メイン

2018年06月26日

高校2年生のEIPコースでの取り組み

20180115-0.jpg
1学期間を通して、高校2年生の生徒たちは、EIP(※)コース最初の課題として、グループでのプレゼンテーションに取り組んできました。3~4人が1つのグループとなり、関西を訪れる外国人観光客に3日間のプランを作ってあげるというのが課題です。

最初の授業で、家族の友だちが何人か日本にやってくるという架空の状況を例として提示しました。関西に3日間滞在するとして、彼らのために旅程の詳細を作ろうということを伝えました。

2回目の授業では、生徒たちに関西について調べたり、できるだけたくさんのアイディアを出したりさせました。それぞれのグループに1台ずつiPadも配り、大阪城やUSJなど、観光客がみんな行きたがる有名な場所だけでなく、地元の人にしか知られていないような場所も織り交ぜるように促しました。
次の授業では、アイディアをまとまりのあるプランへと移し、プレゼンテーションの台本を書き始めました。
この後は、ひたすら練習です。ただ、話すだけでなく、アイコンタクトやジェスチャー、顔の表情などにも気をつけるように話しました。これらの非言語的な表現方法は、評価対象の1つでもあります。他にも、プレゼンテーションでの英語、まとまり、視覚情報とプレゼンテーション後の質問に答える能力が評価の対象でした。生徒には、あらかじめ、評価基準の詳細(ルーブリック)が書いた紙が配られていますので、プレゼンテーションをする間、何に気をつけるべきなのかを知ることができます。

20180626-1.jpg20180626-2.jpg

その次の授業から、実際にプレゼンテーションを始めました。全員にワークシートが配られ、それぞれのグループのプランについてメモを取りながら聞きました。それぞれのプレゼンテーションの最後には、聞いている人が質問をしました。たくさんの人が原稿を暗記していたので、教室中を見渡したり、ジェスチャーを使ったりする余裕が見られ、その姿に、私たちは感激しました。また、ほとんどの生徒が面白い写真や画像を用い、プレゼンテーションをよくしようと努めていました。

(※) EIP:English Interaction and Production

Throughout the first semester, high school second years have been working towards delivering group presentations as their first EIP assessment of the school year. Their task was, in groups of 3 or 4, to create a 3-day plan for visitors to Kansai.

In the first lesson we described the fictional situation of the assessment; the students have some family friends coming to visit Japan. They will spend three days in Kansai, and the students must create a detailed itinerary for them.

The second lesson was to let the students research Kansai and come up with as many ideas as possible. We provided iPads for each group, and encouraged students to think of a mixture of famous tourist attractions like Osaka Castle and USJ, but to also include some ideas that perhaps only locals would know about. During the next lesson, they refined their ideas into a cohesive plan, and began working on their presentation scripts.

After this, it was time to practice, practice, practice! We encouraged students to consider their non-verbal delivery, which includes eye contact, gestures, and facial expression. Non-verbal delivery was one of the categories the teachers were scoring, along with verbal-delivery, organization, visual aids and question answering ability. The students were all given a copy of the scoring rubric, so they would know what to focus on while presenting.

The next lesson, we began the presentations. The students were all given a worksheet so they could take notes on each group’s plan. At the end of each presentation, the audience was encouraged to ask questions about the plans. The teachers were impressed by how many students memorized their scripts, and therefore were free to look around the room and use gestures, instead of having to rely on reading from the paper. Most students also made interesting visual aids to enhance their presentations.

The students seemed to enjoy working together to create their ideal Kansai itinerary, and embraced the freedom to choose and speak about their own favourite sights and attractions. This exercise was a good precursor to next semester, where the students who perform well in the next speaking test, will have the opportunity to enter a speech contest.

