雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年03月15日

「児童・生徒をスマホから守ろう」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
文藝春秋の4月号に大変気になる記事が掲載されていたので紹介します。それは、東北大学の川島隆太教授の「スマホと学力『小中7万人調査』大公開、LINEを止めると偏差値が10上がった」です。以下、多くはその記事からの引用であることをお断りしておきます。

スマホは今や多くの人にとって欠かせないものになっていますが、2017年の内閣府の調査では小学生の約30%、中学生の約58%、高校生の約96%がスマホを利用していると言われています。

川島教授が仙台市立の小・中学校に通う約7万人の児童・生徒に調査した結果、家庭での勉強時間は同じであっても、携帯・スマホを使用する時間の長い生徒ほど成績が下がることがわかったのです。さらに衝撃的なことに、家庭で毎日2時間以上勉強していても、携帯・スマホを3時間以上使用すると、携帯・スマホを使用せず、かつほぼ勉強しない生徒より成績が低くなっていました。

携帯・スマホの使用に伴う勉強時間の減少や、睡眠時間の減少が学力低下の原因と推測される方もあろうかと思います。(一般に睡眠時間の短い子どもたちの学力は低いと言われています)しかし、川島教授は、学力低下の要因は勉強時間や睡眠時間の長短ではなく、スマホを長時間使ったことが直接影響している可能性があると指摘しています。

実際、学園にはスマホの児童・生徒への危険性を訴える先生もいますし、スマホを過度に利用する社会の風潮を憂う先生も多くいます。兵庫県をはじめ全国に自治体でも条例などで、夜9時以降の使用禁止などを呼び掛けていますが、上記の調査結果を読むと、改めて子供たちをこのままにしていていいのかという気持ちになります。

改善が進まないことにはいくつかの課題があろうと思っています。弊害の実態が保護者や子供に真剣に伝えられていないこと、悪影響が即座に現れるものではないこと,自治体が呼び掛けてもなかなか身近な問題としてとらえられないこと、学校・家庭が一体となっていないこと、などがあげられます。

雲雀丘学園では冒頭の記事を各校種の校長、副校長、教頭、園長が読みましたが、あらためて携帯・スマホの弊害を認識しました。未来を託す、未来を生きる子供たちを守る責任が学校にはあると思います。一方、改善は大きなくくりでは実効が上がりません。校種、学年、学級の単位で取り組むべきと思います。そして大切なことは、保護者の意識です。雲雀丘学園の児童生徒には携帯・スマホの悪影響から守るという共通認識のもと学校・家庭が一体となった取り組みが進められればと思います。
(2019.3.15)

2019年03月11日

「中学に持っていってほしいもの」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今日は雲雀丘学園小学校の第69回目の卒業式が行われました。平成最後の小学校の卒業式であり、また8年前には東日本大震災が発生した日でもあります.学園長挨拶で私は、中学に忘れないで持っていってほしいものがあるとして、学園小学校で学んだ「挨拶」を取り上げました。あらゆる場面で「あいさつ、あいさつ」と言っていますので聞いておられる方はしつこく思われたかもしれません。

20190311-1.jpg20190311-2.jpg

しかしながら卒業生の答辞の中で、真っ先に語りかけてくれたのは挨拶の大切さであり、在校生もしっかりと引き継いでほしいという要望でした。私たちも大変うれしいことでした。

20190311-3.jpg20190311-4.jpg

以下、今日の挨拶です。

69回生の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
皆さんは6年間雲雀丘学園小学校で、いろいろなことを学び身に着けました。そしていよいよ来月からは中学校に進学します。その時、決して忘れないで中学校に持っていってほしいものがあります。なんだと思いますか。それは「挨拶」です。

私は毎朝、校門に立って皆さんに「おはよう」の挨拶をします。私がするというより皆さんのほうから先に挨拶をしてくれます。全員です。児童会の役員や交通部の児童も加わり、挨拶の輪が、大きな声と笑顔と一緒になって広がります。

皆さんはこの6年間で、挨拶は元気に笑顔で自分からするものだということを学びました。挨拶は周りを明るくし、自分も元気になるのだということを実感しました。そして最上級の6年生が率先してやっていけば学校全体がよくなるということも分かったと思います。これは素晴らしいことです

雲雀丘学園の創立者鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでも立派にできる」と「親孝行」の尊さを説きました。私は「親孝行」に加えて、今日卒業される皆さんには「挨拶のできる人は立派な人間になれる」と申し上げたいと思います。私の40年あまりの社会人としての経験、そして数年の教育の仕事を踏まえても、挨拶は成長のための大きな原動力で、生きていく上でも、大きな財産になるということをつくづく感じます。

