メイン

2018年02月26日

1年生の挑戦!

20171110-0.jpg
 1年生が小学校に入学し、まもなく1年になります。子どもたちは、「春が来たら2年生!」と毎日張り切って学習に取り組んでいます。
 最近、初めてのShow & Tellを行いました。Show & Tellとは、文字通り、「見せて、伝える」活動ですが、英語圏の学校ではプレゼンテーションをする前準備として、また、人前で話すことに慣れる練習として、頻繁に行われている学習活動です。今回のテーマは、「お正月」です。「お正月、誰とどんなことをして過ごしたのか、絵に描いてくる。」というのが、冬休みの宿題でした。これに基づき、”She is my sister. He is my dad. It’s me.”などと、絵を見せながら、絵に出てくる家族を友だちに紹介しました。
 Show & Tellを行う前の時間に、それぞれのクラスの担当教師が、良くない見本を見せ、子どもたちに、どこが良くないのかを考えさせました。「声が小さいから聞こえない!」「詰まりすぎて聞き取りにくい。」「絵がみんなに見えない!」「ずっと下を向いているのはよくない!」1年生なりに、たくさん考えていました。その後、評価基準を見せ「1,大きな声で話す。2,スラスラ話す。3,絵をみんなに見せながら話す。」この3つを目標に取り組みました。

20180226-1.jpg20180226-2.jpg

20180226-3.jpg20180226-4.jpg

 どのクラスも、全員、一生懸命に頑張りました。恥ずかしそうにしているお友だちがいると、「頑張れ!」「Mistakes are OK!」などと、応援する子が出てきました。自分の発表が終わっても、全員が終わるまで、友だちの発表を一生懸命に聴き続けることが出来たのも大きな成長です。
 このように、1年生の時から、大勢の前で堂々と英語で話すという経験を積ませることで、2年生、3年生、、、と学年が上がっても、英語で話すことを当たり前にできる子どもたちに育てていきたいと考えています。
(小学校教諭 森下真伊)

2018年02月19日

中学1年生 家庭科被服製作×英語(研究授業)

20180219-0.jpg
 今年度、新たな試みとして中学1年生の家庭科の授業を英語で行いました。
本学園にてグローバルキッズスクール(GKS)が開校し、英会話の授業をサポートしておられるENGLISH ACCESSのアダム先生とテイラー先生と共に家庭科×英語のコラボレーションを試みました。授業はCLIL形式を取り入れました。home.jpgCLILはContent and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の略語で「クリル」と読みます。内容(社会や理科などの教科ないしは時事問題や異文化理解などのトピック)と言語(実質的には英語)の両方を学ぶ教育方法です。


 社会の急速なグローバル化の進展・産業構造の変化と共に求められる人材像が大きく変化している現在、単独の教科での学びだけではなく、様々な教科を融合させた学びが必要であると考えているからです。学校教育も社会と共に変化し続けなければならないと思います。

home2.jpg home3.jpg
今回の家庭科の授業で、吾妻袋を題材に英語と融合させた授業をしました。日本には、布の平面から和服という立体へと変化させる世界でも珍しい独自の文化があります。和服文化技術の基礎となる手ぬぐいを使って吾妻袋を作成します。実習による実体験がより深い理解をサポートします。

home5.jpg home6.jpg
吾妻袋を作成するにあたって、最初は日本語で基本の縫い方や用語を学んでから、英語の授業をスタートさせました。
まず最初の時間には、縫い方の基本用語を学びます。次に自分で吾妻袋を採点できるように基準を理解して、間違った縫い方などをペアで討論できるフレーズを覚えてもらいます。単語やフレーズをただ暗記するのではなく、ゲーム形式や音楽のリズムと共に何度もリピートさせました。
最後の研究授業では、あらかじめいくつかの箇所を間違えて作っておいた2種類の吾妻袋をペアでお互いどこの部分が間違っているのかを確認してもらいます。その後点数表に従って吾妻袋の評価点数をお互いに英語で討論して決定します。上手く見つけられなかったり裏表がわからなかったりして気づかなかった間違いをペア同士で覚えたフレーズを使ってお互い話し合いました。生徒の中には、思わず日本語で声を発してしまうようで、その言葉をアダム先生に英語のフレーズで教えてもらうことで生きた学びとなりました。

home4.jpg
 社会が変化する中で、指示された内容をいかに正しく再現できるかという能力から基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育成しなければならないと思います。そして様々なことに疑問や興味を抱き、自らの発問に対して学ぶ姿勢を身につける必要があります。
 今後、異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になってきます。今回の授業で母国の文化を深く理解し、国際共通語である英語で日本文化を伝えるきっかけになることを期待しています。
  (中高等学校 家庭科教諭 和田 由起子)