(中高校ALT キャサリン・ハーン)

2018年06月20日

G K Sの「和の時間」

20171213-0.jpg
 雲雀丘学園内「告天舎」(こくてんしゃ)において開講したGKSも二年目に入りました。今年度、GKSは幼稚園の年長・中さん、学園小学校1・2年生を対象にレッスンをスタートさせました。
 両翼を左右に大きく広げて飛び立ったGKS(英語の翼)については前回既にご紹介しましたので、今回は もう一つの翼「日本語」「国語学習」についてご紹介いたします。
 元小学校教員(井口圭子先生)が、告天舎2階の和室でおこなうレッスンは寺子屋的で和魂英才型の塾と言えます。このレッスン「和の時間」の意義は、「グローバル化する世界で子供たちが将来にわたって活躍するためには、日本語と英語双方の語彙力や表現力が必要必須となります。自分の考えや思いを相手に正しく伝えるためには日本語を使いこなせなくてはなりません。コミュニケーションの土台である日本語の聞く・話す・読む、という力を高め、バランスよく育むことを目指すこと」に在ります。
 GKSでは英語も日本語も元気に「楽しく学べる!」をモットーにしています。
GKSで過ごす時間が、遊びのように面白い時間であったなら、 日本の文化やコトバに触れて過ごすのが、ほんとに楽しい時間であったなら、子供の柔らかい感性を通し、自然に抵抗なく、すごいスピードで彼らの頭と身体に吸い込まれていくのは全く疑う余地もありません。「カルタ」や俳句などの伝統的な文化に触れて、そこから言葉の楽しさや豊かさに気づくことを意識して学びを続けています。「ことわざ」「慣用句」「四文字熟語」などで言葉遊びをしながら、日本語の学びを広げていきます。

(先々週、こんなことがありました)
2年生のKくんが 私の顔を見つけて問い掛けきました。「先生!『「蛇ににらまれた蛙』って何のことか 知ってますか?」と。 私が「Kくんの一番コワイものはナニ?」「それはオバケ?」「コーチョーセンセ?」と問い返すと「いいえ 違います、一番怖いのは○×△です」と返ってきました。「アアそうなんや、Kくんは、〇×△の前ではコワくて動けない位なんや!」「そしたらヘビが〇×△でKくんはカエル!ってコトだね!」。   彼は「アッ、そうか そういうことか!」とナットクの顔で次の英語の部屋に向かいました。

20180620-1.jpg20180620-2.jpg

20180620-3.jpg20180620-4.jpg

【夏休みのGKS】
GKSは「夏休み特別プログラム」(12日間)を組んで朝からお昼すぎまで開講致します。それには、アクティブな英会話授業/英語でクッキングやランチを楽しむプログラムに加えて「国語学習」の時間もたっぷりとっています。この夏は、国語力の中で、特に書く力や作文する力につながる学びとして「自分の経験や読んだ本を材料にして短い文を作る」にチャレンジします。
(GKS塾長 高家正和)


20180620-5.jpg
  GKS和の時間だより

2018年06月13日

道具としての英語

20171117-0.jpg
 将来、学校教育という枠組みを終えた後の子どもたちの学びの準備として、英語の先生と担任の先生とで「子どもたちがどのように学ぶのがベストか?」ということを話し合いました。子どもたちは、チャレンジしなければならない一方でできそうな感じのするトピックで一番学びを得ることができると考えています。これは、すべての教師が一人ひとりの児童の学びのプロセスの中でどのような支援をしていくことがベストなのかを考えることでもあります。
 この考えを元に、6年生の授業では今年、他の教科の勉強をするように、英語をコミュニケーションのための道具として使うことに取り組んでいます。これまでのように、記憶したり、理解したり、あてはめたりする授業から、”英語を使う”という大きな枠組みで英語を捉えるようになりました。
 6年生の算数の先生と一緒に、英語は暗記する科目ではなく、新しいコンセプトを学んだり、自分の意見や想いを表現したりするためのツールなのだということを子どもたちに気づかせるためにベストな方法を探しました。
 そこで、5月に、運動場にある校旗の旗立て棒の影の長さを測る勉強をしました。外に出て実際に長さを測る前に、算数の先生とネイティブ教員とで、必要な概念と語彙を日本語と英語との両方で説明しました。
 外に出てからは、2人組で、自分たちの定規の影の長さを測りました。どの子もがんばって、ペアの子と英語の単語を使って話そうとしていました。
 ワークシートを活用し、子どもたちは、定規の影のデータを使って、「旗立て棒の長さは」の問題を解いていました。第二言語で勉強するというのは決して簡単なことではありませんが、子どもたち同士で助け合ったり、教師のサポートを得たりしながらも、比を使って答えを導き出すことが理解できたときは、とても誇らしげにしていました。
 今年、英語の先生と担任の先生とで6年生がさまざまな方法でチャレンジしていくのを楽しみにしています。

