メイン

2018年07月27日

「心田を耕す」

20180727-0.jpg
 大学で学んだ教育学の教授は、「心田を耕すことが教育の大切な営みであり、心田を荒らしてはならない。」と、おっしゃっていました。
 教員になって聞いた直木賞作家の水上勉さんの講演会で、再びこの言葉に出会いました。
 「私の生家は墓地の近くにあり、父親は葬具一式という看板を出し、死人が出るたびに墓地に穴を掘り、棺桶を葬る仕事をしていた。私が5歳になった頃、父親が私の両足をつかんで墓穴につり下げた。周りには椿の根っこが広がっていたが、目が慣れてくると、一つのしゃれこうべが目にとまった。そのとき父は、『いいか勉、明日ここに入んなさる人も、町長さんも県知事さんもみんな見えているようなしゃれこうべを一つ残して土に帰んなさるんや。人間は皆平等だ』と、言った。この言葉が私の心田を耕したのだ。私というこよりの根に作られたこの心田を通して、私の経験のすべてが吸い上げられ、上の方で一つひとつの実になった。それが私の作品なのだ。」
 あまり多くを読んだわけではありませんが、水上さんの作品『雁の寺』、『越前竹人形』等を貫くものの一つは人間の平等だといえるでしょう。5歳の頃に「心田」を耕されたことが、その人の一生の作品の個性に関わったといえるのかもしれません。
 「心田を耕す」の語源を調べてみると、お釈迦様が托鉢をして回っているときに、農耕者から、「私は田を耕し、種をまいて食を得ている。あなたも田を耕し、種をまいて食を得てはどうか。」と問われ、「私が耕しているのは、人々の心の荒れ地です。」と、答えたことに端を発しているようです。学園講堂横に銅像が建っている二宮尊徳も、「心田開発」や「心田を耕す」のことばをつかったそうです。
 田んぼの手入れを怠れば、田んぼはやがて雑草が生い茂る野生地に戻ってしまいます。しかし人間が手入れをすれば耕作地となり、私たちが生きていくための食料を育んでくれるのです。これを人の心に置き換えるならば、周りの人間が手入れを怠れば人間も野生に戻ってしまいます。心田を荒らせば、理性が失われ動物の本能だけになるからです。しかし、心は正しく手入れをされれば、人間らしい力が育まれていくのです。自然の恵みに感謝し、思いやりを持って共に助け合いながら生きるための力がついていくのです。「心田を耕す」ことは、人間を育てることそのものといえるのです。
 雲雀丘学園では、創立の精神「親孝行」で、子どもたちの心田を耕し続けます。

(小学校校長 石田 成光)

2018年07月20日

師匠の教え 「後姿のこと」

20171228-0.jpg
 後姿の美しい剣道をしなさい、と私の師匠はよくおっしゃいました。剣道は相手と正対して行う競技ですので、正面から見た姿については道着の着付け、姿勢、構えなど注意深く点検するものですが、本当の気構えや修行の深度が現れるのは後姿なのです。
20180720-1.jpg力まず、大きく、背骨がスッーと天に伸びるように構え、相手を威圧する、そんな正面から見た立派な姿は実は、それなりにつくろえるものなのです。実際に相手に対峙し、立ち合いが始まるとその真の強さが現れるのが後姿です。
 打突を急ぐあまり、前かがみになったり、打突時に力が入り背骨のラインが左右によれたり、また、攻め込まれ、苦し紛れに上半身をのけぞらせたり、左右に折り曲げたり、いつの間にか初めにスッーと伸びていた背筋が丸くなり、左右のバランスも崩れてしまいます。
こうした乱れは後姿を見ていれば一目瞭然です。
 いつ、どんな時でも相手に正対し背筋を伸ばし、圧力をかけ続け、打突時にも足腰がしっかり前に出て、美しい姿勢で打突する、あるいは攻め込まれた時でも、姿勢は揺らぐことなく、竹刀と正しい姿勢でその攻めを攻め返す、あるいは相手の打突を応じて返すなど、いつも背筋が伸びた美しい後姿で剣道ができるよう努力しないと師匠は説いていたわけです。
 後姿はつくろえません。本当に厳しい修行に裏打ちされた自信や真の強さなくしては何時も崩れない背筋が伸びた美しい後姿にはなりません。
 師匠はこうした言葉を通して、前から見ても後ろから見ても、筋の通った堂々とした人間になれ、そうなるべく努力せよと語ってくれたのではないかと思っています。
 教育の場でも同じことが言えるのではないかと思います。子供たちはまさに我々の後姿を見ています。後姿がいつも美しい、表裏なくいつも輝いている、そんな人物に人は集まってくるのではないでしょうか。そんな人に一歩でも近づけるよう、精進し続けたいと思います。

