2018年08月01日

タブレットを使ったドリル学習

20180801-0.jpg
2018年度より4年生はiPadのタブレットを個人で持っています。授業中には,「ロイロノート」というソフトを使って自分の意見を述べたり,見比べたり,先生に提出したりといった活用をしています。簡単にみんなの意見を共有できるので便利です。また,「やるKey」というデジタルドリル学習サービスを使って朝か昼のひばりタイムで算数のモジュールをおこなっています。

20180801-1.jpg20180801-2.jpg20180801-3.jpg

計算問題だけでなくいろいろな形式の問題が出ます。タブレット上で簡単に解答を入力することが出来,そして解答後は自動採点してくれます。やるKeyのすごいところは,間違えた等の個々のつまずきに応じて,次に出される問題に最適なものが出題されるというところです。プリントだけだとお直しして理解していく形となりますが,タブレットでは,分からない問題を何回もチャレンジして身につけていく方式となっています。自動採点の際に単に正誤を表示するだけではなく解説も表示されますので,間違えるたびに解説を読み,理解していけば自然と身についていくシステムになっています。
また「やるKey」は自ら目標を設定します。正解かどうかという結果もすぐに確認できるため達成感を感じながらも自制心を持ってすすめていくことが可能です。児童が問題を解いたら教員はその問題の解答結果や目標に対するがんばりを確認することができます。どのようなところでつまずいているのか一目瞭然なため,適切な声掛けで児童のモチベーションを向上することが可能です。
タブレットを使わなければ,自動採点もなく教員の負担増となりますし,瞬時に児童のつまずきに教員は気付くことも出来ません。個人個人に不得意な問題を提示するのも難しいですが,このソフトを使えば可能となります。
今後タブレットを使うに当たって,こういったICTのメリットを存分に生かして,便利な道具として徐々に浸透していったらいいなと思います。
(小学校教諭 森 大輔)


2018年07月25日

不便益

20180724-0.jpg

 「不便益」という言葉を聞いたことがありますか?「不便の益」(benefit of inconvenience)を指す言葉です。不便がもたらす効用(利益)がある。例えば、車につけるカーナビ。便利ではありますが、カーナビが無い方が地図を読む力がつくと思います。技術が発達し、プログラミング教育が注目されている今、私たちの身の回りにある「不便益」を考えてみても良いかもしれません。
20180725-1.jpg 私は中高で数学の授業を担当しています。平方根(ブログをご覧になられている大人の方々には懐かしい言葉かもしれません。√です。)の導入でこのような授業を行いました。
 「2乗して25になる数は?」
 「5」 「-5」!
 「2乗して36になる数は?」
 「6」 「-6」!
 「じゃあ2乗して30になる数は?」
 「そんなの無い!」
 「いやいや、5.5を2乗してみよう。5.5×5.5=30.25 ちょっと惜しいやん。5.4×5.4=29.16 …このように小数も考えると2乗して30になる数あるかも?今から班で協力して探してみよう!」
 「先生、電卓はありますか?」
 「無い!自分の手で計算!」
 「えー!」
どこが「不便益」かおわかりだと思います。班で協力して5.45の2乗、5.47の2乗、強者は5.475の2乗など小数第3位以下まで頑張って探していました。ただ、最後にはプロジェクターに電卓を映し、全員で各班の意見を検証。電卓を使ったら「5.47723の2乗やってみてください!」など、さらに細かい近似を提案する生徒もいました。
 タブレット等を使う授業が注目されていますが、自分の手で計算するから実感がわいてより頭に残ることもあります。ただ、タブレットを使わないというわけではなく(今回の授業でも最後は電卓です!)、自分の手で計算することと視覚を重視することを組み合わせることで、より効果的な授業ができるのではと考えています。

(中学校高等学校 教諭 三村麻梨乃)