20180613-1.jpg20180613-2.jpg

20180613-3.jpg20180613-4.jpg

English as a tool

 To better prepare students for life after their formal education ends, the English teachers and Homeroom teachers have asked the question “How do students best learn?” We know that students always learn best when the topic is challenging but still within grasp of their potential. This means that all teachers will work to find the best balance of support for each individual student as their learning progresses.
With the above idea in mind, the 6th grade class is spending the year learning to use English as a tool for communication as well as a means for studying subject matter. We are moving the focus of the English classes past remembering/understanding/applying to a larger focus on complex as well meaningful uses of the English language.
 In collaboration with the 6th grade math teacher, we are looking for ways to show the students that English is not a subject to be memorized but a tool that allows them to learn new concepts and communicate ideas that they want to express.
In May, we spent a lesson measuring the shadow that is casted by the flag pole in the school yard. Before the students and teachers went outside to measure the shadow, both the math teacher and Native English teacher introduced the main concepts and useful language in both English and Japanese.
 While outside the students worked together in pairs to measure the shadow that casted by their own ruler. The students did their best to use the target language with their partners. Using the worksheet, the students used their data to solve the problem “How tall is the flag pole?” While studying in a second language is not an easy task, the students remained focused with support from their fellow students and teachers but felt a large sense of pride when they could understand how to use the ratio equation to find the answer to the problems.
 The English and Homeroom teachers look forward to challenging the 6th graders in many more ways during the year.


(小学校教諭 松本セイラ)

2018年06月06日

スピーキングの評価について

20171124-0.jpg
 中1から高3まで全てのEIPの授業では、スピーキングのテストがはじまっています。テストの内容は、学年によって異なります。また、それぞれのテストにおける視点もそれぞれ異なってきます。中学1年生の段階では、アイコンタクトや声の大きさといった、簡単なことが評価の対象となりますが、中学3年生になると、質問をする、より長い文で答える、自らすすんで聞く等、たくさんのポイントが会話のスキルとして挙げられます。また、高校生になると、より高い得点をとるには、論理的に自分の意見を説明できるかどうかも問われます。
 上記に挙げたような違いはありますが、すべての学年、テストを通して共通していることは、ルーブリック評価を用いていることです。ルーブリックでは、「この評価を得るためには何が必要か。」ということが、細かく記されています。

20180606-1.jpg
↑中学1年生のShow & Tellのルーブリック

20180606-2.jpg
↑高校1年生のスピーチのルーブリック

お子さまが成績を受け取ったときに、なぜその成績なのかを理解し、どうすれば次回につながるかを考えるきっかけになれば幸いです。

Evaluating Speaking

In all the EIP lessons across all six grades of the junior and senior high school, we are starting or have started conducting speaking tests. The content of the tests varies depending upon the grades: junior high school first years will be giving show and tell speeches, second years will be explaining what they will take in their suitcase when they travel abroad and other tasks, and junior high school third years will be having conversations in pairs. In the high school, first years will play the discussion-based board game they have been playing in lessons, and the high school second years are currently giving presentations on 3-day trip plans for visitors to Kansai. Also, the focus of each test is a different. For example, in the first-year junior high school test, simple things like eye contact and volume are evaluated. In the third-year test, a lot of points are given for conversation skills, such as asking questions, giving longer answers and listening actively. In the first year of high school, the English students use to logically explain their choices is required to get the highest scores on the test.

Despite all the differences above, one thing that is consistent among all the tests is that they are evaluated using rubrics. In a rubric, what is necessary for a certain score in each category is described. For instance, in the high school first year test, to get the maximum score of three points, the students must “use a range of appropriate grammatical structures accurately.” If they use a range, but there are many mistakes, they can only get two points. If they only use simple structures, they can only get one point. If they cannot use simple structures accurately, then they cannot receive any points in the grammar category. Finally, some categories are more important than others, so we multiple each by a certain number. In the junior high school first grade, making eye contact is multiplied by 10, meaning the maximum score is thirty points (3x10). This is actually 50% of the total score! While this seems a lot, making eye contact while speaking English is a particularly weak point for some students speaking English, so we wanted to reward it. Also, by prioritizing it early, we hope to produce students whole confidently share their ideas with others in English when they are in the later grades.

We hope that when your children receive their test scores, they will understand through the rubrics why their results are fair, and what they need to do to improve next time.

(中高校教諭 スティーブン スワン)