学校ブログ

卒業生~母校は母港になる

(54期)パイロットが人生を変えた。

2022/11/11

はじめまして。志方秀明と申します。私は現在、全日本空輸株式会社にてB787型式機の副操縦士をしています。何について書こうか迷いましたが、ちょうど私が高校を卒業して10年になりますので主に今の学生の方にむけて書いていきます。

あなたには夢や目標はありますか?私が高校生のときには将来はパイロットになると決めていました。このように聞いて実際にパイロットになっているとすごいなと思うかもしれませんが、高校生のときにはそれ以外の自分自身の将来が全く思い浮かばずに悩んでいました。もしパイロットになれなかったら自分は将来どのように生きていくのだろうかと。考えてみても他の進路での将来はまったく想像できませんでした。

今あなたは将来自分がどのような事をしたいか、どのような仕事をしたいか明確な目標が無くて悩まれているかもしれません。あるいは明確な目標があるが、周囲から反対されていたり、実現可能なのかと疑心暗鬼になっているかもしれません。こんな時に私が思うのは直観に頼るということです。好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いということです。そして好きかどうか迷うことは、好きではありません。

私の場合はそれがパイロットであり、飛行機でした。あなたにも、まずは好きなことに向き合っていただきたいです。これから進路を進むにつれて挫折を味わうかもしれませんし。大なり小なり壁は迫ってきます。どの道を選ぼうとも辛い瞬間は必ずあります。そんな時にどこまで落ち込んだとしても、好きなことだと、もう一度だけ頑張ってみるかという気になります。勉強の合間の息抜きの時間に、少しでも将来のことについて考えてみてください。

最後になりますが、学生の方、特に高校生の方はこの2年半行動が制限され、我慢の連続だったかと思います。ようやく行動制限も各国緩和され再び海外旅行などできるようになってきました。是非、大学生になられたら行動範囲を広げ、様々な国へ行ってみてください。

きっと価値観が変わると思います。その際は機内でお待ちしております。最後までお読み頂きありがとうございました。 

志方秀明(2012年卒、54期)

pagetop