メイン

2018年10月26日

「『今が最大のチャンス』蓮池薫氏をお招きします」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
自分の子供がある日突然いなくなったらいったいどうなるのでしょうか。
今から41年前の昭和52年(1977年)11月15日、日本海に面した新潟の町から一人の少女が忽然と姿を消しました。

その日の朝、横田めぐみさん(13才)はいつもの朝と同じように「行ってきます」と言って中学校に出かけました。そしてこれが家族にとってめぐみさんを見た最後になってしまったのです。その日の夕方、クラブ活動のバドミントンを終えて帰ってくるはずのめぐみさんはいつもの時間になっても帰ってきませんでした。家族は心配になって必死にめぐみさんを探しましたが深夜になっても見つからなかったのです。

この日から母、早紀江さんの苦悩の毎日が始まります。毎日泣きながら過ごし、どうしたら死ねるか考えていたと早紀江さんは語ります。

それから20年後、平成9年(1997年)、めぐみさんが平壌で生きているという情報が入りました。平成14年(2002年)小泉総理大臣は北朝鮮を訪問、金正日委員長と会談を行いました。金正日委員長は拉致を認め謝罪をしましたが横田めぐみさんについては「死亡」と伝えたのです。しかしこれは北朝鮮が一方的に言ってきたことであり、いまだ納得のいく説明や証拠が示されていないのです。

めぐみさんの他にも拉致被害者はたくさんいます。この方たちはかけがえのない人生を奪われてしまったのです。深い悲しみの中で大切な人の帰りを待つ人も多くいらっしゃいます。拉致は重大な人権侵害であり絶対に許すことのできない犯罪行為です。また日本は国家主権を侵害されたことになります。拉致された方々は取り返さねばなりません。それが国家というものです。

20181026-1jpg今月、10月30日、拉致被害者の蓮池薫さんを学園教員研修の講師にお招きすることになりました。蓮池さんは「今までにない大きなチャンス」が来ていると話しておられます。北朝鮮の動向や自身の経験などを語っていただきたいと思います。

拉致に対する国の責任は当然ですが、同じ日本人として一国民としての責任も忘れてはなりません。「かわいそうだなあ」で済まされるものではありません。一国民として何ができるかです。国としての国民としての、さらには一人の人間としての在り方が問われているのだと思います。

この講演会は10月30日午後4時半から学園の講堂で開催されます。聴講ご希望の方はぜひ学園事務局(072-759-3000)にご連絡の上ぜひご来場ください。

(2018.10.25)

2018年10月17日

「親子3代で雲雀丘学園に」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
前回のブログで学園の誕生にPTAの果たした役割には極めて大きなものがあるということを書きました。PTAのご苦労には忘れてはならないことがあるので、少し付け加えさせていただきます。

学園は小学校から開設しましたがやがて中学校、高校と拡張されます。資金不足は一層ひどくなってきます。PTAは資金作りのためPTA自らの寄付、指定寄付金による会社からの寄付、その他PTAのバザー、そして今では想像もつきませんがダンスパーティや宝塚義太夫歌舞伎等の興行もおこなって資金不足を補っていただきました。

これらすべてが学園からの要請ではなく、自分たちの学校だという気持ちで動いていただけたのです。まことに有り難いことだと言わざるを得ません。現在も幼・小・中高ともPTAのバザーが大きな行事であり、またそのほかにも様々なところでご支援をいただきますが学園創立時の伝統が今も受け継がれているものと思います。
雲雀丘学園がまさに「PTA立」と言われる由縁です

10月初めに中高のPTAバスツアーが催されましたが、これも今年で40回目を迎えたと聞きました。毎年多くの出席がありますが他校ではこのようなことは行われていないようです。注目は、卒業した生徒の保護者で作る「丘友会」という組織がありますがその会の方も参加されることです。卒業したら終わりでなくご縁を大切にしていただく雲雀丘学園ならではの家族的なほのぼのとした伝統です。
20181017-4jpg20181017-5jpg
 PTAバスツアーで作陶教室             ホテルで昼食

10月初め、来年4月入学の小学校の入学試験が実施されましたが、合格者の中に卒業生のお孫さんが複数名おられます。小学校創立の翌年、昭和26年に第一期卒業生が出ましたがそのお子様も学園を卒業され、さらにそのお子様が学園に入学されるという親子3代で学園に通われることになります。学園にとってこんなうれしいまたおめでたい話はありません。雲雀丘学園は穏やかな校風と言われますがこの伝統をしっかり守っていかねばと思います。
(2018.10.17)