2018年07月12日

「ICT活用によるコミュニケーション推進」

20180615-0.jpg
新聞紙面で、「IT」という言葉が以前よく取り上げられていましたが、直近では「ICT」の文字をよく目にするように思います。
「ICT」には、「IT」に「Communication」のワードが入り、技術にあわせて情報共有への「活用」を含めた方向へ潮流があるようです。
この活用について個々の「活動」と照らせ合わせながら、あるコンサル会社のお話をさせていただきます。

同社によると、いろいろな「活動」において、活動の意義が「わかり」そして活動そのものが「でき」、最終的に「成果をだす」一連の流れのなかで、
外部環境による不確実性が大きいなか、活動が「できること」が必ずしも「成果をだすこと」に繋がっておらず、両者の溝は大きいと思われているが、
実際には、ある活動の必要性を理解し「わかって」も、これを具体的な行動「できる」に繋げられていないという溝のほうが大きいと示しています。
さらに、この「わかること」についても、ある程度の情報量の共有がなく、「わかること」に達していないケースが多いとも述べています。
環境等、他責にするのではなく、みずから「行動を行っているか」、そもそもの「理解」がしっかりなさているか、といったところに一石を投じた内容です。

こうしたことは個人だけでなく、特に「理解」については学校、会社など、複数の人との連繋が必要になる組織の場合はさらに大切になると思います。
よく問題が具体的に共通認識されないがため、思考の停滞がおこるといったこともあり、特に企業内では一つのことに複数の部門が関係するがため、
論点がずれたまま、組織の力関係で決着してしまうことになります。
この打開策には、やはり日頃から「現場」レベルでの「情報共有化」という「活動」をしっかりと相互に行い、ワンウェイではなく、またファイアウォールを
取り除いておくことにあると思います。

中坊公平氏が「神は現場に宿る」、織田裕二氏も「事件は現場で起きている」と湾岸警察署でも云っておりましたが、ICTにより「現場・現物・現実」について
情報共有化を推進することが可能な時代になったと感じます。

トランプ政権では保護主義が台頭、いわば経済のブロック化が進行していますが、過去にこうした保護主義がその閉鎖性から戦争につながっていったことは周知のとおりです。
日頃のICTを活用し、こうした「情報の非対称性」を防ぐことは規模の差はあれ、改善にむけたステップであると思います。

(中学校・高等学校 事務長 竹内俊博)


2018年07月04日

「IT社会に思うこと」

20180725-0.jpg
前職での話で恐縮ですが、私が社会人になった1980年頃のこと、お得意先からの注文はすべて電話で受けていました。「オールド○○ケース、リザーブ ○○ケース 赤玉スィートワイン○○ケース、純生大瓶○○ケース、・・・・」等々。新米の私は注文を聞き取るのに四苦八苦、聞き取りのミスで送り先を間違うこともありました。それから10年が経ち1990年頃にはFAXでの注文に変わり、2000年頃にはEOS発注(電子発注)となり、受注ミスはなくなり省力化も進みました。また、携帯電話やメールがなかった時代には、朝から支店中の電話が鳴りっぱなし状態、いつも上司から「早く電話を取れ!」と怒声が飛び交っていました。今のオフィスはどこも本当に静かになりました。
そして、1995年にマイクロソフト社が発売したWindows95により、パソコンが爆発的に普及し、パソコンなしでは仕事が出来ない時代になりました。そしてさらに人口頭脳やロボットが世の中を変える第4次産業革命を迎えようとしています。ここ20~30年の世の中の変化は、凄まじいものがありますが、この変化は今後も間違いなく続くでしょう。

還暦も過ぎ、生来のアナログ人間の私には、想像もつかない世の中の変化や進化が日々進行しています。次代を担う子どもたちには、今やICT教育は不可欠です。しかしながら一方で、私がいつも園児たちに言っている「優しい心」と「強い心」を併せ持つ人になってほしいことと同じように、ICTを自在に操れる知識や技術を身に付けたデジタルな頭脳を持ちながら、0と1だけでは測り知れない人の心の機微を理解し、人とのつながりを大切にする人間力を備えた人に成長してほしいと願っています。その両立がまさに雲雀丘学園が目指す教育だと思っています。

