メイン

2018年10月10日

「ことばの扉」その7

20180406-0.jpg
[その7]
「それ恕(じょ)か。己の欲せざる所は、人に施すことなかれ。」
(顔淵第十二)

 孔子の弟子・子貢(しこう)が尋ねます。「ただひと言で、一生にわたって行っていくべき言葉がありましょうか?」。すると、孔子は「それ恕か(それは思いやりの心である)」と答えます。そして、「恕とは、自分が人からされて嫌なことを、人にしてはならない、ということなのだ」と続けるのです。このお話のポイントは、「恕は一生かけて行う価値がある」と説いているところです。

(相愛大学教授)
(如来寺住職)
(NPO法人リライフ代表)
(雲雀丘学園評議員 釈 徹宗さん)

※毎月10日に掲載させていただきます。