雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン | 「ことばの扉」その10»

「ことばの扉」その11

20180406-0.jpg
「ことばの扉」を読んでくださっている皆さま、あらためて御礼申し上げます。今回からキリスト教の『聖書』を取り上げることにします。

[その11]
「あすのことは思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である」
(「マタイによる福音書」)

 私たちは、いつも先のことを予測し、段取りを立てながら暮らしています。そうしないと生活していけません。しかし、時にその予測や段取りに足元をすくわれてしまいます。
 たとえば、心理療法の世界には「予期不安」という言葉があります。過剰に予測や段取りを気にすると、不安に心身がさいなまれることにもなりますよね。そんな場合は、とにかく今を精一杯生きることに専念してみましょう。同じく「マタイによる福音書」には、「空の鳥をよく見なさい」と出てきます。鳥はあれこれ思い悩まずに、ただ飛んでいます。その姿から教えられることもあると思います。

(相愛大学教授)
(如来寺住職)
(NPO法人リライフ代表)
(雲雀丘学園評議員 釈 徹宗さん)

※毎月10日に掲載させていただきます。
.
.. ...
....