雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

«往復書簡④「『前任校の皆様にもっと感謝の言葉をお伝えすべきだった』大森先生の返信」 | メイン | 「『生き残るには変わるしかない』大森先生へのお返事③」»

スマイル・シンデレラ

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
ゴルフの全英女子オープンで日本人として42年ぶりにメジャー大会を制した渋野日向子さんは海外メディアから「スマイル・シンデレラ」と評されました。偉業を引き出したのがこの笑顔。プレー中も終始、笑顔を絶やさず、表彰式ではその笑顔を爆発させ、世界中の人気者になりました。

私は笑顔こそ最大の武器であると思っています。試合中、苦境に立ってもこの笑顔で渋野さんは攻めの姿勢を貫くことができたと言います。また笑顔のおかげで「気負いがなく伸び伸び、自然体でプレーしていた」と女子ゴルフ界の重鎮、樋口久子さんはコメントされました

日常の生活の中でもまた笑顔は生きていく上でも極めて大切な要素です。道で、廊下で、会場で、どこで人と出会っても相手の目を見て「ニコッ」、これができる人とできない人は大きな違いが出てきます。「ニコッ」の人は周りから好かれ、信頼されます。「ニコッ」は考えてできるものではありません。反射的にできるようにならないといけないのです。雲雀丘学園の園児、児童、生徒は「あいさつ運動」の中で「目があえばニコッ」を全員ができるようになってほしいと思います。教職員もぜひ子供たちができるように指導してください。

さて夏休み前でしたが、サントリー人事部から嬉しい話を聞きました。来年大学卒業生のサントリーへの就職ですが、学園卒業生の内々定があったとのことでした。人事の担当者に聞くと採用の決め手は「周囲に対する感謝の気持ちが強く、好感の持てる笑顔も素敵で、採用に出会った人事部の若手からも非常に応援されていた」とのこと。

多分、この「雲雀っこ」も素敵な笑顔で周りを魅了し、応援されるまでの味方につけたに違いありません。

20190809-3.jpg20190809-4.jpg 

通学途上の百日紅(サルスベリ)

(2019.8.9)
.
.. ...
....