中山台幼稚園園長 長岡 伸幸


2018年06月27日

3Dプリンターを使ってのSTEM教育

20180627-0.jpg
 2014年度から3Dプリンターを導入し、5年生を対象に立体のデザインの学習をしています。今年で5年目に入りました。

◎3Dプリンター活用の意義
・従来は、紙や画像でしか見ることのできなかったものを具現化することで、子供にとってより理解しやすくなり、学習意欲の維持と向上につながること。
・画面上でデザインしたものを手にとって触ることができる。
・世間一般において、色々なところで3Dプリンターを導入する企業が増えてきていて、この先さらに拡大しそうな情勢であり、児童の将来の職業選択の幅を広げる可能性がある。医療・建築・宇宙工学・自動車製造・家電・ファッション・製菓・図書館等多数導入されている。
海外では…
・2016年までに英国は全中学校と高校4000校に導入。
・STEM教育の一つとしてプログラミング教育とともに重視している国もある。アメリカ、オーストラリア、トルコ、カナダ、香港など。
(※STEM=Science Technology Engineering Mathematicsの略。そのため,STEM教育は「理系教育」と訳されることがあります)

20180627-1.jpg

 導入当初は、全国の小学校で3Dプリンターの導入事例はほぼなく、暗中模索、悪戦苦闘の指導となりました。印刷に数時間を要したり、プリンターが思いもかけない動きをしたり…ただ、この場はそのような話をする場ではありませんから、苦労話はまたいずれ。
 
◎4年間の指導実践での成果
・パソコンの画面上で3Dデザインをするということは、空間認知の能力をつけるのに有効であると考えられる。このような作品をつくりたいという具体的なイメージがあってこそ画面上にデザインでき、印刷された作品の姿もイメージできる。
・操作が縦,横,高さを意識するようになる。つまり必然的にX軸、Y軸、Z軸を意識するものとなる。数学の3次元を小学生の段階で理解することができる。
・使用するソフトが全て英語なので,英語でPC言語を学ぶことができる。

5年目に入り、今年も児童の創意工夫を凝らした作品が続々と印刷され始めています。

(小学校教諭 松本 尚樹)


2018年06月20日

年齢層に応じたプログラミング教育のあり方

20180402-0.jpg
プログラミング教育の必修化に備え学校の教育現場では、どのようにプログラミングを教育していくべきか、そしてどう評価していくべきなのか、など議論を進めています。
最近では学校以外でのプログラミング教室も盛んになり、低学年からプログラミングにふれている子どもは増えてきています。
そこで、年齢層に応じたプログラミング教育を考えることは非常に大切です。
初めてプログラミングを学んでいく子どもには、ビジュアルプログラミングがおすすめです。本来プログラミングはソースコードをテキストで記述する形のものが多く、言語そのものを学んでいくのですが、いきなりそれは難しいものです。しかし、ビジュアルプログラミングは、PC上でコマンドと呼ばれるコンピュータへの命令があらかじめ書かれたタイルやブロックをドラッグ&ドロップし、それらをつないでプログラムを作成するスタイルなので、初心者でも簡単にプログラミングの基礎が学べるというわけです。そこで作ったプログラムをロボットに載せて、動作確認、というロボットプログラミングが主流です。この方法は「プログラミング的思考」を養うのに最適だと言えます。
しかし、年齢層が上がり、中学高学年・高校生のプログラミング教育を考えた場合、ビジュアルプログラミングだけでは物足りない感じがあると言わざるをえません。導入としてはとても良いのですが、ビジュアルプログラミングだけを続けていてはすぐに飽きがきてしまいます。つまり、プログラミング言語を学び、文法を知り記述していく教育が必要です。言語そのものを学ぶことで、プログラミングによってできることの可能性が桁違いに広がります。あらかじめ用意された命令を使うのではなく、自分で考えた命令をプログラムにするのです。まさにここが醍醐味なわけですが、言葉で言うと簡単そうに聞こえます。が、実際はそう簡単にはいきません。まずアイデアが必要となり、言語のルール理解も要ります。アイデアを言語上でどう表現するのか。1つの入力ミスがあってもダメです。時間をかけて試行錯誤をしなければいけません。そして、これがやっと自分の思い通りの動作になったとき、達成感や喜びは大きいでしょう。
ただ、時代の流れとともにプログラミング言語は今後変わっていく可能性があり、プログラミング言語自体を覚えることに大きな意味があるとも思えません。もちろん完全に無駄というわけではないですし、覚えた言語を実際に使うことが出てくるケースの人もいるでしょう。
大切なのは、今なぜプログラミング教育を学ぶのか?を問うことです。プログラミングを学んでいる今の子どもがやがて社会へ出たとき、AI化がさらに加速していることでしょう。そうなれば仕事の数はどうなっているでしょうか。そんな中でも発揮できる力を育成していかなくてはなりません。どんどん積極的に学んでほしいと思います。
(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)


