メイン

2018年02月23日

好きこそものの上手なれ

20180223-0.jpg
31年前、私が雲雀丘学園に着任したときに中1で入学してきた生徒たちと練習を始めたのが、今のテニス部の礎です。特別な指導方法は皆無でしたが、兎に角、生徒も私もテニスの面白さにはまり、ひたすらボールを打っていました。上手くなりたいから、私自身がテニススクールに通って練習方法を体験したり、強豪校に練習試合を申し込んでその学校の監督の言葉を盗み聞きしたりしました。
20180223-1.jpgすると、市内大会で優勝したり、地区のリーグ戦に勝ち出し、結果が出るから一層面白くなるという好循環で、朝練習や日曜練習が始まり、練習試合も申し込まれるようになりました。2000年に中学が初めて夏の全国大会に出場したことにより、全国大会出場が夢から目標にかわり、本年度までに15回出場しました。今では、雲雀丘学園は勉強もしっかり面倒を見てくれる、テニス部が活発だ、クラブの雰囲気も良いということが外部評価となり、文武両道を目指す児童・生徒が雲雀丘学園を受験してくれるようになってきています。年齢が50歳代半ばになった今も、試合を通じて、ハラハラやドキドキを経験し、喜んだり悔しがったりできる時間を生徒たちと共有できることは幸せなことだ、と思っています。
(中高校 生徒指導部長 野村勝)

2018年02月16日

嘉納治五郎師範の志を継いで

20180216-0.jpg
 嘉納治五郎という人物を知っていますか?!この先生は、日本のオリンピックの父とも言われ1940年東京オリンピック誘致(戦争のため返上)に尽力された方です。また日本の体育教育の立案者でもあります。帝国大学(現東京大学)を卒業後、学習院で教鞭(英語・算術・書写等)を執られ、当時の学問(知育)一辺倒の教育に疑問を投げかけられ心身を鍛える教育を提案、
20180216-1.jpgそれを「体育」と命名されました。そしてまずは、体育の授業で柔道が実践されました。師範の教育理念は徳育(挨拶・礼儀作法)にも精通し知育・徳育・体育とバランスのとれた人間形成を目指すものでありました。まさに、雲雀丘学園教育の根本である「健康な体力とたくましい実践力を持つ強い人間を創る」に相通ずる教えであります。私も嘉納師範の志、鳥井信治郎先生の孝道を継ぎ、指導に当たっております。本学園の体育・武道を通して生徒が成長し世界に羽ばたいてゆく人になることを期待します!
(中高校・体育科教諭 平太義教)

2018年02月09日

「あいさつ」は自分のため

20180209-0.jpg
 小学校では、生活指導の中で
かるく、つも、きに、づけて一礼あいさつ」
をスローガンに掲げ、取り組んできました。児童会役員のあいさつ運動、それに加え部活動の部長、副部長参加のあいさつ運動、交通部の活動など、たくさんの子ども達が朝の挨拶運動に取り組んでくれています。
20180209-1.jpg20180209-2.jpg
 今年度、私は毎朝エントランス前で子ども達にあいさつをしようという目標を立てました。子ども達の反応は様々です。遠くから大きな声であいさつする子、わざわざ立ち止まって深々と頭を下げあいさつする子、恥ずかしそうに通りすがりにつぶやくようにあいさつする子、まったく目を合わさずに通り過ぎる子。初めは、あいさつをしない子がいると、寂しく残念な気分にもなりました。しかし、やっているうちに、「あいさつは相手に言わせるためにやっているのではない」ということに気づきました。それに気づいてからは、同じ子どもでも毎日反応も表情も違うこと、先日まで目をそらしていた子が、少し表情を緩めたことなど、細かい子ども達の反応に気づくことができるようになり、その変化がうれしく感じられるようにもなりました。そして、あいさつに立つようになって、子ども達と授業で顔を合わせることが、以前よりもっと楽しみになってきました。
20180209-3.jpg20180209-4.jpg
子ども達は、授業で音楽室に入ってくるときに、「おはようございます」「こんにちは」と言って入ってきてくれます。私もそれに答えます。そういう授業は、ずっと穏やかな気持ちで進めることができます。歌を歌う時、私も子ども達の中に入って一緒に声を出して歌います。澄んだ歌声の中で一緒に歌えることで、幸せな気分になれます。私たちはどうしても「~しなさい」という教師の立場で指導してしまいがちですが、子ども達と同じ目線に立って物事を見ることにより、気づかされることもたくさんあります。
 あいさつは、自分と直接関係を持たないたくさんの人とつながることができる、そして、する方、される方、どちらも幸せな気分になる「魔法の言葉」だと思います。だれかにやらされるのではなく、自分から自然にあいさつができる子ども達を育てていける小学校でありたいと思います。
(小学校 生活指導主任 岡村圭一郎)

2018年02月02日

歌を歌うように

20180202-0.jpg「名簿を見ずに,子どもの名前を呼べるってすごいですよね。」
時々そのようなお褒めの言葉をいただきます。小学校の卒業式は古き良き伝統を引き継ぎ,講堂の壇上から客席に座る子どもたちの名前を一人ひとり読みあげていきます。担任としては緊張する瞬間です。

20180202-1.jpg 「緊張すると言葉が出なくなるのはあなたの悪い癖ね。」
学齢期の私は,母から何度となくこの言葉を言われました。また,
「でも,歌を歌うときは緊張しても言葉がすらすらでるから不思議よね。」
大きな声で歌を歌う子だったので,即席合唱団のメンバーに何度となく選ばれた私に,母はそのようにも言いました。

 卒業式,緊張すると名簿を見ていても言葉が発せられないのが,本当のところです。ただ,歌を歌うように,子どもの名前を呼ぶことができれば素敵だなと思うことも,また事実です。
 4月初めから1年かけて,子どもの名前を覚え,そこにリズムをつけ,練習をします。本番,子どもたちの顔を見ながら歌を歌えることに感謝をするとともに,喜びを感じ,68回生を送り出したいと思います。
(小学校教諭 藤川雅康)


学園長より一言・・・卒業式には卒業生の担任はクラスの児童の名前を壇上から呼名します。通常はどの先生も名簿を見て担任の36名の生徒の名を順に読み上げます。しかし藤川先生は名簿を見ません。そこにはお母さんから教えられた「歌を歌うように」という隠された秘密があったのですね。しかし私には、「大切に育ててきた子供の名前を晴れ舞台で空で言えないでどうする」という先生としての矜持があるように思えます。