2018年10月09日

「雲雀丘学園とPTA」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg「今年は災害が多く・・」が挨拶の常套句のようになりましたが、雲雀丘学園幼稚園と中山台幼稚園の運動会が10月7日(日)開催されました。10月6日に開催予定の雲雀丘学園幼稚園の運動会が、雨天で翌日に延期になったため同日開催となりました。昨年と全く同じ経緯をたどったことになります。

台風の影響で暖気が日本列島に流れ込んだため、昨日(10/7)は大変暑い日となりました。そんな中、園児たちは大勢のご家族の声援を受けてほほえましくも元気いっぱいに走り、飛び、跳ねました。家路につかれた後、ご家族で運動会の様子を楽しく振り返られたと思います。
20181009-3jpg20181009-2jpg
 雲雀丘幼稚園、準備体操               雲雀丘幼稚園バラバルーンの演技
20181009-1jpg20181009-4jpg
 中山台幼稚園開会式                 中山台幼稚園バラバルーンの演技

開催に当たっては前日までの雨で、準備や運動場の整備で大変だったと思います。特にPTAの皆様には前日から、当日も早朝から学園にお越しいただき会場設営や運営など、親身のお手伝いをいただきました。改めてPTAの皆様の存在を心強く思った次第です。心からお礼申し上げます。

このように学園におけるPTAの存在は大きなものがあると思っています。10月1日のブログで創立記念日のことを少し書きましたが、学園の創立時にPTAが果たした役割には極めて大きなものがあります。

ここ雲雀丘地区(当時は行政上、川辺郡西谷村切畑字長尾山2番地)には学校がなく、何とか地元に学校を作りたいというのが地元の人々の念願でした。そこで各方面に働きかけ誕生したのがこの学園です。校舎は当時進駐軍の住居を修繕している会社の事業所を安く提供してもらい、土地は寄付を募りました。

そんなわけですから教具は何もありません。各家庭からピアノや備品、教具として役立つものを持ち寄りました。そして何とか開校にこぎつけたのです。当時の神戸新聞の記事に「持ち寄り学校」誕生と紹介されたようです。大きな企業の支援を受けたわけでなくまた宗教法人でもなくまさに保護者の皆さんの熱意と貢献によって本学園は誕生したのでした。

幼稚園の運動会の話が創立時の話にさかのぼってしまいましたが今も昔もPTAの皆さんの多大のお力添えで学園は成長しています。
(2018.10.8)

2018年10月02日

「10月1日」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg月が変わって10月1日。台風一過。昨日の天気が嘘のように爽やかな青空になりました。
今日は学園の「創立記念日」で「親孝行の日」でもあります。多分、昨晩は中高の生徒が手ずからの「料理一品」がテーブルにのり、歓声が上がったのではないかと思います。「料理一品」は建学の精神「親孝行」の取り組みの一つです。やがてご家族からの感想の「木の葉」がエントランスに掲示されます。これを読むのが楽しみ、実に待ち遠しいです。「料理一品」を通して親子、ご家族の心の触れ合いに涙するのは私だけではないと思います。

20181002-2jpg
 雲幼、入園選考の様子
今日は、雲雀丘、中山台両幼稚園の願書受付、入園選考日でもあります。来年3月の入園に早い気がしますが兵庫県の私立の幼稚園では一斉に行われています。あどけないお子様がお母さんに手を引かれて大勢お越しでした。お子様よりお母さまのほうが緊張されているのは例年の通り。皆さんと来年4月に再会できることを楽しみにしています。

20181002-1jpg
 リビングストーン高の生徒さんと。
シンボルツリー「メタセコイア」の前を歩いていると10名余りの外国の生徒と出会いました、引率の先生に聞くとオーストラリア・リビングストーン高校の生徒で雲雀丘学園を見学に来ているとのこと。挨拶をすると笑顔で大きな声で挨拶を返してくれました。元気がいい!オーストラリアの国旗と学園旗が掲揚台に並んでたなびいていることを指さすと、生徒は大喜びでした。

来年1月19日20日に行われるセンター試験の出願受付が始まりました。試験まで3か月余り。高3生にとってはいや学園にとってもカウントダウンが始まる10月1日です。
(2018.10.1)