雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

«「前を向いて歩け」 | メイン | 「出会い」»

「前に進んでゆくために」

20190628-0.jpg
 自分に自信がなかった頃に聞いたある話を思い出して,今でも救われることがあります。
 それは,同じ「これができる」という事実でも,例えば「これしかできない」と言うか,「これならできる」と言うかでは大きく違う,という話。前者は否定的で,自分の限界を決めているようだけれど,後者の方が肯定的で,まだまだこれからという気力や可能性も感じられます。
 物事の見方や使う言葉が変われば,見える世界や心持ちが変わります。それによって「どうせ自分なんて」と自信や意欲を失うことにもなれば,逆に「まだやれる」と自分を励ますことにもなります。
 自分に自信が持てない時は,物事の見方や使う言葉を意識してみるのもよいと思います。あえてポジティブに捉えなおしてみる。「これならできる」を見つけてみる。難しい時はだれかに相談してもよいでしょう。支えられながらでも,まずは少しずつでも,前に進むことが大切だと思います。一緒に頑張りましょう。

(中学校・高等学校 高校3年学年担任 地歴・公民科  鳥原 悠人)
.
.. ...
....