雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年02月27日

Scratchを用いたプログラミング

20171114-0.jpg 
現在,5年生ならびに6年生において,Scratchを用いたプログラミングを行っています。6年生において,11月に行った校内研究授業では,Scratch上で「正多角形の作図」を行い,それに加えて星形の描画方法について,考えました。この時,基本のプログラム(Scratchでは「定義」という)を1人1人の児童が作成しました。基本のプログラムをベースとして
「Scratchのプログラミングでデザインを描こう」と題して卒業制作を行っています。例えば,正三角形の描画プログラムを角度をずらしながらくり返すと幾何学模様が出来上がります。正方形プログラムや星形プログラムを組み合わせるとデザインとしての多様性が増します。「デザインを描く」を到達目標とし,これから先は,個々のイメージする作品の到達点やスキルの差によって製作工程に違いが出てきます。デザインに広がりを持たせたいと考える子は,新たに別の描画プログラムを作成し,「定義」を作成しています。デザイン描画にBGMを追加したいと考える子は,「音」プログラムを組み合わせ曲を演奏しています。「音」プログラムを複数組み合わせ「和音」や「パート」を持ったBGMを作る子もいます。うずまきのようなカーブの角度が変化する図形を描画したいと考える子は「変数(関数)」を用いたプログラムを作成しています。20190227-1.jpgボタンをクリックするとキャラクターが動くようなプログラムをつくろうと考える子は,プログラムの中に新しいキャラクター(Scratchでは「スプライト」という)を追加し,それぞれのキャラクターに新たなプログラムを追加しています。Scratchというツールこそ共通ですが,それぞれが目標を立て,到達方法を考え,試行錯誤しながら,設定したゴールを目指しています。

(小学校ICT教育主担 森岡俊勝)

2019年02月20日

情報モラル ~情報を扱うときのルールやマナーを考える~

20180402-0.jpg
 ここ近年で著しく発達した情報端末機器。スマホやSNSの発展で世の中のコミュニケーションのあり方が大きく変化しています。子どもたちどうしのコミュニケーションのあり方もまた然りです。今の子どもたちの周りには身近にスマホやパソコンがありますが、その仕組みや機能をよく理解した上で利用していかなくてはなりません。
 連日世間ではSNSによる騒動のニュースが流れています。気軽にアップした動画や写真が一気に拡散し、世界に広がります。画面の向こう側にはそれを見る不特定多数の大勢の人がいることを常に意識することが必要です。そのデータはアップしても大丈夫なのか、ボタンを押す前によく考えなければいけないのです。アップされたデータはネット上に流れ、二度と取り消しができないのですから。
 また、情報のディジタル化が進むと、著作物の利用についても注意が必要です。ディジタル方式で記録された著作物は複製してもまったく品質が劣化しないため、著作者の複製権などの権利が侵害されやすい傾向にあります。パソコンで扱うデータもマウスクリックで簡単にコピー&ペーストできるので、それを助長してしまいがちです。音楽や肖像などについてもその権利をよく知らないといけませんね。
 このように若年層から、一人ひとりが守るべき情報モラルやインターネット・SNS上でのマナーやルールについて、各ご家庭や学校などにおいて伝えていくことが大切です。これからの情報社会を考えるとますますなくてはならない存在となっており、うまくつきあっていくことが求められます。端末を使うのはあくまでも一人の人間です。その個人が責任を持ってその利便性を正しく使ってほしいと思います。

(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)