2018年02月13日

中学2年生の授業より

20180213-0.jpg
 この授業では、生徒がペアで道案内の練習をしました。街で道に迷った時の言い方をペアで練習することから始めました。そして、片方の生徒にはニューヨークかロンドンの地図が配られました。もう片方の生徒には、街の中で行きたい場所のリストが配られました。こうすることで、1人が尋ねる練習、もう1人が行き方を教える練習ができます。
20180213-1.jpg場所のリストと地図と、ペアの生徒が持っているものがそれぞれ違うので、このタスクを完成させるには、協力し、また注意深くやりとりを続けなければなりません。


20180213-2.jpg20180213-3.jpg
20180213-4.jpg20180213-5.jpg
  このような形式の授業は、活動のやり方自体は単純明確ですが、いくつか伝えておきたい点があります。まず1つ目は、これらの地図は日常的にネイティブ・スピーカーが使用しているものを使ったということです。外国で使われているものを教材として使うということは、生徒の自信を育てることに大いに役立ちます。なぜなら、ネイティブ・スピーカーが実際に使っているものと全く同じなのですから。2つ目は、全員が英語を使って参加できるよう、使うフォームの形やフレーズを特に制限しなかったことです。生徒の英語のレベルに応じて、さまざまな言い方、表現の仕方をしてよいことにしました。そして3つ目に、この授業は、英語が生徒にとってどのように役に立つのかを感じる実践的な例となりました。このことは、一見、生徒の日常生活とはかけ離れたところにありそうな英語への興味関心を引きつけることにもつながります。
  練習を通して、多くの生徒がタスクをこなすことを楽しんでいました。英語学習がある程度進んでいる生徒は、「地下鉄の駅から次の最寄り駅まで歩く。」など、より複雑でさまざまな行き方を表現しようとしていました。あまり英語を得意としていない生徒も、「電車を乗り換える。」、「○つ目の駅まで乗る。」等、一緒に練習したやり取りのフレーズを使って取り組んでいました。どちらの場合においても、自分たちの英語を、それぞれの地図を使って表現できる状況と上手く合わせることが求められます。
  同時に、この授業では、どのペアが最初に終わるのかも競い合いました。早く終わった生徒には、特別課題として追加のタスクが与えられました。街で道に迷った時の短い会話のやり取りをつくるというものでした。これは、どんな語彙や言い方を前の活動で使ったのかを思い出させ、より洗練された英語の会話ができるよう導くことにつながります。
  In this lesson, the students worked with one-another in pairs to practice giving directions. The lesson begins with a practice dialog to introduce the idea of being lost in the city. Then the students are given maps of either New York or London. Their partner is given a list of places they want to go in that city. The students can then practice asking for and giving directions. Because the list of places and map are held by different students, the students must cooperate and communicate carefully to be successful.
  This style of lesson, while simple, highlights a few important points. One, the maps are those used by every day English speakers. Using foreign materials can help to build confidence because the students are using the same materials as native speakers. Two, by allowing for a very free form of communication students of varying levels can participate using a variety of English. And three, it is a practical example of how English can be useful to the students. This promotes interest in English which can often seem too far removed from the students’ daily lives.
  In practice, many of the students enjoyed the task. Higher level students could attempt more complex and varied directions. Such as leaving the subway station to walk to a closer station. Lower level students could communicate using those phrases that were practiced in the dialog: changing trains, riding for x number of stops, etc. In both cases, students had to adapt their English to fit the unique situations that their different maps provided.
  This lesson also included a fast-finisher activity. Especially fast students were given an additional task. This was to create a short dialog about being lost in the city. This allows the students to think about what kind of language they used in the previous activity and apply that to a more formalized style of speaking.
(中高校ALT カイル・フランクリン)