(小学校副校長 成地 勉)

2018年07月13日

萬緑

20180713-0.jpg

萬緑の中や 吾子(あこ)の歯 生え初むる  中村草田男

 私が高校時代に出会った句です。生後4,5ヶ月ほどの乳児でしょうか、緑あふれる大自然の中でわが子の歯が初めて生えた発見とその喜びがあふれています。そこには大自然と幼子の生命力とその力強さとともに、わが子が自然に祝福されているような感動があります。おそらく、当時の私はそんな風にこの句を捉えていたと思います。しかし、今から思えば、「吾子」が気になります。十七音の短詩型の俳句では、わが子は「子」と言えばすみます。あえて「吾子」としたところにも、この句の眼目があるようにみえます。「生まれてくれるだけで親孝行」という言葉もありますが、この句には、手放しに「吾が子」の誕生やその存在がどうしようもないほど嬉しい、そういう実感があふれています。多分、私も人の親となり、それを実感として受けとめ得たということなのでしょうが、始めてこの句を自分のものにできた、腑に落ちたという感覚になりました。
20180713-1.jpg

「草田男主宰の俳誌」

 話は少し変わるようですが、このような経験を積む中で、実際に、なってみなければわからないこと、やってみなければわからないことは確かにあると思うようになってきました。結果が見えているのであえてしようと思わない、する意味がわからないから挑戦しない、結果に自信がないからしないというように、いろいろな言い訳をして新しいことに挑戦しないことがあります。しかし、する前にその結果や意味がわかるはずはありません。する意味や意義は実際にする中でしか見えてこないというのが私の実感です。まあ、これは私が教える高校現代文の大きな主題でもある「生きる意義や意味は、実際に生きる中でしか見いだせない」ということとも関連しているのですが、本学園の「やってみなはれ」にもつながっているのではないでしょうか。また、「孝道」「親孝行」にしても同様で、なにも難しく考えることはなく、定義は「親に感謝し、敬う心」で十分であり、後は実際にそれをする中でその意味は実感されていくようなものだと思えます。
 冒頭の句に戻りますが、吾が子の歯が初めて生えたぐらいのことを手放しで喜ぶ経験を通して、吾が父もまたそうであったであろうことに思いが至る。そういうことも「孝道」の実践、「親孝行」の手始めだといえるのかもしれません。

 (中学校・高等学校 高校3年学年主任 守本 進)


2018年07月06日

「教育は祈る気持ちで」

20171215-0.jpg
 教員になって4年目、初めての高校3年の担任をしたときのことです。私は2組(外部からの高校入学組)、隣の1組は内部からの進学組で担任はM先生でした。70歳近いM先生は年齢も風貌も水戸黄門のような方でした。私は進学成績で1組に負けたくないと、M先生にライバル意識を持っていました。早稲田大学の合格発表では1組に完敗、M先生は「よく頑張ったのに残念でしたが、受験はこれから。国公立大まで諦めずに頑張りましょう」と。私はそれを素直に聴くことができませんでした。国公立大学の二次試験の日、我々は職員室でただ時間のたつのを待つばかりなのに、M先生は授業もないのに教室に行かれたのです。そして、誰もいない1組で重い生徒の机(机と椅子連結型)を運び、丁寧に清掃して一人一人の机上を雑巾がけしながら、小声でその生徒を激励していました。これが、このクラスの強みかと思っていると、M先生は私のクラスに入って、同じように掃除をし、机上を拭きながら「A君、頑張れよ、大森先生が言っていたことを思い出して、落ち着いて・・・」と。私は恥ずかしながら、隠れてずっと見ていました。
20180706-1.jpg20180706-2.jpg
写真は安積高校歴史博物館の机

M先生のその姿を見てからです、もう、M先生に勝ったとか負けたとかの気持ちはなくなり、M先生とともに頑張りたい。M先生に喜んでもらいたいと思うようになったのは・・・。それから37年、結果を追うことなく、二次試験の日は密かに掃除をし、生徒の健闘を祈って来ました。毎年のように、生徒達が奇跡を起こしてくれるのです。今も験を担いでいますが、私の教育の原点は、「教育は祈る気持ちで」と背中で語られた今は亡きM先生の姿なのです。
(中学校・高等学校 教頭 大森茂樹)