雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年08月30日

心に残る母親の言葉。「布団もできたで!あとは合格や!」

20190830-0.jpg
 私が学んだ大学は、4年間を寮で生活することになっていたので、各自布団の持ち込みが必要でした。母はせっかちで、高校3年生の夏、まだ受験を決めただけなのに「布団、用意せなあかん!」と言って、忙しい家事の合間に布団を縫ってくれました。そして、「さあ、布団もできたで!あとは合格だけや!絶対、合格してや!」とプレッシャーをかけて応援してくれたのでした。その母親の気持ちに応えることができ無事合格、大学の寮生活が始まると、『合格祈願布団』は新入生の中で一番のふかふかの布団でした。体育大学の寮生活は他の大学とは比べものにならない「日本一」と言っても過言でないくらい厳しい生活でした。しかし、苦しいことやつらいことなどがあっても、夜その布団にくるまり寝ると、自然と不安や疲れなどが癒やされたものでした。無事、卒業して教員になれたのも、この「布団」のおかげと感謝しています。
 また、こんなこともありました。私の息子が家を離れて大学生活をするときのことです。私たち夫婦はかなり心配していました。その様子を見て母が、「あんたの時も、お父ちゃん、お母ちゃんはどんだけ心配していたか!順送りやなぁー。やっと親の気持ちが分かってくれたか?」と一言。子を思う親の心があらためて分かったときでした。

 私は授業などで、『親孝行』について、子どものときは『元気に学校へ行ってくれて、元気に家に帰ってきてくれることが一番の親孝行』そして、大人になったら『親にしてもらったことを自分のこどもや周りの人に返すことが親孝行』と説いています。今は、思春期などで難しいかも知れませんが、大人になったら分かっていただけることでしょう。
 生徒の皆さん、元気な毎日を送って、自分の夢に向かって下さい。親が一番の応援者です。

(中学校・高等学校 保健体育科 剣道部顧問 大見 利之)

2019年08月23日

「謙虚」

20190823-0.jpg
「はい」という素直な心・「すみません」という反省の心・「おかげさま」という謙虚な心・「私がします」という奉仕の心・「ありがとう」という感謝の心という「五心」を私は大事にしています。この言葉を大人になった今でも大事にできているのは、高校生の時のクラブ活動のおかげです。この「五心」を部員全員で声を合わせてからクラブ活動がスタートしていました。
とくに私が顧問の先生から言われていたのは「謙虚な気持ちを持ちなさい」でした。恥ずかしながら、高校時代の私は負けず嫌いで勝負になると周りが見えなくなっていました。顧問の先生の言葉を素直に受け入れることができない時がありました。今思うと素直に聞けない時は自分に自信がなかったんだなと思います。相手の意見を素直に受け入れて素直な態度で人と接することができるようになってから技術力も精神的にも成長したように思います。この「五心」を大人になった今でも大事にし、そして子ども達にもこの言葉の大事さを伝えていけたらいいなと思います。

(中学校・高等学校 中3学年担任 保健体育科
 ソフトテニス部顧問 山名 優希)

2019年08月02日

「スポーツはなぜ尊いか?」

20190802-0.jpg
 まず初めに、私は中学男子硬式テニス部の顧問ですが,中学女子が6年連続17回目の全国大会出場を決めました。今年の全中は大阪開催,大正区のマリンパーク北村で19日に1・2回戦が行われます。お近くの方はぜひ応援にお越しいただければありがたいと思います。

 さて,みなさんはテレビゲームはしますか?私もかつてよくしていたのですが,性格からか「少しでも失敗すると,リセットしてもう一度ミスのないところからやり直す」ことが多かったように思います。みなさんはどうでしょう?
 テニスをはじめ,現実のスポーツにはリセットボタンもセーブポイントもありません。失敗したら失敗した状態から,負けたら負けを受け入れて次に進むしかありません。ゲームでも,マンガでも,勝つことの喜びは教えてくれますが,負けを乗り越えて前に進むことの大切さを教えてくれるからこそ,スポーツは尊いと思うのです。
 人生も同じです。苦しいことや,悲しいことがあったとき,リセットボタンを押してそこから逃げることはできません。だから、少しでもそれを乗り越える練習をするために,この夏も多くの若者がスポーツを通じて「負け」を経験するのだと思います。

(中学校・高等学校 高3学級担任 地歴・公民科
中学男子硬式テニス部顧問 川口 隆行)