学校ブログ

高2学年通信(66期生)

今と違う今なら

2022/05/25

考査3日目、少し疲れが出てきている頃でしょうか。そんな中でも、試験には集中してくれていたようです。

今日は文系と理系では動きが違いましたね。文系の人は3限目までお疲れ様でした。理系の人も、試験時間に静かにしてくれて、協力ありがとうございました。明日が考査最終日です。最後まで頑張りましょう。

その明日も、文系理系それぞれで試験科目が異なります。数学Bの試験は共通ですが、文系は日本史/世界史、理系は物理/生物の選択別の試験となります。試験の際は、座席も移動してもらわねばなりませんので、注意してくださいね。また、明日からクラブも再開します。対策講座も開かれますが、気温も高くなってきていますし、熱中症には十分注意してくださいね。では、本日の日めくりカレンダーはこちらです。

今を生きている私たちにとっては、今が大切です。今どんなことが起こっていて、どんなことを感じ、どんな気持ちになっているのか。そしてそれがゆえかもしれませんが、目の前に起こっていることは今の感覚でしか考えられません。

経験を積んでからようやくわかることというのはたくさんあります。同じ事象でも、年代によっては随分違った解釈になるでしょう。ある歌では、「10代、憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り、20代、悲しみを知って目を背けたくって街を彷徨い歩き、30代、愛する人のためのこの命だってことに気付いたな」と歌っています。同じ「人生」というものを捉えていても、全く違いますよね。その時その人が抱えている経験や背景が違うので、当然といえば当然です。その時々の「今」で物事を判断すること自体が悪いことではないでしょう。ただ、その時に上手く理解できなかったり飲み込めなかったりしても、別の「今」なら違う様に考えられるかもしれない、そんな心を持っていたいものですね。

pagetop