2018年06月08日

参観日の授業

20171208-0.jpg
今日(6/8)は5年生の参観日です。今週は6年生、4年生も参観日でした。
4時間目の授業を私も保護者に交じって参観しました。
道徳、社会、英語の授業を10分程度ずつ観て回りましたが、どの教室も保護者の方がほぼ満席で心なしか先生方も緊張気味に授業をされていました。児童も保護者の前で張り切って手を挙げて、先生と積極的に対話しながら授業が進められ、活気のある授業風景でした。
授業風景の中でもう一つ印象に残ったことがあります。
20180608-1.jpgいずれの授業も代表的なICT機器である、電子黒板を使い、立体的な授業が展開されていたことです。例えば、英語ではWEARを使って、疑問文やその答えの学習をやっていましたが、
「何」を着ていた、というところに入るものを電子黒板に映し、英語で確認・発音し、会話に仕上げていました。また社会では底魚と浮魚の漁法の違いについて学習をしていましたが、電子黒板に底魚の鯛と浮魚の鯖の画像を映し出し、違いが明確に意識できるような授業展開がなされていました。
こうして、日常的にICT機器を有効に使い、PCやプログラミングだけではなく、授業に厚みを加えていく工夫が各学年でなされています。われわれアナログ世代にとっては隔世の感を禁じ得ない参観日となりました。

(小学校副校長 成地 勉)


2018年05月31日

パッション

20171212-0.jpg
 子どもは好奇心の塊。目に入るものすべてに対して「どうして?」「なんで?」と疑問をもち問いかけてきます。頭の中は???でいっぱいになります。ここで大人があまり簡単に「正解はね、こうだよ」と言ってはいけません。それどころか反対のことが必要です。
 もっともっと???が広がったり深まったりするような良い問いかけをしてあげたいと思います。答えは子ども自身が見つけられるように、「ほほう、なるほど」と感心したり、良い質問を発したり、じっくりと付き合ってあげられる大人でありたいと思います。そして子どもたちの頭や心の中で???がどんどんどんどん膨らんで、ビックリするような大きな夢みたいなことが出てくるようにしてあげたいと思っています。大人の現実的な「正解・不正解」「無理・無駄」で子どもたちの夢を潰してはなりません。日常・非日常のいろいろな経験から生まれた興味・関心・疑問を「こんなことやってみたい。これができたらどんなに素晴らしいだろう。」「どうしたら実現できるだろうか。何とかやってみせる!」という情熱(パッション)や愛にまで育てる、その導きをするのが教育だと感じています。
 今、さまざまな分野で活躍されているデザインオフィスnendo代表の佐藤オオキ氏の作品を見たり言葉を聞くと、見慣れた日常が新鮮な感性で???が!!!になっていく、そして周りの人の喜びにつながっていることを感じ、なんだかわくわくした気持ちになります。訳のわからぬブログになりましたが、ICTもそのための大切な武器になると思っています。
雲雀丘学園幼稚園 園長 平尾聡


