雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年04月19日

人とつながる力、孤独に耐える力

20190419-0.jpg
もうすぐ元号が変わります。平成から令和へ、皆さんは時代の節目を生きていると言ってよいでしょう。今年の初め、クラスの生徒に一つのことを問いかけました。
「これからの時代を生きていくには、どのような力が必要だと思いますか?」
多かった答えは、行動力、コミュニケーション能力、やり遂げる力などです。私は皆さんに、次の2つの力を身につけてほしいと思います。
1.人と関わり、人とつながる力
2.孤独に耐える力
人とつながり孤独に耐えるなんて矛盾していると思うかもしれませんが、そんなことはありません。人は一人では生きてはいけませんが、それと同時に、一人で生きていかなければなりません。様々な他者と関わることで人は豊かになっていきます。そして豊かになるとともに「自分」という人間がどこまでも孤独であることを深く自覚すると、私は思います。
皆さんが、よりよい時代を作る担い手となることを願ってやみません。

(中学校・高等学校 高校3年学級担任 国語科 岩瀬 亮介)

2019年04月12日

「本気で今この時に」

20190412-0.jpg
 来春62期生が巣立ちの時を迎えます。一人ひとりが希望する進路を得るために、教員一同、62期生が本気になれる環境づくりに試行錯誤で取り組んでいます。
 本気になり極度に集中力が高まった状態になると、人は普段の10倍も能率が上がると言われています。「いまこの瞬間」に集中しているので、「入試に落ちたらどうしよう」などと不安に襲われることもなくなります。心が落ち着き、心地良い緊張感と充実感に包まれると、やるべきことが明確になり、地道に学習を進められるようになります。努力した事実は一人ひとりの心に記憶され、その後の人生で自信となり、困難を乗り越える勇気となって残り続けます。充実した時間を過ごし、その後の人生を豊かにしてくれる勇気が得られたなら、「幸せ」と言えるのではないでしょうか。
 一人ひとりに、大学受験までの過程を楽しみ、受験後も続く人生を豊かなものにしてほしいと願っています。そして、そのお手伝いができることを嬉しく思います。
(中学校・高等学校 高校3年学級担任 外国語科 西山 道恵)

2019年04月05日

自分の可能性にチャレンジ

20190405-0.jpg
 今年度の62期生の方針は『自分の可能性にチャレンジ』です。62期生288名一人ひとりが進路実現に向けてチャレンジしていくのはもちろんですが、われわれ教員もみなさんの力を最大限発揮させることができるよう、どのようなサポートができるかを考え、今まで以上にチャレンジしていきます。現在の力をもって「できる、できない」を判断することは非常にもったいないことです。常に自分自身の可能性を信じ、強い意志、勇気をもち、チャレンジできることの素晴らしさを共有していきましょう。
 しかし、この1年は、決して平坦な道のりではなく、不安や焦りで心が折れそうなときもあるでしょう。不安があることは当然。それに振り回されることが問題でどう振る舞うかが大切。何が必要かを考え、様々な可能性を探り、試行錯誤し、柔軟に新たな方法を見つけ、不安や焦りをエネルギーに変えることができる人になってほしい。62期生のみなさんなら必ずできると確信しています。
(中学校・高等学校 高校3年学年主任 数学科 高橋 正樹)