雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年01月18日

「313名合格祈願」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
いよいよセンター試験が明日になりました。体調には万全を期していると思いますがそれでもなお一層の注意をして人生の大一番に臨んでください。私は人生には三度勝負しなければならないときがあると思っています。そのうち一回は間違いなくセンター試験です。雲雀丘学園高等学校3年生の皆さん、今更じたばたしても仕方がない。今となっては雲雀丘で過ごした日々を思い起こし、落ち着いて、持てる力を十分に発揮すること。静かに天命を待つことにしてほしいと思います。
20190118-4jpg20190118-3jpg
                               313名の写真と名簿

先週土曜日、1月12日、私は高3学年主任の守本先生と二人で北野天満宮に合格祈願のお参りをしてきました。「合格のためにやれることは何でもやる」これは守本先生のモットーですが、当日のいでたちは、胸ポケットに女子生徒の「大願のボウ」がさしこまれ、首には男子生徒の「成就のネクタイ」が結ばれていました。
20190118-1jpg20190118-2jpg
 神前に開示

天満宮本堂に昇殿、直ちに神前に高3生全員の名前、写真を開示しました。宮司からは神妙に雲雀丘学園高3生全員合格の祈願がなされ、併せて私たちも313名全員の合格のお祈りをしました。

小雪が舞うかの大変寒い朝でしたが、ご祈祷を終え外に出るときに、ちょうど薄日が差し始め、守本先生と「吉兆」を歓びあいました。天満宮からのお下がりの絵馬に「志望大学合格祈願」としたため絵馬掛所に掲げました。

高3諸君の健闘を祈っています。やってみなはれ!

(2019.1.18)

2019年01月08日

「あいさつ笑顔で日本一」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
新しく年が変わり新学期になって校門の立て看板を新装しました。この立て看板は小学校職員の手作りの力作です。新スローガンは「雲雀はあいさつ笑顔で日本一」。これは石田校長先生が登校時、児童に「おはよう」に併せてよくかけられる言葉を拝借しました。石田校長は本校に赴任以来、毎朝校門に立たれて登校する児童に声をかけられてきました。私も見習った一人ですが、石田校長は今の児童は「今までで一番挨拶ができている」と話されています。
20190108-4jpg20190108-5jpg

この頃では児童会の役員や交通部の児童、先生方もたくさん出られてピーク時は挨拶の声が途切れず大変賑やかです。多くの児童は立ち止まって元気いっぱいに自分のほうから挨拶をし、警備員さんとも笑顔で挨拶を交わす仲良しです。私にとって朝の登校の時間は、児童や生徒から元気をもらい、有難さを感じる時間になっています。
20190108-1jpg20190108-9jpg

2学期の終わりころから複数の児童が歩道を掃除するようになりました。毎日一生懸命にやるので、あまり無理をしないように言っているのですが今朝の寒さの中も最後まで掃除していました。石田校長が自らほうきをもって掃除をされるのを子供たちが見て、やり始めたものですが、やはり上の人の姿勢が教育には大切です。
20190108-2jpg20190108-10jpg

さて2019年、平成最後の年が始まりました。今日1月8日は、前日に昭和天皇がお亡くなりになり、30年前、平成が始まった日になります。皆様は何をされていましたでしょうか。
私はサントリーの新宿支店長をしており、世界一の繁華街を担当し日夜、酒を売り歩いていました。一方、バブルがはじけいわゆる「失われた20年」が始まろうとした年でもありました。

新元号が始まる今年も厳しい見方を、マスコミをはじめ多くの方々がしています。米中覇権争い、消費税率10%、それに伴う景気の急落など悪い材料には事欠きません。しかし東京五輪、大阪万博、インバウンド4千万人、ラグビーWC開催など夢もたくさんあります。

私の経験からいうと、バブルの崩壊やリーマンショックなどは突然やってきて前触れはありませんでした。前触れのある危機などはないと思っています。むしろいい材料に全力で取り組むことが日本経済の在り方ではないでしょうか。

雲雀は「あいさつ笑顔で日本一」を目指します。

(2019.1.8)