学校ブログ

校長通信

みんな同じ センター試験を控えて 第97号

2019/01/14

高校行事

【写真】かわいい猪です。本を読んで福を呼んでください。

高3の皆さんへ

試験を控え、胸に去来するものはなんだろう?と考えました。17日のセンター壮行会ではほんの一言だけにして、ここに少し書かせていただきます。私はみんなの心の近くにいるつもりですが、日頃は遠くにいるのかもしれません。その私が、雲雀丘の先生、もしかしたら今までにみんなと関わってきた小学校中学校、塾などお世話になった先生に代わって書きました。(大変おこがましいですが)

みなさんは、みんな違います。おかれている状況、行きたい大学、プレッシャーのかかり方・・・。 一方、みんな違うけどみんな同じ。同じことは雲雀丘の先生に教えてもらった。おやめになった先生もいる。みんなはたくさんの先生と関わってきた。生き方を教えてもらった。愛情を注いでもらった。

みなさんは、雲雀丘で出会った。一緒に頑張ってきた仲間だ。今は泣きそうになっている?かもしれない。辛いのはキミだけじゃない。人生はこれだけでは決まらない。センター試験は大学受験の通過点。人間の価値が決まるわけではない。
でも、頑張ってきたのだから、今の実力だけはしっかり出し切って欲しい。落ち着いて。去年の先輩たちもそうだった。私たちもそうだった。

みんな同じ。あんまり焦るな。

みんな同じ。問題と対峙した時、あいさつして対話しよう。問題の声をキャッチしてほしい。
みんな同じ。あと少し、できることをやろう。日々しっかり生活して。気になることがあったら、質問して下さい。
みんな同じ。1月21日に学校に来るんだよ。
みんな同じ。大丈夫!プラス思考で!
苦しくなったら手を見ろ!頑張りはみんなの手が知っている。健闘を祈ります!

pagetop