2018年02月05日

中3の英会話授業より

20180205-0.jpg
誰かに助けを求めること、抱えている問題を上手く説明すること、問題に関わる質問をしたり答えたりすること、また、問題に対する解決を提案すること。これらは全て、私たちが生徒に身につけて欲しい能力です。

これらの能力は、学校でのコミュニケーションクラスでより発展的なディスカッションをするためだけでなく、生徒たちが将来、現実に問題と直面し、英語を使わなければならない時に非常に役に立つと考えています。

中3の英会話の授業は、週1回50分を担当者ごとに2分割し、25分×2回(2週で50分の内容)で実施しています。
授業はたいてい2週続きで行いますが、1回目の最初の25分で、教師がKeynoteを使って簡単なプレゼンテーションをします。それによって、問題解決のためアクティビティーでは何をするのか、また、タスクをこなすための効果的なやり方等を簡単に説明します。

このアクティビティーでは、生徒は2人1組になって取り組みます。どのペアも、さまざまな問題が書かれた10枚セットのカードを使います。例えば、「あなたの家が火事です。」、「あなたは飛行機に乗り遅れました。」、「あなたの犬が宿題を食べてしまいました。」などです。まず、どちらが先に始めるかを決め(先にする方をAとします。)、カードをひき、それを読んで、パートナー(Bとします。)に問題に関わって助けを求めます。BはAに対して、問題について5つの質問をします。これをすることで、Bが問題についてより深く理解し、よりよい解決の提案につながるので、非常に大切なプロセスです。5つの質問のやり取りが終わると、Bは解決法を提案し、Aは助けてくれたことに対してお礼を言います。そして、AとBで役割を交代し,今度はBがカードをひいて、助けを求めます。このやり取りが授業の終わりまで続きます。

20180205-1.jpg20180205-2.jpg

 2回目の授業では、生徒は解決したい問題を選び、教室内でそれを演じるために必要な会話のやりとりを書き出します。授業の終わりの10分で3~4ペアが問題解決の会話のやりとりを発表し、他の生徒や教師から建設的なフィードバックをもらいます。

2回の授業とも、生徒は提示された問題に対して、よりよい答えを見つけようと必死になって、主体的に取り組みます。我々教師は、生徒がより創造的な解決法を見つけられるよう手助けしますが、生徒が楽しんでチャレンジしているのがよく分かります。

20180205-3.jpg20180205-4.jpg

これから、生徒たちの高校進学後も、このように会話のやり取りと問題解決能力を統合した活動を授業に取り入れていきたいと考えています。

Learning how to ask someone for help, describe a problem, ask and answer questions related to the problem and propose solutions to the problem are all skills we want our students to have.

These skills will be crucial to the more advanced discussions they will be having in their high school communication classes and, more importantly, useful tools for them when they need to use English to deal with real-world problems in the future.

In the first 25-minute lesson in a two-lesson series, students were shown a brief Keynote presentation that explained the rules of the problem-solving activity they would be doing, and gave examples of effective ways to complete the tasks.

In this activity, students worked in pairs. Each pair had a set of 10 printed cards with various problems printed on them. Examples include “Your house is on fire,” “You missed your flight,” and “Your dog ate your homework.” They decided who would go first (Student A) and that player drew a card, read it and then proceeded to ask their partner (Student B) for help with their problem. Student B, in turn, asked Student A five questions about the problem. This is important, as it allowed Student B to get a better understanding of the problem and propose better solutions. After asking and receiving answers to the five questions, Student B proposed a solution and Student A thanked Student B for his/her help. On the next turn, they changed roles and Student B drew a card and asked for help. This continued until the class was finished.

On the second day of this lesson, students chose a problem they wanted to solve and wrote out a dialog they could perform for the class. In the last 10 minutes of the second class, 3 or 4 pairs performed their problem-solving dialog for their classmates and received constructive feedback from the students and teachers.

On both days of this lesson, students remained engaged and active in trying to find good answers to the problems they were presented. We encouraged students to come up with creative solutions and it was clear that they were really enjoying the challenge.

We intend to integrate question-asking and problem-solving skills in lessons students will have once they have entered high school.
(中高校ALT マット・キャスティ)