス音楽会」と「サントリー1万人の第九」です。

20191202-3.jpg20191202-4.jpg
壇上に90の灯り                     歓びの歌の合奏

さて「クリスマス音楽会」は学園講堂に一杯のお客様をお迎えして開催されました。いつものように年長さんのキャンドルサービスから始まります。園児たちは真っ暗な講堂をキャンドルをささげ順にしっかりとした足取りで壇上に上がっていきます。涙腺の緩い私などはもうこの時から涙がにじんできます。暗闇の中、壇上に90個の温かい灯がきれいに並ぶと、音楽会は始まります。年中さんも年少さんも見事日頃の厳しい練習の成果を出し切りました。そしてお客様から大きな拍手が寄せられました。ご両親もお喜びになったと思います。

最後のあいさつで長岡園長は「もしクリスマス音楽会のコンクールがあれば間違いなく、うちの園児たちは金賞を獲れる」と園児たちと先生方を称賛し、本庄保育主任も「子供たちと一緒に成長できた。この職業につけたことに感謝したい」と涙を抑えながら語りました。

20191202-1.jpg20191202-2.jpg
合唱を待つ児童                    大阪城ホール

毎年恒例の「サントリー1万人の第九」は大阪城ホールで開催されました。因みにこの日は大阪マラソンと重なって会場付近は大勢の人でごった返していました。今年の第九は何といっても学園小学校の35名の児童たちが出場したことです。児童は夏の終わりごろから12回の猛特訓を積んで、本番に臨みました。そして大阪城ホールの最前列で、指揮者の佐渡裕氏を目の前に見ながら堂々と歌い切りました。昨日(12月1日)は朝早くから当日の練習や待機で大変だったと思います。それでも学園の児童たちは最後まで笑顔いっぱい、元気いっぱい、姿勢も立派でした。

今年の「第九」は37回目を数えますが、令和になって初めての開催ということもありオープニングは東儀秀樹氏とお子様の雅楽の舞から始まり、そのあとお二人の篳篥、ギターの演奏と続きました。お聞きすると、お子様はなんと12歳、人前での演奏は今日が初めてとのこと。12歳の迫力あるギターに驚くとともに、佐渡裕氏の「令和の今年は各界で若い人が大活躍した。これからは若い人の時代」、に大賛成。雲雀っこも遠慮しないでガンガンぶつかっていってほしいと願った次第です。

(2019.12.2)