2018年05月23日

教育ITソリューションEXPOにて本校の実践事例を紹介いたしました。

20171114-0.jpg
 5月16日(水)から18日(金)にかけて東京ビッグサイトで教育ITソリューションEXPOが開催されました。国や地方公共団体の長ならびに担当者、国内外の事業者、学校関係者が参加する展示会です。

20180523-1.jpg 株式会社アイ・オー・データ機器に実践事例紹介の場をいただき「『てれたっち』による説明で、新入生の理解度アップ~1年生活科 みんなでおべんきょうつうがくマナー」と題して本校の取り組みを紹介させていただきました。
 1年生活科での通学指導について実践事例紹介では,次のようなお話しをいたしました。
 まず,3点の課題を提示いたしました。はじめに,児童はひらがなを学ぶ前に通学マナーを学ばなければならないこと。次に,指導者は文字以外の視覚・聴覚の情報を多く盛り込んで児童にマナーを伝える必要があること。さらに,1年生当初の集中力は45分持たないため,ポイントを押さえて短くまとめる必要があること。
 課題をクリアするための方策として,生活指導部ならびに交通部(委員会活動)が,阪急電車さんにご協力いただき,マナーとしてよいもの,悪いものを写真で撮り,パワーポイントでまとめました。この教材を児童に提示しながら指導にあたりました。
20180523-2.jpg その際,アイ・オー・データさんの「てれたっち」を利用し,大型モニタを電子黒板化した60型スクリーンを用いて児童に提示いたしました。電子黒板化したモニターを利用したことにより,PCの画面ではなく,児童の顔を見て,伝わっているかをつかみ取りながら指導することができます。パワーポイント上の画像を用いて指導するため,児童は視覚情報に指導者からのポイントをプラスする形をとったことで理解しやすくなりました。
 また,指導に用いたパワーポイントプレゼンテーションでは音声合成ソフトを用いて,プレゼンテーションに文字として書かれている内容を音声化しました。文字を学習する前でも理解できるようにする工夫の一つといたしました。これにより,「ルールやマナー」については音声合成ソフトの声で,「なぜ,それをしなければいけないのか(してはいけないのか)」については指導者の声で役割分担をすることで授業に波を持たせるようにいたしました。
 また,スクリーンに投影した画像の中で,気をつける部分には,デジタルペンを用いてマーキングしました。画像には一目で伝わる力があると同時に,周囲の様々なものが映り込んでくるため,注意が散漫になるという恐れもあります。マーキングによる焦点化により指導事項に着目させるよう工夫いたしました。
 概ね30分程度で指導を行うことができ,通学マナーについて学ぶことのできる時間となりました。
 以上のようなお話しを会場でさせていただきました。会場内では,HiRo2Ba
を運営するプログラボ教育事業運営委員会のブースも出展されており,雲雀丘学園の取り組みも紹介されておりました。
 今回は学園のICT機器の活用法について,外部の方にも知っていただくよい機会を頂戴しました。児童の理解や学習効果を高めるためのICT環境整備や活用について今後も取り組みを進めてまいります。
(小学校ICT教育主担 森岡 俊勝)


2018年05月16日

教育ITソリューションEXPO2018 始まる

20171208-0.jpg
5/16~5/18に東京ビッグサイトで恒例の教育ITソリューションEXPOが始まりました。
当校からもICT主任の森岡先生がICT機器活用事例を携えて、講師の一人として参加しています。ICT教育の最先端の情報が集まっている展示会ですので有益な情報をたくさん持ち帰ってくれることを期待しています。
 同展示会では箕面市の倉田哲郎市長は同市のICT教育の取り組みにつて講演されるようです。そのほかにも法政大学の田中優子総長、灘中学・高校の和田孫博校長なども講演されることになっています。
 今、教育の世界では2020年の教育指導要領の改訂、大学入試改革の方向性を見据えながら様々な変化が起ころうとしています。本校はこうした変化に対応するだけではなく、変化を読み取り、半歩先を行ける学園になるべく努力を続けていきたいと思います。

20180516-1.jpg

(小学校副校長 成地 勉)