雲雀丘学園トップページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

«バランスが大切 | メイン | 道徳の授業より»

宝塚キッズロボットプログラミングコンテスト2018

20171114-0.jpg 
 宝塚キッズロボットプログラミングコンテスト2018が11月18日に本校の体育館で開催されました。今年は,大阪北部地震が発生し,さらにいくつも台風が来襲するなど災害に見舞われる1年となりました。予定されていたイベントも中止になるものがいくつもありました。
20181128-1.jpg 今年度開講した放課後プログラミング教室HiRo2Baの子どもたちが目指していた大会もその1つでした。WRO(World Robot Olympiad)という自律型ロボットの国際大会の兵庫予選会はベーシック部門が気象警報発令に伴って中止となりました。子どもたちが学んだことを発表する場がなくなってしまったのです。
 HiRo2Baで指導に当たっていただいているProglabの先生と学園小学校の先生達で,学んだことを表現する場として大会が開けないだろうかと話し合っていました。学園長先生をはじめ,管理職の先生方にもご賛同いただいた上,計画や機材の手配など細かな部分を詰めていただいたことにより開催に至りました。
 大会には,本校の児童とプログラミングスクールProglabの兵庫県内の教室で受講している受講生も参加し,総勢84名と大きな大会となりました。2人組で競技に挑み,ペアとなる子は当日発表されました。見知った子かもしれませんし,初めて出会った子かもしれません。ロボットをプログラミングによって決められたコースを走らせ,途中でのミッションも与えられました。3時間という長丁場でしたが各チーム協力して挑みました。閉会式では,最優秀賞と審査員特別賞に選ばれた3組に賞状ならびにトロフィーが授与されました。20181128-2.jpgまた,協賛いただきましたサントリーフーズ様より参加賞のご提供をいただき,参加者にお渡しすることができました。
 多くの方のご協力により,児童の発表の場が与えられましたこと,心より感謝いたします。
(小学校ICT教育主担 森岡俊勝)
.
.. ...
....