学校ブログ

高2学年通信(66期生)

荷物を持つ

2021/12/15

特別授業週間が終了しました。各クラスCLILの授業が行われていましたが、楽しんでくれましたか?これとは別に、国語の特別授業も行われていました。

課題文が与えられ、内容をまとめ、具体例を挙げながら自分の意見を書く、という小論文の授業だったそうです。最近入試でも増えていますし、良い機会になったかもしれません。論理的に自分の主張を展開するのはなかなか難しいですが、経験を積んでいってください。

さて、明日からは高1の特別時間割となります。各クラス時間割は連絡されていると思いますが、自分たちの時間割を確認しておいてください。企画してきたスポーツ大会も近づいてきましたね。今週の残り3日も、頑張りましょう!

では、本日の日めくりカレンダーです。

「お荷物になる」なんて表現がありますよね。周囲の負担になってしまうというあまり良くはない表現です。本人がいくら頑張っていても、その場で上手く成果が発揮できなければ、結果的には足を引っ張ることになってしまいます。

しかし、その荷物は少しずつ軽くなっていくもの。経験を積み努力を積み、その人だって力をつけていくわけですから。そこに重さを感じなくなったとき、足を引っ張っていた人はきっと、今度は誰かの手を引っ張ってあげられる人になっているでしょう。そうやって、私たちはお互い持ちつ持たれつして成長していくのです。

自分以外のことになるべく関わらず、面倒ごとを避けて無関心になりがちな現代ですが、誰かが持たなければその「荷物」はそこに置いてけぼりになります。自分だって必ずどこかで誰かに「持ってもらった」わけです。そこにあるのは、あなたの「荷物」ではないでしょうか?


〜今日の配布物〜

・2学期期末考査結果

pagetop