正門に今年の初めから「雲雀はあいさつ笑顔で日本一」の立て看板が立てられました。雲雀丘学園小学校の朝の挨拶は、看板に負けない挨拶ができていると思います。石田校長先生は本校に赴任して毎朝、正門に立たれ、皆さんとは6年間、挨拶を続けてこられました。粘り強いご指導が、皆さんのような立派な卒業生を送り出すことができたのです。

卒業生の皆さんは中学生になってもこの素晴らしい挨拶を続けてください。雲雀丘学園から来た生徒は違う、と言ってもらえるよう、自信と誇りをもって挨拶できる生徒になってほしいと思っています。

最後になりましたが、学園歌に「つばさはめぐる世界をめぐる」とあります。みなさんの活躍の場は世界です。私たち教職員は、皆さんが雲雀丘学園で過ごした日々を忘れず、夢大きく世界に羽ばたいてほしいと願っています。

本日は誠におめでとうございました。

(2019.3.11)

2019年03月01日

「最善観」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
月が替わって3月1日、学園では高等学校の卒業式が開かれました。全国的のこの日は暖かく朝から晴れわたり、講堂横の白梅も満開、ほのかな気品のある香りが漂っていました。お祝いを述べた私は「最善観」という言葉を卒業生に贈りました。雲雀丘学園卒業生として厳しい現実に打ち勝って、誇り高く堂々と生きていってほしいと思っています。
20190301-3.jpg20190301-5.JPG
(白梅も満開)

以下私の祝辞を掲載します。

第61期の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんとは皆さんが高校1年生の時、学園中学校の3年生の時に、私が校長をしていましたので、本日の卒業はより身近に感じ、ひときわ嬉しく思っています。 心からお祝いを申し上げます。

尚、卒業生の中には、雲雀丘学園の二つの幼稚園から小学校、中高等学校と進まれ、15年間通園された方が26名おられます。たくさんの学校の中で雲雀丘学園を選び、学ばれたことに感謝を申し上げるとともに、15年間、支えていただいたご家族の方に、厚くお礼を申し上げたいと思います。
20190301-6.JPG20190301-4.jpg

さて平成の時代も終わりを告げようとしています。
平成はバブルの崩壊から始まりました。日本経済は低成長時代に突入し、失われた20年ともいわれました。一方阪神淡路大震災、東日本大震災という未曽有の大災害を経験し激動の時代でありました。平成最後の10年は、インターネットとスマホが急速に普及し、社会生活が大きく変化しました。

ここにきて世界は一層混迷を深め、予測がつかない時代になってきました。このような時代背景の中で皆さんは大学に進学し数年後には実社会に飛び込んでいきます。私はおそらくここ10年で、最も不確実性の高い時代での卒業式だと言えるのではないかと思います。

そんな荒波に船出しようとする皆さんに、今日は一つの言葉を送りたいと思います。それは「最善観」という言葉です。これは教育学者森信三の著書「修身教授録」に出てくる言葉です。

森先生の言葉を引用しますと、「わが身に起こる事柄は、そのすべてがこの私にとって絶対必然であると共に、またこの私にとっては最善なはずだ」ということです。「それゆえ我々はそれに対して一切これを拒まず、一切これを退けず、素直にその一切を受け入れて、そこに隠されている、神の意志を読みとらねばならない」ということです。

私は40年余りにわたる企業人生活を送ってきましたが、時には夜も眠ることができないような日もあり、極度の緊張の中で体調を崩したこともありました。その時私はいつも携えている手帳の最後のページに記した「必要、必然、最善」を読み返すことにしていました。これも「最善観」と同じ考え方です。自分の身の上に起こったことは、自分が生きていく上で必要だから起こったことであり、起こるべくして起こったことであり、自分の人生で最もいいことなのだ、と前向きにとらえました.これが心の安穏と次なるチャレンジに大いに役立ったこと言うまでもありません。

競泳女子のエース、池江璃花子選手は先月12日、自らが白血病であることを公表しました。東京オリンピックでの金メダルをだれもが期待していましたが、神様は池江選手に過酷な試練を与えることになりました。池江選手は翌日ツイッターで「神様は乗り越えられない試練は与えない。克服して必ず戻ってきますと」と語りました。まさに「最善観」です。私は必ずや、東京オリンピックで金メダルを取ってくれるものと信じています

卒業生の皆さん、皆さんの前途は決して平たんではありません。数々の困難が待ち受けているものと思います。そんな時はそれは天の計らい、天が与えた試練と受け止め、そのうえで人事を尽くし天命を待つことが大切だと思います。

皆さんは縁あってこの雲雀丘学園で学びました。私たち教職員も縁あって皆さんと学園生活を共にすることができました。この縁を大切に、皆さんの将来が実り豊かで幸せ多きものになることを祈念してお祝いの言葉とします。                以上


(2019.3.1)