学校ブログ

高2学年通信(66期生)

真の姿

2021/12/23

今日は2学期最後の登校日、生徒集会と終業式が行われました。

まずは賞状伝達があり、66期からもたくさんの人が表彰されていました。クラブでの活躍が評価されて嬉しい限りです。また、今回はトリプルクラウンの表彰者もいました。英・数・漢のそれぞれの検定で全て2級に合格するというもので、非常に素晴らしいレベルです。受賞おめでとうございました。他の人たちも、これに続いてもらいたいと思います。

その後は大掃除をし、各クラス連絡を受けて解散になりました。明日からは冬休み、それぞれ生活リズムを崩さないように気をつけてください。冬期講習も始まります。1限目のスタートは8:30ですので間違えないようにしてくださいね。

そして、放課後にはもう毎年恒例となった、Sound of Hibarigaokaが行われました。

箏曲部・合唱部・吹奏楽部・ギターマンドリン部が合同で開催している、音楽イベントです。それぞれの部活動が順番に発表し、最後にはクラブ同士のコラボレーションも行われていました。中には66期がソロパートを務める場面もありました。みんな少しずつ、それぞれの場で大事な役割を担っていくようになっているのだなあと感心しました。皆さん、発表お疲れ様でした。

さて、それではいよいよ冬休みのスタートです。冬期講習こそありますが、とりあえずは2学期の終了です。お疲れ様でした。明日からの講習にも、元気に参加してください。では、本日の日めくりカレンダーです。

家族の前、友だちの前、先生の前、それぞれどんな話し方や態度をとっていますか?環境が変わればその環境に合わせて振る舞い方を変えるのが人間というもの。大人になるにつれて、そういう切り替えが上手になっていくものです。そういう意味では、私たちは常にある程度は取り繕っていることになります。その環境用の自分を纏っているわけですね。

そうなると、本当のあなたはどこにいるのでしょうか。特に学生の頃は、自分とはどういう存在なのかということに思い悩むことが多いでしょう。今はインターネットという環境がありますから、簡単に自分の思うようなキャラクターを作り出すこともできて、その感覚から、それが本当の自分だと勘違いしがちです。ですがそれはあくまで自分の思い通りに動く自分のアバターであって、あなた自身ではありません。あなた自身は、現実のこの世界にしかいないのですから。現実の世界で、ありのままの自分を曝け出すのは簡単なことではありませんが、これが本当の自分だと表現できる場や人ができるといいですね。


〜今日の配布物〜

・学年通信1月号

・通知簿

pagetop